ジスの絵日記

定年後に始めた水彩画と墨彩画、
完成したらここUPしています。
しかし、最近はなかなか更新出来てません。

作品展での出来事

2019年10月15日 10時53分57秒 | 水彩画

 

市美術展が終わったすぐ後に、教室の作品展がありそれも昨日終ってようやく落ち着きました
今回は市美術展も教室の作品展も共に、知らない人からたくさんお声がけいただき、自身にとってすごく嬉しい展覧会でした
なかでも教室の作品展では、見知らぬおばあさんからジスの絵を見て「ものすごい力を貰った、あんたさんの力をわしに分けて下され」と言われ握手を求められ、おばあさんと固い握手を交わしたことはジスにとって特筆すべき出来事でした
一緒にいた娘さんの話では、このおばあさんは独学で絵を描いていてその数50点以上になるとか、個展もやりたいようなことでした
どこがそんなに気に行ってもらったのかをお尋ねしたら、ローテンブルグの風景の中の手前の木々のもやもやした部分(ここはどう表現したらいいのか随分苦労した箇所です)からすごいパワーを感じたという
そしてもう一枚の大勢の人物のそれぞれの顔の表情が気に入ったという
人によってそれぞれ受け止め方が違うけれど、「あんたさんの力をわしに分けて下され」といわれたあのおばあさんの一言で救われたような気になりました
市美術展では入選はすれど賞には届かず、少し落ち込みかけた気持ちを引きずっていましたが、このおばあさんの言葉を糧にジス自身もう一度気持ちを切り替えて頑張ってみようと思います

おばあさん、「またどこかでお会いしましょう♪

 

コメント

市民展始まる

2019年09月28日 20時11分45秒 | Weblog

  

市の美術展が始まりました
今年も頑張って応募しましたが、残念ながら賞には届きませんでした
ま、それでも展jはされているので、多くの来場者にジスの絵を観てもらえます
それでいい、それでいい


でも、やっぱり賞を目指して来年も頑張ろう(^^♪

左 F30号 透明水彩  
右 P30号 越前和紙に墨

コメント

輝く湖水

2019年09月12日 11時06分52秒 | 水彩画

先日の台風15号、関東地方、特に千葉県に甚大な被害をもたらしました
今なお停電と断水でご苦労されている方々が多く心痛みます
一日も早く復旧されんことを祈っています
こんな時に内閣改造が行われました
一部に内閣改造より復旧支援が先だろうという意見も多々あったように聞いてます
こんな時だからこそ、新内閣は復旧に全力を挙げていただきたいものだと思います

さて、輝く湖水ですが
これは赤毛のアンがマシュウさんの馬車で、アボンリーに向かう途中で見かけたバーリーの池を「輝く湖水」と名付けた池
アンにはこの池が自分の将来が輝いたものになるという夢が、キラキラ輝く湖面に重なって見えたのでしょう
きっとそうだと思います
この絵はこんな風景だったかどうかは分かりませんが、小さい紙(25㎝×16㎝)に描いてみました

透明水彩

コメント

公演から2週間

2019年09月09日 12時40分53秒 | 水彩画

台風15号、首都圏直撃で被害が出ています
強風による被害が多いのが今回の特徴でしょうか
交通網も大混乱、大勢の通勤通学の人たちに大きな影響が出ました
首都圏がゆえの混乱

 赤毛のアンの公演が終ってから早2週間


あの時の感動と興奮がまだ冷めやらぬ今、アンの家を小さな(22cm×15cm)紙に描いてみました
イメージとちょっと違うような気がしますが・・・

 

 

コメント

失敗したかもしれません

2019年09月02日 10時21分54秒 | 水彩画

「赤毛のアン」公演が終って1週間
昨日から続きを描き始めたが、気持ちがイマイチ乗らないせいもあったかもしれないが
どうも失敗したみたい
これから先どう進めたらよいかわからなくなってしまった
市美展〆切3日前がちょうど絵の教室なので、そこで先生にアドバイスを貰おうと思う
故に、それまで休憩

