パンダとそらまめ

ヴァイオリン弾きのパンダと環境系法律屋さんのそらまめによる不思議なコラボブログです。
(「初めに」をご一読ください)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

An Inconvenient Truth with アル・ゴア

2006-05-27 22:22:01 | 環境ネタ
1.パネルディスカッション
 木曜の夜、“An Inconvenient Truth with Al Gore”と題されたイベントに行ってきました(長文です)。前にちらと紹介したようにゴア元副大統領(京都議定書はGore's Babyと言われたぐらい)が温暖化問題について語るドキュメンタリー映画“An Inconvinient Truth”(「のっぴきならない真実」(追記:邦題は「不都合な真実」になったそうです))が水曜に公開されたばかりで、映画の上映&ゴアさんのプレゼンなのかと思っていたら、James Hansen(NASAの有名な科学者)らと一緒になったパネルディスカッションでした(よく調べておけばよかった^_^;) あっ、会場にはChelsea Clinton(クリントン夫妻の一人娘さん)もいました。
    

最初にこれは政治的問題ではなくて、モラルの問題だと何度も自分で断っていたのに、だんだん火がついて、
 「技術はあるけどPolitical Willが足りない、あるのはCategory 5 denial(否定)」*
 「crisisは中国語ではdangerous(危) + opportunity(機)だ、そう、opportunityなんだ」
 「短期的に経済に悪影響というのは違う」
 「石炭・石油の補助金は全廃すべき」
 「15年前に提案した歳入中立の炭素税は今も必要な政策だと思う、
  経済影響も抑えられるのだが今の政治状況では絶対に無理」
 「みんなの行動が必要、周りに広めて欲しい、皆ならできる」
 「エクソンはボイコットすべき」

などと吠えまくってました。 注*:Catetgory 5というのはハリケーンの規模を表す表現。Category 5は最大級で、違いを無視して言ってしまえば「超大型で猛烈な」ハリケーンということです。

 会場は最初からスタンディングオベーションでゴア自身が度々沸き起こる拍手の自制を求める異常な盛り上がりだったのですが(といっても私、これほどポリティカルな場はこっちに来て初めてだったので割り引いてください)、最後にやっぱり2008年の大統領戦の話になって
 「私は24年もその世界にいて、政治のことをよく分かっている、大統領選は2回、副大統領候補にも2回なった、大統領候補になるのはtoxic procedureで、今の政治状況はよく分かっている、だから候補にはならない。けど、温暖化問題でみんなの行動を変えるために自分にできることをやるよ(I'll do my best)」
って話で締めくくり。

 大統領選の話をしている時のゴアは、自分のカルテを手にとってどうにもならない病状が分かってしまう医者(財前教授!)のように見えましたが、確かに大統領選のことはもはや気にせずに言いたいことを言っているようにも見えました(政治の世界への未練は隠しがたい気がしましたけど・・・)。 あと思ったのが彼ももしかして歳をとったのかなぁということで、というのも2時間の間に2,3回だけではあったのですが一瞬言いよどむことがあって、15年程前?高校生の頃にテレビで見ていた頃のほとんどヒーロー然とした姿ほど強烈なインパクトは残りませんでした。←自分が成長しただけなのかな?昔スゴイと思っていたものに久々に触れるとそう思えなくなる感覚。それでもやっぱりさすがのスゴイ迫力だったし、NYのリーガルコミュニティとは全く違った雰囲気も味わえたし、満足

2.映画
 とパネル・ディスカッションは面白かったんだけど映画は見れなかったので、昨日観て来ました、“An Inconvinient Truth”(ネタばれ注意)。
   
実は心のどこかで(いや、かなり)、The Day After Tomorrowに迫るトンデモ映画なのではないかという危惧があったのですが、間違っていました ごめんなさい いや、こんなに出来がいいとは。。。

