ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

<054> Wordの「描画キャンパス」を非表示にする

2007年02月23日 | ◆Office

 

Wordの図形描画から「オートシェイプ」や「テキストボックス」を使おうすると、自動的に <描画キャンパス> が表示されます。<描画キャンバス> を使うと複数の図を一枚の図としてグループ化し、移動やコピー、拡大、縮小などと利用することができます。 しかし、一般的にはあまりそのようなケースは少なく、多くは一枚ずつの図やテキストボックスを処理するケースが多いでしょう。 「Delete」キー又は「Backspace」キーを押すと、描画キャンパスはすぐに消去することができますが、毎回表示されるのも目障りなものです。 そんな時には最初から <描画キャンパス> が表示されないように設定しておきます。 ● <描画キャンバス> を非表示にする。

Wordのメニューバー「ツール」→「オプション」→「全般」タブ→『オートシェイプの挿入時、自動的に新しい描画キャンパスを作成する』のチェックを外し→「OK」

 

ジャンル:
便利な使い方
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <053> メールの相手の名前... | トップ | <055> HTMLメールは危険が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

◆Office」カテゴリの最新記事