広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

この1年

2007-12-26 | YBC前進
 YBCの2007年を振り返ってみると、関東の主要なクラブチーム座談会(東京中日スポーツ掲載)を手始めに、3月には関東混成クラブチームvs湘南シーレックス戦を実現して各チームの選手たちに喜んでもらった。続いて四国独立リーグとの対戦で香川・徳島へ遠征。5月の連休には群馬藤岡への遠征試合。そのつど、このブログとホームページに掲載したように、想い出は尽きない。来年秋に関東クラブチームチャンピオン大会の開催が内定したとの由だが、上記の最初の2つがその呼び水になったとしたら、甲斐のあったことになる。
 また、今年もお世話になった高校と大学のグランド。中でも柏日体高には感謝しきれないほどのお礼を申し上げねばならない。大学チームにもたいへんお世話になった。実力格下のYBCのためにゲームを組んでいただいて、ほんとうに有難かった。夜間の練習ではオール沼南チームの皆さんの暖かいご配慮は忘れられない。子供たちには野球教室や合同練習で還元できて良かったと思う。
 行政機関へはずいぶん悪態もついたが、YBC名誉顧問の本多市長はじめ、柏市教育委員会の皆さんにもいろいろと尽力いただき、地元に根を下ろす基盤が築かれつつあることはなによりも心強いことだ。
 また車両の駐車場などで協力をしていただいてる鈴木化工さん。それに打撃マシンを事実上無償で貸してくださっている吉田加工さん。社長の吉田義(ただし)氏の「谷沢さんがこれといったスポンサーもなく運営しているのを拝見すると、私も根っから野球が好きで指導の経験もあるから応援したくなってねー」という言葉には胸が熱くなった。
 YBCスタッフの皆さんには今年もご苦労をお掛けした。川島君の細かい作業の継続のお蔭でNPO法人の認可を得たことも今年最大の収穫であり、ミラクルNPOと呼ばれることを目指す第一歩になった。スタッフ全員が無報酬どころか持ち出しなのに、だれもが喜んでやってくれることを、ある方々は「奇跡」だと言う。その通りだろう。なにしろ、野球の最高の感動は、代打満塁逆転サヨナラホームランとか、1試合2度の3重殺とか、決勝戦での完全試合とか、信じがたい奇跡にあるのだから。(満塁時の4番打者の敬遠などは奇策であっても、だれも奇跡とは呼ばない。)
 私事だが、足の絶望的な故障から2年近くの空白後に首位打者を獲得できたとき「奇跡の復活」と呼ばれた。その時の感動は生涯の最高のものだった。「不死鳥・谷沢」がそれ以降、何を使命として生きるべきか、天から与えられたような気がした。その使命が具体的に何なのかわからないままで来たが、今ようやく、誰かがしなければいけないことで、まだ誰もしようとしていないことに着手できたように思う。
 故父の弔事で、年賀状をどなたにも差し出せない代わりに、この一文を草した。さて、3年目の来年はどんなサプライズが起きるのか、今から楽しみである。
コメント (2)

壮行紅白試合(その2)

2007-12-26 | YBC前進
 シートノックを終えると、久保田コーチがオーダーを発表した。紅組は、1番ショート渡辺、2番セカンド瀬尾、3番センター木原、4番ファースト久保田、5番サード山中、6番キャッチャー川村、7番ライト樫田、8番レフト森、9番ピッチャー金沢。白組は、1番ショート武岡、2番セカンド白井、3番サード山?、4番センター元野、5番キャッチャー永島、6番ファースト伊東、7番ライト高木、8番レフト菅谷、9番ピッチャー木藤。
 試合は6イニングまでとし、3対3の同点から紅組川村君の本塁への好走塁で決した。勝利投手は金沢-谷沢-蔵重の継投を最後にリリーフした大野君。敗戦投手は木藤-高木を継いでリリーフした元野君であった。私と蔵重投手コーチはともに左投げで、元野君の打順の時にマウンドに上がったが、私はライト前に打たれ(ほんとに遠慮をしないヤツだ)、「蔵ちゃん」は綺麗なフォームから繰り出す変化球でライトフライに抑えきった。
 何人かの選手たちが言うには、「こうして気持ちよく送り出してもらえると、2人も新天地で頑張りますよ。最近はどこのクラブチームも選手の出入りが激しく人間関係もギクシャクとしがちだから」
 YBCは「入ってくる舟は荒波でも迎え入れ、出てゆく舟は食糧と水を与えて送り出す」ことをモットーにしている。ゲームもじつに楽しかったし、最後には福井へ行く3人を胴上げしたYBCの選手たちの心の広さが何よりも嬉しかった。残る彼らの心もまた成長し続けている。
コメント

壮行紅白試合(その1)

2007-12-26 | YBC前進
 12月22日の練習は紅白戦を行った。北信越BCリーグの新球団に加わった元野・木藤両君の壮行試合である。朝8時前に家を出てPWPに向かった。つくばEXに乗りかえるあたりで、川村副主将から「小雨が降っていますが如何しますか」と連絡が入る。「直に着くから待機してくれ」と返答した。なんとしても元野・木藤両君を送るゲームを実施したかったからである。
 それにしても、松村キャプテン以下新スタッフは準備・指示・行動が迅速である。今年の元野主将以下の面々も頑張ってくれたが、JR東日本(チーム統率の優秀さで知られている)で鍛えられた松村君の厳格な人間形成と緻密な野球観は、早くも選手たちの手本となっている。特にトップチームの選手は集合時間の30分前には到着して、グランド整備をし練習に備える。この実践が自ずとセカンド・サードチームの選手たちの心身に浸み込んでいっている。このような姿勢が随所に発揮されつつあることに私も心強い限りである。
 グランドは小雨がかえって適度な湿りをもたらし、土の状態は良好だったので、試合を決行できると判断して「出来るところまでやるぞ!」と選手たちに告げた。今年1番の寒さの中、スタッフも揃った。蔵重・久保田両コーチ、椿本マネ、小松淳トレーニングコーチ(新入団だが早くも手腕を発揮している)、川島コーチも遠方の藤沢市からやや遅れてやってきた。
 加えて、橋本考志君が愛妻あさ子さんを伴って挨拶に訪れてくれた。福井ミラクルエレファンツの球団スタッフに採用された橋本君は、首尾良くあさ子さんが「おめでた」だそうで、夫妻で福井へ引越しとのこと。夫人が国際線の客室乗務員だから、結婚しても「すれ違い」が多かったようだが、これでしばらくは水入らずだろう。
 YBCから3名も福井ME球団にお世話になることになったので、先々週、名球会総会のためハワイへ行った際に、MEの初代監督に就任した藤田平氏に「よろしく頼む」とお願いし「元野は・・・で、木藤は・・・だ」と特性を説明しておいた。橋本君はやはり関西方面の水が合うのか、すでに監督の信頼を得ているようだった。
コメント