万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌3779 我がやどの3516

2020年11月16日 | 万葉短歌

2020-1116-man3779
万葉短歌3779 我がやどの3516

我がやどの 花橘は いたづらに

散りか過ぐらむ 見る人なしに  中臣宅守

3516     万葉短歌3779 ShuH323 2020-1116-man3779

□わがやどの はなたちばなは いたづらに

  ちりかすぐらむ みるひとなしに
〇中臣宅守(なかとみの やかもり)=第3723番歌注参照。
【編者注】中臣宅守・・・六十三首(3723~3785)の第57首、独詠歌群7首(3779~3785)の第1首。男。
【訓注】我がやど(わがやど=和我夜度)。花橘(はなたちばな=波奈多知婆奈)[03-0423(長歌)花橘、07-1404花橘、など33か所]。いたづらに(伊多都良尓)。散りか過ぐらむ(ちりかすぐらむ=知利可須具良牟)[[この形は、集中ここのみ。・・・散り果てるか果てないかの瞬間を想起したもの・・・]].


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌3778 白栲の3515 | トップ | 万葉短歌3780 恋ひ死なば3517 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事