万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌3772 帰りける3509

2020年11月09日 | 万葉短歌

2020-1109-man3772
万葉短歌3772 帰りける3509

帰りける 人来れりと 言ひしかば
ほとほと死にき 君かと思ひて  狭野弟上娘子

3509     万葉短歌3772 ShuH308 2020-1109-man3772

□かへりける ひときたれりと いひしかば
  ほとほとしにき きみかとおもひて
〇狭野弟上娘子は(さのの おとかみの をとめ)=第3723番歌参照。
【編者注】中臣宅守・・・六十三首(3723~3785)の第50首、贈答歌群48首(3731~3778)の第42首。女。
【原文】15-3772  可敝里家流 比等伎多礼里等 伊比之可婆 保等保登之尓吉 君香登於毛比弖  狭野弟上娘子
【編者注-ほとほと】03-0331殆之国(ほとほとしくに)、08-1565不令見殆(みせずほとほと)、など5か所。