漫画家アシスタント物語

漫画家アシスタントの馬鹿人生40年と、リタイア後のタイ移住生活。

漫画家アシスタント 第8章 その1

2010年06月06日 23時01分32秒 | 漫画家アシスタント
( この写真は、私が開いたタイマッサージのお店入口です。 普通のマンションを店舗にしました。
 内部は、なるべく明るくし、逆にマッサージを施術する個室は濃青色で統一して、落ち着いた雰囲
 気を演出しました。《 2004年、撮影 》 )
  
  
【 はじめての方は、どうぞ 「漫画家アシスタント 第1章 その1(縮小版)」 よりご覧ください。 】  
 
 
 
 
                   その1
   
     《 漫画家アシスタント、タイマッサージ屋のオヤジになる 》
 
 
 
読者の方々の中には・・・
 
 「 なぜ、タイ式マッサージ店( ※参照 )なんか開くんだ? さっさと
  漫画を描けばいいじゃないか! 」
 
・・・と、怪訝に思われる方もあるかもしれません・・・・・
 
それは、「 第7章 」にも書きました様に・・・250ページを3年かけて描いても
20万円ほどにしかならなかった事に懲りてしまっていたからなのです。
 
漫画を描く事自体が「 苦痛 」を伴うものだという事を、漫画を描かない方々
に理解してもらうのは難しいのですが・・・・・
 
 
漫画で成功するパターンは・・・その「 苦痛 」の果てに、本に掲載されたり、
評価されたり、報酬を貰ったり・・・そして何より「 達成感 」に浸る喜びがあ
るものです・・・・。
 
こうした好循環に恵まれる漫画家志望者( 新人漫画家 )よりも・・・・・
 
創作の「 苦痛 」の果てに、本には載らず、不評にさらされ、報酬も得ない・・・
これを繰り返すと、創作する事に「 苦痛 」だけが心に刻みつけられてしまう・・
・・・
 
そんな漫画家志望者の方が圧倒的に多いのではないかと思います・・・・・
 
 『 漫画描く事に苦痛を感じる様になったら終わりじゃないか・・・ 』
 
若い頃には他人事だと思っていたそんな事が・・・年を取ってから己自身に降
りかかって来たわけでした・・・・。
 
 
以前から、私のカミさん( ※参照 )がお店をやりたいと言っていましたので、今
回の減俸とリストラの危機を一つの契機として、タイ式マッサージ店を開く事に
決め、その金策のために80歳の実母の老後の資金をあてにするという反則技
にでました。
 
私は、営業の予想収支計算書などを見せながら400万円( かなりの大金です )
ほどの開業資金を借りたいと話しました・・・
 
 「 こんな計算書通りにはいかないと思うけどねェ・・・・ 」
 
こんな不況の時代に、バカ息子が何を考えているんだか・・・・と、うんざりした
ような声でそう言うのですが・・・・
 
 「 貸すのはイイけど・・・利息は年利で5%もらうよ 」
 
結局、利息を含めて毎月10数万円の返済計画を約束。 最大の問題を越えた
後は、実行あるのみ。
 
私は、毎日の様に、さいたま市から池袋の空きマンションの物件を見て回る事
になりました。
 
数件目で見たマンションは、東京芸術劇場通りの並木道沿いにある白くて大き
なマンションでした。
 
繁華街にも近く、美しい並木道にも面している事が理想的でした。しかし・・・・
 
不動産屋さんに案内されてエントランスに入ろうとした時・・・
 
正面のエレベーターから、風を切る様に大柄な男たちがやって来ます。先頭の
男は真っ白なスーツにノーネクタイで角刈り頭。
 
 「 こ・・・こわ・・・・! 」
 
明らかにその筋の・・・見上げる様な勇ましい姿とすれ違った後・・・不動産屋さん
とは一言も口を聞く事も無く・・・空き部屋の説明にも上の空・・・・・
 
池袋と言えばさすがに繁華街・・・・・
 
経営が成り立つかどうかよりも、重大な問題がありそうな・・・・・
 
 『 マンションを探すよりも、まず・・・暴力団対策が必要なのか・・・・! 』
 
 
 
             「 漫画家アシスタント 第8章 その2 」 へつづく・・・
 
 
 
 【 ※参照 】
 ・タイ式マッサージ店・・・2000年頃からのエスニックブームで、新宿、新
  橋、池袋などを中心にポツリポツリと開店し始めた施術院。(風俗店で
  はありませんが、盛り場辺りには、怪しげなお店も・・・)
 ・カミさん・・・1995年、タイのチェンマイ出身。1995年に結婚して来日、
  とても明るいが・・・いったん怒ると鬼より怖い。酒を飲んだら乱暴者。
 
 
 
   * 参考 *   
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
.............. 私(yes)のアシスタント履歴
 
1974年昭和49年 さがみゆき先生 主に(少女系)怪奇漫画。単行本1冊分、
        4,5ヶ月のお手伝いでした。 (19歳)
     
