万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌3746 人の植うる3483

2020年10月13日 | 万葉短歌

2020-1013-man3746
万葉短歌3746 人の植うる3483

人の植うる 田は植ゑまさず 今さらに
国別れして 我れはいかにせむ  狭野弟上娘子

3483     万葉短歌3746 ShuH285 2020-1013-man3746

□ひとのううる たはうゑまさず いまさらに
  くにわかれして あれはいかにせむ 
〇狭野弟上娘子(さのの おとかみの をとめ)=第3723番歌参照。
【編者注】中臣宅守・・・六十三首(3723~3785)の第24首、贈答歌群48首(3731~3778)の第16首。女。
【訓注】田(た)。今さらに(いまさらに=伊麻佐良尓)。国別れ(くにわかれ=久尓和可礼)。我れはいかにせむ(あれはいかにせむ=安礼波伊可尓勢武)。


この記事をはてなブックマークに追加