 一部センセーショナルなtheoryへの言及もありましたよ(予告編で海面が6mも上がっていく話はこの一貫)。昔から可能性を指摘されている南極・グリーンランドの氷床の急激な滑り落ちで、ノアの箱舟的規模の悪夢になり、特にグリーンランドの場合は淡水の大量供給で塩分濃度が変わって海流の流れが止まってヨーロッパがIce Ageになるってやつです(The Day After Tomorrowの元theory)。私の理解ではこれらはpossibleだけど、科学者皆が合意するHighly Probableなものではないハズで、実際に影響が出るまでのタイムラグもあるハズ。

 にも関わらず、全体としてアジテーションに走らず抑制されたトーンで「温暖化ってなぁ~に?」というレベルから一つ一つ丁寧に説明していく姿は感動的です。一応ユーモアも交じっているし、実際の写真のインパクトと相まって、何も知らなくても、例えば子供でも十分楽しめる気がする(これほどいい教材があるだろうか)。温暖化の影響をどう控え目に見積もっても何かしなきゃいけない気になるでしょう。もう一つ、彼のヒューマンな面を照らし出しているのも面白いというか、6歳の息子が事故で死にかかったとか、どうして彼が温暖化問題をライフワークにしてきたか、武士道的(あるいは騎士道的)にも見える使命感を持つに至ったか、如何にもがきながら頑張って(struggleして)きたかがよく分かります。

 反対側から見れば、現政権(というよりOil Industry、特にエクソン*)への数々の強烈な皮肉も散りばめられていることも合わせて、こういう「人間アル・ゴア」的な描き方は今後の政治的意図の表れにも見えるでしょうね、いくらハッキリと政治的意図を否定しようとも。反対派のテレビCM温暖化いろいろさん経由。飛行機に乗りすぎという個人攻撃ビデオクリップも)。それは感じ方次第なのですが、私には、むしろ温暖化問題の避け難さと、アメリカの誇り・果たすべき役割の強調の方がハッキリとしたメッセージとして印象に残るのではないかと思えます。実はこの「アメリカの誇り・役割」的な点ではブッシュに勝るとも劣らないぐらいで(よく言えば使命感、別の言い方だと宗教的)、ややついていけない部分もあるのですが、それでも温暖化警告のメッセージの価値が消えるものではないと思います。
*結構有名な話ですが、エクソンのロビイストが政府内でレポートを書き換えていた話とかーホワイトハウス専門家がエクソン入り

 カタリーナの悲劇(文字通りの悲劇)とガソリン価格高騰が相まって風向きが変わっているんだなぁ(アメリカが環境後進国というステレオタイプは多分に誤りで、うかうかしていると日本は足元を掬われる)と感じていますが、その流れがさらに一層広がっていくんじゃないかという気が(期待も込めて)しました

長くなった(スミマセン)ついでに。数々のウソ記事で見るたびに笑いを堪えきれない虚構新聞のアメリカ版的存在のThe Onionで、こんな記事が。“Oil Executives March on D.C.”~石油産業重役陣がワシントンD.C.をデモ行進、せめて私たちの声を聞いてもらうだけでも~・・・癒しにどうぞ。

コメント (4)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« 2回目 | トップ | Pepe Rosso to go »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ツボです (くうobnw)
2006-05-29 22:10:30
虚構新聞&The Onion!今更ながら初めて知りました。毎日がエイプリルフールみたいな記事で笑いが止まりません。可笑しいー。



その映画、観てみたいです。日本でもぜひ観られる機会があるといいのですが。
そうそう (そらまめ)
2006-05-30 13:09:38
私も初めて見つけたときは画面の前でゲラゲラ笑ってしまって大変でした。



ちょうど週末X-men3が公開されていたのですが(週末だけで120万ドル超えてます)、なんだかそっちと客層が違ったのがちょいと残念(いろんな人に観てほしい気がするから)。でも批評家の評判、かなりいい線いっているみたいです。

http://movies.yahoo.com/movie/1809257809/critic

遅ればせながら映画見ました (ハル)
2006-09-24 12:15:35
遅ればせながら映画を見ました。

地球温暖化について問題は昔から知っていましたし、海面上昇に備えてNYにある家は高台に?見つけるなどしていましたが、基本的に自分には何も出来ない大きすぎる問題と考えていたのですが、今回アル・ゴアの活動とそのメッセージを知ることで、自分にも何かやれる事がありそうな気がしています。以前から米国でJカーターさんと一緒に家づくりのボランティア活動など参加していますが、アル・ゴアの発信するメッセージは、まさしく地球レベルで貢献できることだと思っています。