1976年昭和51年 かわぐちかいじ先生 この当時、氏は今ほど有名ではなか
        ったのですが・・・・。背景技術をみっちり仕込まれました。(20歳)
 
1977年昭和52年 村野守美先生 漫画界一の豪傑と言われ、エピソードには
        事欠きません。たった1週間しか、勤まりませんでした。(21歳)
 
1978年昭和53年 ジョージ秋山先生 当時「浮浪雲」(ビックコミックオリ
        ジナルに連載)が、すごい人気で、渡哲也、桃井かおりの
        主演でTVドラマ化されていました。(23歳) 
        ‘10年平成22年、現在なお、秋山プロにぶら下り中。 (55歳)
 
                   
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~           
     ( より詳しい履歴は 「漫画家アシスタント 第1章 その1」 にあります。 )
 
       
    


【 各章案内 】  「第1章 その1」  「第2章 その1」  「第3章 その1」
          「第4章 その1」  「第5章 その1」  「第6章 その1」
          「第7章 その1」
          ( 但し、第1~3章は『縮小版』になります )
   
  

コメント (12)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 漫画家アシスタント 第7章... | トップ | 漫画家アシスタント 第8章... »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なーな)
2010-06-07 01:10:02
施術マッサージには、日本の免許などがいるのでしょうか。
マンガに噛み付かれる (ハヤブサ)
2010-06-07 09:17:28
 
創作する事に「 苦痛 」だけが心に刻みつけられてしまう・・
・・・<そのような状態をマンガに噛み付かれるというんですよね。
噛み付かれないようにするためにはいくつかの大事なことがかんがえられますが、そこが才能で食べて行くことの難しさでもあるんでしょうな。描く事に苦痛を感じるのは、みんなそうだと思いますが、それでも描いてゆかなくちゃね。1年に1本でもいいから。
 
こんにちは。 (さかい)
2010-06-07 15:11:36
今のタイの社会と経済は、50年前の日本に似ていますね。この前のバンコクのデモは、50年前の安保反対デモを思いだします。
これからタイは、日本と同じ道をたどることでしょう。
なーなさん、ハヤブサさん、さかいさん、コメントありがとうございました! (yes)
2010-06-08 00:08:51
 
 >なーなさん、へ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 >施術マッサージには、日本の免許などがいるのでしょうか。
 
通常のマッサージには、マッサージ資格が必要ですし、鍼灸師に
も資格が必要です。しかし、タイマッサージはその範疇に入りま
せんので、国家資格が必要ありません。
 
つまり、タイマッサージは「民間療法」の一種で、不衛生や危険
性などの人的被害を出さなければ、特別な許可を必要としません。
 
 
 >ハヤブサさん、へ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 >マンガに噛み付かれる・・・
 
なるほど・・・! それは、面白い表現ですね!
 
 >それでも描いてゆかなくちゃね。1年に1本でもいいから。
 
それ・・・ホントに・・・そうですね。 少し、耳が痛いですが・・・。
 
しかし・・・・・この「1年に1本」という言葉が・・・これまた・・・問題
でして・・・・・・
 
「今日から漫画を描く」という気持ちでやっと1本描けるのに・・・
「1年で1本」だと「とりあえず1年あるし・・・」と先送りして自滅
する最悪のパターンに陥る恐れが出てきます。
 
毎日・・・少しでも漫画を描くパターン(生活習慣)を作る事が大事な
のだと思うのですが・・・私は、常にゴタクを並べてばかりで実行に
移せない情けない状況に陥っています。
 
 
 >さかいさん、へ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 >今のタイの社会と経済は、50年前の日本に似ていますね・・・
 
私が初めてタイに言った頃(1980年前後)には、日本の昭和30年代
の雰囲気がありました。
 
しかし、今では、高度経済成長を経て、すっかり近代化(70年代
以降の日本)した感じです。
 
ちなみに、この国は毎年、軍事クーデターやら暴動やらがお祭り
の様に起きる国で、今年のは、例年になく大きいだけの事・・・の
様です。 
 
このところ、例の「赤シャツ(タクシン派)」が敗北。主要なメン
バーは仲間を捨てて海外に豚ズラしたそうです。残された幹部の
一部が腹を立てて凶暴化した様ですが、すでに沈静化しつつある
とか。
 
現首相は人気がありませんが、なんとか軍の主流派の力を得て事
を収めた様ですね。
 
・・・でも・・・きっと、来年も・・・・・・ありゃ・・・タイのお祭りみたい
なもんですよ、きっと。(死者まで出てますから、こんな表現は
良くないかもしれませんが)
 
 
Unknown (ひろし)
2010-06-09 00:04:34
管理人さんは今もJ先生のアシスタントの仕事してらっしゃるんですよね?

