万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌3641 暁の3383

2020年07月03日 | 万葉短歌

2020-0703-man3641
万葉短歌3641 暁の3383

暁の 家恋しきに 浦みより
楫の音するは 海人娘子かも  〇

3383     万葉短歌3641 ShuH123 2020-0703-man3641

□あかときの いへごひしきに うらみより
  かぢのおとするは あまをとめかも
〇=出典未詳。
【編者注】遣新羅使人等の歌(3578~3722、一四五首)の第64首。「熊毛浦舶泊之夜作歌四首」の第2首、男。
【訓注】暁(あかとき=安可等伎)。家恋しきに(いへごひしきに=伊敝胡悲之伎尓)。海人娘子(あまをとめ=安麻乎等女)。


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌3640 都辺に3382 | トップ | 万葉短歌3642 沖辺より3384 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事