万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌3796 いなもをも3532

2020年12月02日 | 万葉短歌

2020-1202-man3796
万葉短歌3796 いなもをも3532

いなもをも 欲しきまにまに 許すべき
顔見ゆるかも 我れも寄りなむ  ○

3532     万葉短歌3796 ShuH382 2020-1202-man3796

□いなもをも ほしきまにまに ゆるすべき
  かほみゆるかも われもよりなむ
○=作者未詳、娘子(をとめ)三。
【編者注】第1部(3786-3815、三十首)の第11首。女。脚注に、「三」。
【訓注】いなもをも(否藻諾藻)[「結婚の申し込みに対する不承知か承知かの意思表示」。14-3351伊奈乎可母(いなをかも)]。我れ(われ=我)。


この記事についてブログを書く
« 万葉短歌3795 恥を忍び3531 | トップ | 万葉短歌3797 死にも生きも3533 »
最新の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事