蒸気鉄道日記

5インチゲージ・ライブスチーム活動の日々を書き連ねます。

なんにもしない平日

2013年11月29日 | Weblog
 あんなにしっかりと休んでいた(つもり)だったのに、昨日から新たな風邪を導入してしまったらしく、不調です。本日は予定外の年休となり、このまま週末へ平行移動してしまいます。職場内で風邪が輪番のようにぐるぐる動いているのです。ほぼ全員がマスク姿で、まるで食品工場のようです。

 明日と明後日はクラブ旅行なのですが、わたしは所用があって今年は欠席です。というか、こんな体調では参加したら風邪をこじらせてしまいそうです。

 そういう次第で明日は土曜日ですが本ブログの更新はウヤとさせていただきます。日曜日にまたやってまいります。

 これから地獄の年末進行が始まりますので、たぶん風邪はそのまま治らずに年末年始休暇に行ってしまうでしょう。その間バンドの練習やら職場の忘年会(そんな時間が取れるのかはなはだ疑問ですが)があるので、いったいどんな状態で年末を迎えるのかいささか心配ではあります。工作も全然できませんからB20の整備は手付かずです。当然フォルテもそのままです。困ったものです。

 blogramのブログランキング ←まず花粉症に去ってもらいたいものです。。。

 

 
コメント

続・続なんにもしない週末

2013年11月24日 | Weblog
 この週末も土・日ともなんの予定もない幸せな二日間でした。二日丸々家にいるとなんだか大変な長期休暇でも取ったような気持ちになるのは恐ろしいものです。

 これからは年末の仕事納めまで土・日連休はありません(悲)。
 今年の年末年始はカレンダーの関係で一日長いようなので、「なんにもしない年末年始」に挑戦してみようかともくろんでいます。はたしてうまくいくでしょうか・・・。ただし、2月1日の冬ライブに向けて練習しなければなりませんので、たぶん正月にスタジオで練習することになるでしょう。まぁ、これは好きでやることですから問題ありません。

 この「なんにもしない」という概念の中には「工作」も含まれていますので、あんまり何もしないと機関車の整備が進みません。したがって徐々に規制緩和して、工作は行なうようにしていこうと思います。

 というわけで、この二日間でエネルギー(カロリーと言い換えることも可)を溜め込んだので、明日からまた消費者に戻っても一週間ぐらいはもつかな、、、とはかない希望を抱いています。

 blogramのブログランキング ←そういえば明後日は出張でした。。。

 
コメント

福島の津波被災地

2013年11月22日 | Weblog
 昨日仕事で福島県いわき市の津波被災地へ写真撮影に行ってきました。いわき市に行くのは20数年ぶりで、今回は北半分、北端の久ノ浜から南下して小名浜まで行きました。

 福島というとどうしても原発事故が大きく取り上げられて、わたしたちの印象も強いのですが、当然のことながら津波被害も尋常でないものがありました。沿岸には砂浜が多く、海水浴場としてにぎわっていたのですが、それらのほとんどが津波で流されていました。
 残された建物の基礎を見ると、どうやら住宅ではなく民宿や海の家といった感じのものが多く、そういった業種の人々の被害は甚大だったであろうと思われます。単に流されただけでなく、原発事故の影響でここへ海水浴に来る人自体がほとんどいなくなったでしょうから、生活再建の目途などはとうてい立たないでしょう。

 いわき市は面積が広大なので、市内中央部のニュータウンに大規模な仮設住宅があります。原発の風評が影響しているためか被災地域でも復興住宅などの事業が行なわれれている様子はあまりなく、わずかに堤防の新築工事が行なわれているのが見えるだけで、三陸方面と比べるとひっそりとしているのが印象的でした。

 当地の先輩方から話をうかがったところ、この地域の津波は岩手と茨城の南北二方向から来るのが常で、隣の双葉郡も元々は「双波」あるいは「二波」という書き方だったということです。今回は二方向の津波と原発事故のトリプルパンチということだったようです。

 写真はいわき市内の薄磯海水浴場の津波被災地域です。被災前は民宿か旅館だったらしく思われます。基礎だけ残してすべてなくなっていました。地域一帯、山際まで集落ごと根こそぎ流されていました。供えられたばかりのお花が悲しさを訴えています。中心部分の遠くに見えるのは塩屋岬灯台です。

