万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌3834 梨棗3569

2021年01月09日 | 万葉短歌

2021-0109-man3834
万葉短歌3834 梨棗3569

梨棗 黍に粟つぎ 延ふ葛の
後も逢はむと 葵花咲く  ○

3569     万葉短歌3834 ShuH482 2021-0109-man3834

□なしなつめ きみにあはつぎ はふくずの
  のちもあはむと あふひはなさく
○=作者未詳。「前の長意吉麻呂・忌部首・境部王と並び得る対等の作者・・・。」
【編者注】第2部(3816-3854、三十九首)の第19首。男。題詞に、「作主未詳歌一首」。植物6種の物名歌で、懸詞の詳細は依拠本参照。
【訓注】梨棗(なしなつめ=成棗)。黍(きみ=寸三)。葵(あふひ)。


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌3833 虎に乗り3568 | トップ | 万葉短歌3835 勝間田の3570 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事