万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌0081 山辺の0065

2011年01月05日 | 万葉短歌

2011-0105-man0081
万葉短歌0081 山辺の0065

山辺の 御井を見がてり 神風の
伊勢娘子ども 相見つるかも  長田王

万葉短歌0081 Shu1223 2011-0105-man0081

□やまのへの みゐをみがてり かむかぜの
 いせをとめども あいみつるかも
○長田王(ながたの おほきみ)=「奈良朝風流侍従の一人。系統未詳。この歌の前年四月に従五位上より正五位下。近江守、衛門督(えもんのかみ)、摂津大夫を歴任して、天平九年(七三七)六月十八日、散位正四位下で没。この年の春から流行した疫瘡に見舞われたのであろう。」


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌0080 あをによし0064 | トップ | 万葉短歌0082 うらさぶる0066 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事