 さて、いわき市といえばいわき駅、すなわちこの間までの平駅です。平駅といえば平機関区、平機関区といえばC62、「ゆうづる」と連想するのが中高年鉄の常識ですが、元平機関区があった場所はいわき運輸区の庁舎が目立つばかりで、ここがC62のネグラだったのか、という痕跡は見当たりませんでした。20数年前に訪れたときには機関区跡地は空き地として残っていたのですが、今回は駅周辺の再開発が終わっていてほとんど分かりませんでした。

 blogramのブログランキング ←再び何もしない週末です。

 
コメント

続・なんにもしない週末

2013年11月18日 | Weblog
 この土日は予定どおりなにもしない休日を過ごしました。
 とはいえ別段入院しているわけではありませんから、適当に本を読んだり、冬ライブ(バンドの方です)に向けてちょびっとだけ練習をしたりということはやりました。読みたくても時間がなくて読めなかった本があちこちに散乱していますので、本に事欠くことはありません。「定年になったらゆっくり読もう」と思っている本がいくつもあるのですが、定年前に読んでしまいそうなので、そちらのほうが現実的には困ることになりそうです。

 さて、不思議なもので、昼寝などをしていると「ああ、あれはこうすれば良いのだな」などという発想が起きてきたりするのです。職場の昼休みにウトウトしているときは絶対そんな発想はわきませんから、やはり休日というのは大切なのだとあらためて思いました(しみじみ)。

 12月の運転会は所用で欠席しますので、機関車整備も2ヵ月ほど間があり、急がなくて十分です。

 実は来週の土日も何の予定もない週末でうれしい限りです。

 blogramのブログランキング ←その前に出張があるんですけどね。。。。

 
コメント

なんにもしない週末

2013年11月16日 | Weblog
 この週末は8月以来久々に土日とも何も予定のない週末となりました。病院で「休まないで薬ばかり飲んでいても治らないんですよ」といわれていた原因が、この土日の過ごし方でしたので、やっとめぐってきた何もない土日を大切にすべく、「なんにもしないからな」と宣言して本当に何もしないで過ごそうと思います。とりあえず本日は読書と昼寝以外はなにもしないで終わりそうです。

 明日もこの調子で何もせず、体を休めるだけに専念して過ごそうと思います。したがって本ブログもただ「何もしない」ことの報告で終わることになります。あしからずご了承ください。

 blogramのブログランキング ←なにもしないでよい日というのはうれしいものですね~~~。

 
コメント

B20クンのプチ悲しい出来事

2013年11月11日 | Weblog
 昨日触れたB20クンのプチ悲しい出来事のお話です。「プチ」ですからそんなに大問題ということではありません。
 具体的になにかというと、写真の通り煙室扉のヒンジが片方突然折れてしまったのです。
 このヒンジは3代目で、昨年3月に新たに軟鋼板で作り直したものです。それまで2代は真鍮製でした。いずれも煙室に取り付けるネジ孔部分がウィークポイントで、そこから折れてしまったのです。

 その顛末も本ブログでご報告していますが、機関車は顔が命。その「顔」の部分ですからスケール重視で細身に仕上げてある関係上、そして構造上煙室に取り付けるネジに皿ネジを使わざるを得ないので、どうしても皿モミ部分が弱くなり、経年劣化で折れてしまうのです。
 そこでこの3代目を作るにあたっては、若干幅を広くし、材料も丈夫な軟鋼板にしたのでした。しかし結果はもろくも敗北!真鍮製より早く壊れてしまったのでした。わずか1年半ほどの寿命でした。
 どうも軟鋼板は熱や錆の出やすい部位では真鍮より弱いようです。

 結局また作り直すのですが、今度は板厚を若干厚くして、幅も広めで、かつできれば銅板で作ろうかと思います。粘る材料をこの幅に仕上げるのが大いに面倒くさいのですが、メンテナンスフリー化というか、面倒なことをなるべく避ける意味からもそうしたいと考えています。

 ところで、そんな状態でも昨日は2時間走ったわけですが、要は煙室扉と煙室とが密着していれば、極端な話、上下逆さについていても走るのに支障はないので、かんぬきでしっかり止めて走ったのでした。トラブルに遭遇しても機転で乗り切ることも大切です。この趣味を長くやっていると発想の転換と気持ちの切り換えが素早くなり、少々のことでは落ち込んだりしなくなります。

 blogramのブログランキング ←1mm厚の銅板どこかにあったはずなんですけどね。。。

 
コメント

市川蒸気鉄道クラブ11月定例運転会

2013年11月10日 | Weblog
 本日は市川蒸気鉄道クラブ11月の定例運転会でした。昭和記念公園で走れなかった蒸機たちも本日は元気よく走り回りました。
 天気がよろしくなくて、予報では午後から雨でしたが、結局雨と予想された時間は良く晴れて夕陽に映える蒸気列車となりました。

