Y's cafe room

ちょっと一息、ほっとまどろむ・・・シンプルで心地よく暮らすライフスタイルを凡人主婦の目線で追求していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お茶を愉しむための本

2007年01月19日 09時54分55秒 | 雑貨・本
今年に入って、「和」の素材を使ったモダンスイーツを作ろうという目標を立てました。
その「和」を知るために、四季折々の素材や行事、風土、そして、スイーツに合うお茶や器にも目を向けるようになりました。
性格的には、せかせかしていますが、ほんとはゆっくりお茶を楽しみたい。
そういう暮らしができるようなアイデアやツールが記載されている本を発見!
(もうすでにご存知の方もいらっしゃると思いますが・・・)
2冊まとめてご紹介。



*お茶のある暮らし 心静かな。  -和茶を愉しむ至福の時間-

この本は、図書館で見つけて、雑誌並みたっぷりの記事に感動。
こぐれひでこさんを筆頭に5人の方のそれぞれのお茶ものがたり。
和茶の愉しみ方や基礎知識、こだわりの道具やつくり手たち、もちろんスイーツのレシピまで掲載されています。
さらに!
器好きな方は、必見!
欲しくなる器や急須、そのほかの茶道具など。
お茶やスイーツのお取り寄せ情報まで、たっぷりです。

これはバイブルとして残さなければ。と思い、即購入してしまいました(笑)




*ホッとしたい時の ゆとりのお茶・至福のお茶

この本は、伊賀へお鍋を買いに行ったときに長谷園のお店で見つけました。
長尾智子さんを筆頭に13人の方のそれぞれのお茶ものがたり。
普段使っているお茶や器にも目がいきます。

意外だったのは、料理家の井上絵美さん。
朝は、きっと優雅にトースト、ハムエッグやサラダ、ヨーグルトなんだろうなぁなんて思っていたら・・・
美味しいお茶をゆっくり入れて、ゴクッ。甘いお菓子をパクッ。なんだそうな・・・
その気持ち、分かるなぁ~~~。
とにかく朝は、時間がないのよ。
休日ならまだしも・・・
前日の夕食がたいてい7時過ぎには終わっていて、夜食は食べないので、翌朝はとってもお腹がすきます。
子供は別ですが、大人なら平日の朝食をそういうので済ませても昼と夜できちんと採ればいいかな~なんて思います。
それに体にも優しい、美味しい、栄養もバッチリなら言うことありませんね。

他に伊賀の長谷園当主や近くのギャラリーやまほんさんの店主のお茶の愉しみ方、お道具に目が釘付けになりました。
私も今年中にマイお茶道具、一式揃えます!
それも野点用、旅行用、自宅用・・・(ぜ、全部は無理か・・・)
とりあえず、今春用にお外で野点!お楽しみに♪
『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ちょっとマジメな話 | トップ | 祝1周年♪ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kei)
2007-01-19 16:31:33
eikoさん こんにちは。
私もこの2冊愛読しています。
お菓子を作るようになったら、お茶も丁寧に入れたいと
感じるようになりました。
煎茶さえ上手に入れられないのですが・・・(汗)
お茶道具 私も以前から見つけているのですが、
まだまだ 手が出せません。
義母から貰ったので、今は我慢我慢です(笑)
お外で野点なんて素敵ですね~。
↓二人の息子さん 元気になられましたか?
高校生の息子さんに対するeikoさんのいろんな想いを
重なり合わせるように読んでいました。
私も時々 受験前の息子に手紙を書こうと思いながら
まだ 書いていません。
親の一言だから、平気で使っている事があるのですが
やっぱり 一人の個性ある人格として向き合っていかなければ
いけないのかもと考えさせられる毎日です。
eikoさんの和の「モダンスイーツ」楽しみです!
柚のウィークエンドケーキも美味しそうでしたよね。

Unknown (eiko)
2007-01-21 16:44:19
keiさん、遅くなってごめんなさい!
この2冊、お持ちでしたか。(実は、きっとご存知のはず・・・と確信しておりました^^;)
やっぱり美味しく入れたいですよね。お茶も。
今春から少し時間が空くので、煎茶かお茶の習い事を始めようかと思っています。(先生次第ですけど・・・笑)
ただ、本格的にするとかなり大変だと聞いているので、手軽で日々、お茶入れるのに必要な知識や作法を習得するぐらいの気持ちでいこうかな・・・なんて。

息子は2人とももう大丈夫です。
おかげさまで、高校生の息子は兄としての自覚が芽生えたようです。
歯1本の犠牲はありましたが、「雨降って地固まる」のごとし、少し頼もしくなったような気がします。

今度は和三盆で作りますので、よろしかったら試食お願いします(笑)

コメントを投稿

雑貨・本」カテゴリの最新記事