万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌2435 近江の海2247

2017年04月07日 | 万葉短歌

2017-0407-man2435
万葉短歌2435 近江の海2247

近江の海 沖つ白波 知らずとも
妹がりといはば 七日越え来む  

2247     万葉短歌2435 ShuF110 2017-0407-man2435

あふみのうみ おきつしらなみ しらずとも
 いもがりといはば なぬかこえこむ
=柿本人麻呂歌集。
【編者注】「寄物陳思」(2415~2507、93首)の第21首。男。
【訓注】近江の海(あふみのうみ=淡海々)[滋賀県の琵琶湖]。沖つ白波(おきつしらなみ=奥白浪)。七日(なぬか)。


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌2434 荒磯越し2246 | トップ | 万葉短歌2443 隠りどの2255 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事