 わたしも御過労様ではありますが、予定どおり、というか先週からシトロちゃんに積みっぱなしのままのB20で出場しました。天気予報が悪かったせいか、集まった機関車はあまり多くありませんでしたが、電動車が1台だけであとはすべて蒸機という、文字どおりの陣容となりました。
 さて、B20は先週雨ざらしになったりしたせいか一部に錆が浮いていたりしましたが、まずまずの調子でした。電動ブロワーが動かないので「電池切れだ」とあわてて公園横のコンビニに買いに行ったら実はモーターの断線だった、とか火格子が運搬中にひっくり返っていたのに気づかずに火入れをしたため着火薪がぼうぼう燃えたままボトボトと灰箱へ落下するというお茶目なシーンもあり、若干出遅れましたが、とりあえず2時間は走りきりました。

 とはいってもあまり褒められた走りではありませんで、どうも煙管がいまいち掃除されていなかったようで通風が良くなく、ついつい太平洋炭に頼ってしまいがちでした。「別に悪くないじゃないか」と思われるかもしれませんが、B20のボイラーには太平洋炭はあまり合いません。有煙炭でしたらどちらかというとマンデリ炭の方が合うようです。これとウェールズ炭の混炭がタール分も少なく煙管が詰まらないのでベストな組み合わせです。ウェールズ炭だけで走れればなお良いのですが、見た目がなんとも迫力に欠けて情けないので、いくらか蒸機らしい演出のために有煙炭を使ったりしています。

 そのほかではシリンダードレン弁が片方開きっぱなしでしばらく蒸気とオイルを無駄にしていましたが、1時間ほどで正常に戻りました。やはりしばらく走らせないと調子が落ちますね。

 というわけで、なんとか走り切ったのではありますが、本日は専属カメラマンのT野氏が休んだため自分の写真がありません。代わりに大活躍したT海氏の赤いトラクタじゃなくて9600を本人に無断で使用しました。スミマセン。この9600は太平洋炭がベストマッチなのです。カマによっていろいろ特性やら石炭の相性が違います。蒸気機関車というのは面白いものですね。

 さて、B20クンにはプチ悲しい出来事があったのですが、それは改めましてご報告いたしましょう。

 blogramのブログランキング ←しばらくB20も整備休車になります。

 

 
コメント (2)

御過労様

2013年11月07日 | Weblog
 風邪がちっとも治らないので昨日とうとう病院に行ったら「過労ですね」とあっさり言われてしまいました。「ちゃんと休んでないでしょう?」「はい」「体を休めないで薬ばかり飲んでても治らないんですよ」「はい」。なにしろ休日は汽車で忙しかったですからね。

 というわけで、昨日は一日仕事を休んで休養しました。道楽の疲れを仕事を休んで癒すという、正しいサラリーマンの道から甚だしく脱線した方法をとったのでした。
 「馬鹿じゃなかろうか」とお思いも方も多いと思いますが、すでに十分「馬鹿」ですので、いまさら確認を求められてもお答えのしようがありません。あしからず。

 本日は仕事に出ていますが、たぶん一日ぼんやりと座っているだけでしょう。それでも仕事が進むのがベテランのすごいところです(誰も言ってくれないので自分で言うのです)。

 とかいいつつ、B20の補修案などを練っているので本当に反省しているのかどうか自分でも疑わしいところです。

 blogramのブログランキング ←今年の風邪は喉にきますね。。。

 
コメント (4)

昭和記念公園運転会(2日目)

2013年11月04日 | Weblog
 昭和記念公園での運転会2日目は、昨日から一転して雨の朝での始まりでした。
 この季節にこの地域で雨が降るということは、もう「冬」と言った方がふさわしい状況になります。そのためか人出の方も少なく、午前中はやっと3桁の乗客数になったぐらいのものでした。
 その代わり、ということで、一回の乗車で2週、3週運転を行なって、子どもたちは大喜びでした。午後もいっとき晴れ間が見えた程度で、終日雨交じりの寒い日でした。最終的には約900人の乗車で、まぁ、悪天候の割にはよく乗ってくれたなぁ、というところでした。

 午後になって、カメラを持った鉄らしい方が増え、熱心に撮影をされていました。しかしやはりお目当てだった蒸機が運転中止ということで大変がっかりされていました。「動くところが見たかったんですけどね」と言われて、「あ、そうか動かす分にはかまわないんだよな」「ああそういうことだね」ということで、急遽下の写真のような列車が走りました。

                                     