F30号 ワトソン紙

コメント

随分長い間ご無沙汰してしまいました

2019年08月28日 19時54分24秒 | Weblog

前回の投稿から1か月半以上のご無沙汰でした

実は、今月25日公演の音楽劇「赤毛のアン」にアンサンブルで出演してました

   

 

今回のような音楽劇やオペラ、ミュージカルなど、お金を払って客席から観ることはあっても裏側から観ることは普通ならまずありません
そこで、これは絶好のチャンス!
いつでも何にでも興味津々,好奇心旺盛なジスは、やってみてダメで元々精神でアンサンブルに応募しました
10数回のワークショップを経て、7月下旬のオーディションに合格、8月になって10回の猛練習
そして8月25日、1800人の大勢のお客様に観ていただきました
メインキャストのプロの俳優さんに交じって、それはもう楽しいものでした
今まで経験してきたストレートな芝居や市民ミュージカルなどの創り方と今回とでは大きな違いに戸惑いながらも、非常に新鮮で猛練習も決して苦痛ではなく、むしろ楽しいものでした
平成31年(令和元年)は結婚50年の節目の年、良い思い出が出来ました
今週は体を休め、来月からまた絵を描いたり、朗読したり、ウクレレ弾いたり、気ままに過ごしたいと思います 

コメント

プラハの眺望 F30号 少し進んだ

2019年07月13日 15時32分06秒 | 水彩画

ざっくりと一度下塗りをしたものの
どうも何かしっくりこない
そこで、絵の下の部分に描いてあった道を消しました
そしてそこを緑色をベタっと塗ってみた
少し、マシな感じになりました
それから全体に色を置き始めましたが、遠景はもちろん中景も、建物がはっきりしません
まぁ、写真じゃないので、そこらへんは適当に塗っていきました
さぁ、手前の緑の部分、ここをどうするか
それが問題
ということで、今日はここまでにします

F30号 ワトソン紙

 

コメント

記念写真2

2019年07月11日 09時28分01秒 | 水彩画

 

ひと月前にUPした記念写真
背景はモノクロで仕上げてみました
しかし、イメージとは裏腹に・・・

F6アルシュ 透明水彩

コメント

プラハの眺望 F30号 ざくっと下塗り

2019年06月21日 13時38分39秒 | 水彩画



ざっくりと一度塗ってみた
これからどう色が変化していくか
難しい

体調がイマイチ、だるい
風邪かなぁ?

F30号 ワトソン紙

コメント

プラハの眺望 F30号 下書き完成

2019年06月17日 11時46分22秒 | 水彩画

やっと、下書きが終りました
今までバタバタしていたので全然捗らず、それでも何とか時間と気力があるときに少しずつ
そしてやっと出来上がりです
バタバタはこれからも続きますが、やはり時間と気力のある時、
たとえ1時間でも描けるときに色を置いていきたいと思います
まずはその下書きです

F30号 ワトソン紙

コメント

記念写真

2019年06月12日 20時52分35秒 | 水彩画

最近このブログもサボり気味で月一の更新になってしまいました
心入れ替えてもっと更新頻度を上げなければと思うのですが・・・
近頃は新しい絵を描きたいという気持ちはあっても、なかなか行動が伴いません
描く材料に窮してしまってます
何処かに旅に出て、絵の材料を探しに出かけたいと思いながらも、叶わず・・・( ノД`)
そこで、とにかく何でもいいから塗り絵でもやってみようと思って描き始めたのがコレ↓

何年か前、ベルギーに行ったとき、なぜこうなったかは忘れたけど
ゲントの街で市役所に婚姻届けを出したばかりのほやほやの新婚さん二人と遭遇
そででいきさつははっきりと覚えてませんが、
そのお二人と我々ツアー仲間みんなと一緒に撮った写真が残っていました
その写真を見ながら、F6の紙に描いてみたのがこの水彩画です
人物だけ着色して他はモノクロで仕上げるつもりです

このとき一緒だった人たちとはまったく交流はありませんが、
みなさん、元気にしてるかなぁ?

