万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌3308 天地の3072

2019年08月12日 | 万葉短歌

2019-0812-man3308
万葉短歌3308 天地の3072

天地の 神をも我れは 祈りてき
恋といふものは かつてやまずけり  〇

3072     万葉短歌3308 ShuG182 2019-0812-man3308

あめつちの かみをもわれは いのりてき
  こひといふものは かつてやまずけり
〇=出典未詳。
【編者注】問答(3305-3322、18首)の第4首。男。3307番歌(長歌)への反歌。3309 は柿本人麻呂集歌(「3305~08 の参考歌」)、その左注に「右五首」。
【訓注】天地(あめつち)。我れ(われ=吾)。祈り(いのり=祷)。かつて(都)。


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌3306 いかにして3071 | トップ | 万葉短歌3311 こもりくの3073 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事