ちょっとリサーチして、自分と、日本の出来ること企画して見たいと思っています。
RE; (そらまめ)
2006-09-26 01:03:44
温暖化って話自体が雲をつかむような感じで実体験もしにくく、特に何をやっていいのかよく分からないようにも思うのですが、ゴアの映画は実写真を駆使して実感をもたせるように、また何かやれそう/ちょっと見直してみようかという気になるよう工夫されている点が特に素晴らしいなぁと。

実際ちょっと見直してみると個々人のミクロなレベルでももっと大きなレベルでも無駄にエネルギー代を使っていることが多くて(アメリカは勿論日本でも)、いろんな活動があり得るのではと思っています。



※家作りってJCWPですかね?尊敬しちゃいます。

コメントを投稿

環境ネタ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

9 トラックバック

アル・ゴアのフライング?キャンペーン (温暖化いろいろ)
「アル・ゴアはサンダンス映画祭デビュー」 もご覧下さい。 Global Warming Movie Stirs Talk Of Gore's Presidential Ambitions http://www.thehawaiichannel.com/politics/9231191/detail.html Is Al Gore Running for President Again? http://www.guard ...
エクセター会議報告本「危険な気候変動を避ける」 (温暖化いろいろ)
「雪だるまは転がり始めているか?-ティッピングポイント問題」の中でも紹介しましたが、 ブレア首相が前文を書いて話題になった、「Avoiding Dangerous Climate Change」本の本体がホームページに掲載されています。 http://www.defra.gov.uk/environment/clima ...
An Inconvenient Truth (THE PATH)
昨日の昼過ぎ、学科のメーリングリストで、場所・時間限定の映画タダ券が大量にあるから興味ある人はぜひ、とのメールが回ってきた。車で20~30分の White Marsh というモールにある映画館で19時半開演の An Inconvenient Truth(都合の悪い真実)という、クリント ...
不都合な真実 (古谷千秋の食い倒れ日記)
前から予告編で気になっていた『不都合な真実』を観に行った。日曜日にはTOHOシネマズ5館でエコサンデーキャンペーンを実施。500円で上映している。
★「不都合な真実」 (ひらりん的映画ブログ)
近くでは「TOHOシネマズ川崎」でしかやってなかったので、 やっとタイミングが合って、見ることが出来ました。 アメリカ元副大統領アル・ゴアの環境問題講演会のドキュメンタリー。
[Movie] an inconvenient truth 人に知られたくない、不都合な真実についての映画 (タイで想う日々の日記)
世の中には人に知ってもらいたくないことがある ブッシュに(不当に)敗れた元大統領候補アル・ゴアが語る Global Warmingについての異色映画、 現在タイ国内で上映中(タイではヒットしないと即刻打ち切りです!)。 仮にプロパガンダと言われても今、全ての人が観るべ...
「不都合な真実」を観てきました (パラナガの日記)
今、地球のあちこちで起きている現実が非常に分かりやすくて、「だから私たちはなにをすべきで、なにができるの?」といったことも明確で、この映画はおすすめです。とにかくこの分かりやすさや明確さがこの映画の最大の売りと思います。アル・ゴア元米国副大統領は彼の大...
映画「不都合な真実」を観て (Kirkの独白)
 先週末、京王線府中駅のすぐ南側にあるモール「くるる」の5階にあるシネマコンプレ
炭素税 (まいのblog)
炭素税炭素税(たんそぜい)とは、石炭・石油・天然ガスなどの化石燃料に、炭素の含有量に応じて税金をかけて、化石燃料やそれを利用した製品の製造・使用の価格を引き上げることで需要を抑制し、結果としてCO2排出量を抑えるという経済的な政策手段で...