万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌3762 我妹子に3499

2020年10月29日 | 万葉短歌

2020-1029-man3762
万葉短歌3762 我妹子に3499

我妹子に 逢坂山を 越えて来て
泣きつつ居れど 逢ふよしもなし  中臣宅守

3499     万葉短歌3762 ShuH294 2020-1029-man3762

□わぎもこに あふさかやまを こえてきて
  なきつつをれど あふよしもなし
〇中臣宅守(なかとみの やかもり)=第3723番歌注参照。
【編者注】中臣宅守・・・六十三首(3723~3785)の第40首、贈答歌群48首(3731~3778)の第32首。男。
【訓注】我妹子(わぎもこ=和伎毛故)。逢坂山(あふさかやま=安布左可山)[10-2283相坂山、13-3236(長歌)相坂山、など5か所]。


この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万葉短歌3761 世間の3498 | トップ | 万葉短歌3763 旅と言へば3500 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事