万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌3137 遠くあれば2949

2019年04月09日 | 万葉短歌

2019-0409-man3137 万葉短歌3137 遠くあれば2949

遠くあれば 姿は見えず 常のごと
妹が笑まひは 面影にして  

2949     万葉短歌3137 ShuF724 2019-0409-man3137

とほくあれば すがたはみえず つねのごと
  いもがゑまひは おもかげにして
=出典未詳。
【編者注】羈旅発思(3127-3179、53首)の第11首。男。
【原文】12-3197  遠有者 光儀者不所見 如常 妹之咲者 面影為而  作者未詳


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌3136 旅にありて2948 | トップ | 万葉短歌3138 年も経ず2950 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事