蒸気鉄道日記

5インチゲージ・ライブスチーム活動の日々を書き連ねます。

旋盤のモーター

2012年07月06日 | Weblog
 昨日申しましたような次第で、わが旋盤はモーターの焼損によって使用不能となっています。
 そのモーターについて、製造年が不明、と書きましたが、友人にしてその方の専門家T村氏から製造銘板の見方を教わり、1971年以降のモノであることが分かりました。そのT村氏から「文化大革命時代のモーターですから、寿命と諦めて交換した方が良いと思います」と、中国現代史をかじった者にとっては大変説得力のある助言を頂きました。また昨日のコッペルライダーさんのご助言など、理系の皆さまのご意見を素直に拝受してモーターを交換することにいたしました。

 といったようなわけで、あらためて単相100Vモーターを探してみたのですが、いまやもう時代は単相モーターの世界ではなかったのですね。そういえば家電製品のコマーシャルでも「インバーター」という単語をよく聴きますが、このインバーターなるもので単相交流から三相状態を作り出して三相モーターを回すのが現代の常識らしいですね。日ごろからデンキに疎い文弱もののわたくしには「ははぁ~~そうなんですか」と承るだけなのですが、いずれにしろそういう状況で、ネット上で見つかった単相100V・550W級のモーターは二種類しかなく、いずれにしろ選択肢はあまりないようです。これから中古市場も探してみますが、あまり時間はかけたくないので早急に何とかしたいと思います。

 さて、かねて予定のとおり本日は打ち上げ第三弾が行なわれましたので、帰宅後はなにもできませんでした。明日、もし元気があったらモーター探しの続きをすることといたしましょう。

 ブログランキングならblogram ←買ったあとがいろいろ大変そうです。。。

 

 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 旋盤の修理に着手 | トップ | モーター探し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事