Kazekaoru

A Little jealousy!

早朝、日が昇り始める頃、

 

谷戸の景色を見ていると、

 

黄金色の朝日がそれを覆っていた。

 

そして、

 

朝焼けの中半そで姿で谷戸を抜けると、

 

清々しい大気が素肌をふれ大地と一体となった。

一年で心身ともに爽やかな季節に入り、谷戸の畑からヘチマの香りがする。そして、暑い日がつついているが、街路を歩いていると甘い香りが漂っている。

運動会の花火の音とフォークダンスの音は、小さな胸で嫉妬をしていたことを思い出す。そして、秋の爽やかな微風が大地に吹き、暖かい陽射しは緊張感を和らげる。西の空が赤く染まる秋の夕暮れは、赤い夕陽に赤蜻蛉が背高泡立ち草や薄に止まっている。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「kazekaoru」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事