 はい、もうお分かりですね。ユーレイさんの大活躍です。「ユーレイ」とは本来動力車でない車両が自走することを指したギョーカイ用語です。昔はモーターの出力が小さな機関車を助けるために貨車などに動力を仕込んで「黒子の補機」をさせていたことがよくありました。
 5インチゲージではいまでも良く使われる手です。わがクラブにもありまして、さっそくそのユーレイさんに無火の蒸機たちを押してもらうことになったのです。これにはギャラリーも大喜びでした。煙もブラストもありませんが、やはりロッドを振り回して蒸機が走る姿というのは強烈なアピール力があるようです。匿名のクレーマー様にはさぞかしご不快でしょうが、殴られても殴られっぱなしにはしない、転んでもタダでは起きないのが雑草集団・市川蒸気鉄道クラブなのです。

 運転終了後の撤収作業中に、にわかに強い雨が降り出して、展示中の車両などがすっかり濡れてしまいました。それでも短時間で撤収を完了し、夕闇が濃くなるころには公園を後にしました。
 2日間、約3600人の皆さんに小鉄道の旅を楽しんでいただけました。来週日曜日は本拠地・行徳駅前公園での定例運転会です。今回走れなかった蒸気群がここぞとばかり走り回ることでしょう。よろしければ行徳にもお越しください。

 blogramのブログランキング ←最後は正義が勝つんですよね、「月光仮面」さん!

 
コメント (2)

昭和記念公園運転会(1日目)

2013年11月03日 | Weblog
 すったもんだで、結局「蒸機不可」という条件がついた昭和記念公園の運転会ですが、ともかくも1日目を無事に終えました。先週に比べるとぐっと紅葉が進んだ公園内は、いつもの行徳駅前公園とは趣の違うものがありました。

 市川蒸気鉄道クラブとしては初の多摩地域での公開運転会でしたので、メンバーがどのくらい集まるか、急遽かき集めたDL・ELが実際に何台集まるか等々いろいろ心配な状況下での開催でした。

 結果的には7台のDL・ELが集まりましたので、最大時4列車が走行し、なんとかこなせました。乗客数は2700人ほどで、予想よりは多くの方に乗っていただけました。立川市周辺でこのくらいの規模の5インチゲージの運転会が開かれるのは珍しいこともあって、訪れた方のほとんどは初体験という雰囲気でした。それだけに蒸機であったなら・・・という思いもありましたが、まぁ、それなりに楽しんでいただけたようで、アピールとしてはまずまず成功だったのじゃないかな、と思います。

 午後からは乗車待ちの列も下の写真のように長く伸びて、その列を見て気づいて並ぶ、という現象も見られました。

                                  

 さて、蒸機不可となったとはいえ、そこは「蒸気鉄道クラブ」ですからまったく蒸機の影もないような運転会は考えられない、というわけで、下の写真のように何台かの蒸機が展示のみの参加をして「本当はこっちなんだぞ」という広告の役目を果たしました。
 ライブスチームファンの方も何人か見えていて、「あれ、蒸機はやらないんですか?」という質問もたくさん受けました。事前に昭和記念公園のHPで「ミニSL乗車会」という告知を行なっていたせいもあって、ちょっとがっかりされていた様子のかたも見受けられ、残念なことでした。

                                    

 というわけで、なんとか無事に1日目が終了しました。明日も同じ時間で運転を行ないます。とにかくまずは無事故で最後まで走らせたいと思います。

 blogramのブログランキング ←やっぱり蒸機でやりたかったですね。。。

 

 
コメント (2)

昭和記念公園運転会が一部中止に

2013年11月02日 | Weblog
 明日と明後日に行なわれる予定であった昭和記念公園での運転会は、事情により標題のとおり、一部について行なわれないこととなりました。

 その「一部」とは「蒸気機関車の運転」です。つまり「ミニSL乗車会」ではなくなるわけです。運転されるのはEL・DLだけです。

 なぜこのような事態になったのかといいますと、国交省の現地事務所に匿名の脅迫的文書が届けられたためです。詳細な文言は伝えられていませんが、この10数年にわたり執拗に繰り返されているライブスチームに対する敵対的な行為と同一のもの、とのことです。

 以前にも、善意で近隣の人に庭園鉄道を公開している個人が弁護士を詐称する者から脅迫されたことがありました。また、このような脅迫的文書によって機関車の販売中止に追い込まれているメーカーさんもあることはライブスチーマーには広く知られているところです。

 大変残念ですが、今回の運転会はそのようなしだいで主役不在のものとなりますことをご承知ください。

 blogramのブログランキング ←今後への対応策は現在厚労省と協議中です。

 
コメント (2)