奥さまは女性ですからいざとなったらパートあるでしょう。でも僕ら男は厳しいかな。
男のくせに少女漫画描いてる僕ですが妹や姉見てて分かるんだけど漫画のヒロインがイケメン男っつうだけどくだらないストーリーでも女って読めるんだよね。女性が言うイケメンって男の視点からは、なんか理解できなくって描けない自分がいる。

ひろしさん、コメントどうもありがとうございまいした! (yes)
2010-06-10 04:07:53
 
 >今もJ先生のアシスタントの仕事してらっしゃるんですよね?
 
はい。
 
今のところ・・・かろうじてクビにならずに仕事をしております。
 
 >男のくせに少女漫画描いてる僕ですが・・・
 
最近は、男性でも少女マンガを描く人や、女性が少年漫画や青
年誌に描くケースが増えていますね。
 
特に、女性が少年誌、青年誌、をよく読んでいますね。少女誌
やレディースに元気が無いせいでしょうか・・・。
 
 
今週のお散歩、浦安から野田へ (灰色ねずみ)
2010-06-10 23:50:23
最近「三郷街道」をよく走っています。正確には「三郷松伏線」

途中に「やぶそば」という自家製うどんそばの店があって、ここのうどんがうまいので、いつもこの店で一服。

目の前が川で、恐らく「大場川」、堤防が低くて、っていうか、ほとんど無くて、1メートルも水かさが増すと、もう道路に水があふれ出そう。

この5キロ上流に「元荒川」があって、知り合いが川そばに住んでいるが、家の5メートル先に高さ1ルートルの土の土手があって、この土手の上に乗ると、1メートル先はもう川。川幅は20メートルほどで、ごうごうと水量たっぷりに流れています。

左と右の住宅を眺めると、川の水位の方が50センチぐらい高い。

決壊すれば、すごい洪水になりそう。

江戸川、荒川も葛飾区あたりでは、川面の高さが住宅地より、3メートルほど高いが、川幅が200メートルぐらいあって、土井の高さも10メートル近く、よほどのことがあっても洪水にはなりそうもないが、元荒川は、川幅が20メートルぐらいなので、すごいものを見たなあ、と迫力満点。

怖いもの見たさの趣味のある人には、お薦めです。感動します。

駅でいうと春日部の一つ手前の、「一の割」駅から1分で、橋があり、この川の土手に沿って歩けば、見ることができます。

三郷街道のいいところは、信号がほとんどないため(右が川たから)、スムーズに延々と車が流れる点です。

灰色ねずみさん、コメントどうもありがとうございまいした! (yes)
2010-06-11 06:49:18
 
「今週のお散歩」・・・ありがとうございます。
 
私は、「三郷街道」というのをよく知りません。それでも、おいしい
「うどんそばの店」の話などを読んでいると・・・つい行ってみたくな
ります。
 
池袋の西武デパートの向かいにあるビルの地下に朝日屋というお店が
あったのですが(現在は違うお店)、そこの「カレーうどん」がとても
美味しくて、よく食べに行きました。
 
カレーの汁が濃い醤油ベースで、あの有名な「古奈屋」の粉っぽいカ
レーよりもダシ醤油の旨みがいっぱいで大変美味しかったのです。
 
残念ながら、話題になる事も無く・・・店が替わってしまいました。
 
なんだか、自分の好きな店ばかり消えて行く様な気がして淋しい限り
です。
 
 
次のビジョンが見えるかどうか (マア)
2010-06-12 18:19:22
こんにちわ。
>漫画描く事に苦痛を感じる様になったら終わりじゃないか・・・

それと、その苦痛をガマンして、そしてこれを
書けば、評価され本に載れるという希望が
もてるような、つぎの漫画のネタが思い
浮かべれるかどうかだと思います。

私のプロアシ友達がポツリと言った言葉に
「つぎのビジョン(描きたい漫画)
が見えてるんだねー」
という言葉に、自分で漫画がまだかけるのか
かけないのか、というの分かれ道なきがします。

悪循環・・なるべく早く脱出できるように、私も漫画がんばります><
マアさん、コメントどうもありがとうございまいした! (yes)
2010-06-13 07:24:57
 
こんにちは!
 
若い頃には、「漫画を描く事が苦痛だ」なんて言葉は他人事だと
思っていました。
 
漫画を描かなくなった先輩アシスタント氏が居酒屋などで・・・
 
 「酒の席で漫画の話はするなよ・・・気が重くなるよ・・・」
 
などと、漫画の話題さえ避ける事をまったく理解できませんでし
た。 今でも、この言葉には淋しい気分になります・・・・・
 
それでもこの10年ほどは、「苦痛」から逃げる様に生活している
わけで・・・・・それでも、そんな生活に・・・いつも違う苦痛を感じる
のです。
 
結局・・・描ける漫画しか描けないし、やれる事しかやれないわけ
で・・・・・。
 
でも・・・それで充分なんだと・・・・。 
 
私は夏目漱石の「則天去私」という言葉が好きなのです。「為す
べき事は人にあり、成るべき事は天にある」という事だと思いま
すが・・・
 
自分がやるだけ・・・!
 
・・・・・・それだけですね。
 
 

コメントを投稿

漫画家アシスタント」カテゴリの最新記事