万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌3721 ぬばたまの3458

2020年09月18日 | 万葉短歌

2020-0918-man3721
万葉短歌3721 ぬばたまの3458

ぬばたまの 夜明かしも船は 漕ぎ行かな
御津の浜松 待ち恋ひぬらむ  〇

3458     万葉短歌3721 ShuH249 2020-0918-man3721

□ぬばたまの よあかしもふねは こぎゆかな
  みつのはままつ まちこひぬらむ
〇=作者未詳。
【編者注】遣新羅使人等の歌(3578~3722、一四五首)の第144首。「回来筑紫・・・歌五首」の第4首。男。
【訓注】ぬばたまの(奴婆多麻能)。船(ふね=布祢)。御津(みつ=美都)[「難波の大伴の御津」。3627(長歌)美津能波麻備(みつのはまび)].


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌3720 我妹子を3457 | トップ | 万葉短歌3722 大伴の3459 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事