万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌3735 思はずも3472

2020年10月02日 | 万葉短歌

2020-1002-man3735
万葉短歌3735 思はずも3472

思はずも まことあり得むや さ寝る夜の
夢にも妹が 見えざらなくに  中臣宅守

3472     万葉短歌3735 ShuH273 2020-1002-man3735

□おもはずも まことありえむや さぬるよの
  いめにもいもが みえざらなくに
〇中臣宅守(なかとみの やかもり)=第3723番歌注参照。
【編者注】中臣宅守・・・六十三首(3723~3785)の第13首、贈答歌群48首(3731~3778)の第5首。男。
【訓注】さ寝る夜(さぬるよ=左奴流欲)。夢(いめ=伊米)。妹(いも=伊母)。


この記事をはてなブックマークに追加