F6アルシュ 透明水彩

 

コメント

光風会展を観てきました

2019年05月12日 10時10分42秒 | 水彩画



今日まで名古屋で開催している第105回記念光風会展を観てきました
展示されていた作品はほとんどが油彩ですが、非常に興味をひかれた作品2点ありました
ああいう描き方を自分の水彩画や水墨画に応用できないものかと暫し魅入ってしまいました
今回は知人が3名とジスが存じあげている方お二人、身近なかた5名の作品が堂々と展示されていました
展覧会の帰り、久しぶりに画材屋さんに立ち寄り少しですが買い物しました
気持ち新たに新しい作品に取りかかりたいものだと思っていますが、いつになる事やら(笑)


先日、これ以上触っていてもどうにもならなくなった小さな絵2点、これで終わりということにしました

ローテンブルクの街並みを、ブルク公園から眺めた風景です
F6アルシュ中目 透明水彩



これは4月3日にupした「カレル橋のたもと」の描き直しです
F5キャンソン中目 透明水彩

前回の投稿から1ヶ月以上経ってしまいました
その間、平成が終わり、令和になりました
それだけ、絵も描いていないという証拠です(泣)


10連休がありました
365連休のジスには関係のない連休でしたが
大勢の人の大移動で、空に鉄道、高速道路は大混雑でしたね

コメント

カレル橋のたもと

2019年04月03日 20時30分54秒 | 水彩画

 

4月1日にちょっと色を置いた4号の絵をUPしたその1時間半後
新しい元号が発表されました
「令和」

ジスは最初、ん? 違和感を感じました
それというのも、ジスの頭は命令の令としての受け止めました
でも、辞書で「令」の意味を調べたり、また、本棚から2冊ある万葉集を開いてみたり・・・
メディアは大勢の国民は好意的に受け止めていると報じています
そして「令和」の持つ意味を解説等を合わせ読んでみて、結果、納得するというか受け入れました
来月1日に改元されるわけですが、世界が平和でよき時代になることを祈りたいものです

今日、4月1日の絵を一気に色を置いて終わりにしました
ここはカレル橋のたもとの旧市街側の塔の下
この塔は登ることができます
ジスはプラハに2回行ってますが全然知りませんでした
残念

F4ラングトン水彩紙 透明水彩

 

 

コメント

4月1日 エイプリルフール

2019年04月01日 09時55分04秒 | 水彩画

きょう4月1日は「エープリルフール」です。
「うそをついても許される日」と言われますが、本当にうそをついても許されるのでしょうか?
昔と違って今はインターネットという奴の時代
世界中がフェイクニュースであふれかえる時代
今日もいたるところで流れるであろう嘘のニュース
しかし、今日発表される新元号は嘘ではなく紛れもしない正真正銘の大ニュースです
まさに今この時間、首相官邸では有識者による「元号に関する懇談会」の真っ最中
午前11時半には官房長官から発表されることになっている新元号
どんなものになるのか、期待で心臓はドキドキ、ワクワク、そんな状態です


新しい絵を模索しています
それがこれ

F4の小さな紙に試行中、うまくいきそうならもう少し大きな紙に描いてみようと考えてます
いつものように、緑を描くのが苦手なジスは建物中心です

F4ラングトン水彩紙 透明水彩

コメント

プラハ市の眺望

2019年03月18日 13時14分59秒 | 水彩画

もうずいぶんと前から、これも途中でやりっぱなしになっているF30号の「プラハ市の眺望」、
今日少し筆を入れてだいたいのところまで進めてみた
後は細かいところを手直しなどしながら完成させたいと思う
今日は、朝は随分冷え込んだが、今は10℃以上、今日の最高気温は15℃くらいになるとか
春本番の日和である

今日は彼岸の入り、今週は火曜日木曜日あたりは雨が降るような予報だが、桜の蕾も膨らみつつあり、そろそろ桜の便りも聞こえてくる時節、
今年の桜は昨年より1週間くらい早いらしい
大相撲も後半になり、ますます面白くなりそう
春の高校野球も始まる
いろいろ目白押し
平成竿後の春はどんな春になるのだろう

F30 透明水彩

 

コメント