万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌3794 はしきやし3530

2020年11月30日 | 万葉短歌

2020-1130-man3794
万葉短歌3794 はしきやし3530

はしきやし 翁が歌に おほほしき
九の子らや 感けて居らむ  ○

3530     万葉短歌3794 ShuH382 2020-1130-man3794

□はしきやし おきながうたに おほほしき
  ここののこらや かまけてをらむ
○=作者未詳、娘子(をとめ)一。
【編者注】第1部(3786-3815、三十首)の第9首。女。脚注に、「一」。3755と同様(以下同じ)。
【原文】16-3794  端寸八為 老夫之歌丹 大欲寸 九児等哉 蚊間毛而将居  作者未詳


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌3793 白髪し3529 | トップ | 万葉短歌3795 恥を忍び3531 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事