広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本選手権予選(その4)

2006-09-19 | YBC始動
 我々三人(私・加藤・久保田)は、初戦の勝利を確信して連泊の予約をしていたが、選手たちは慌てて宿舎を探していた者もいたようだ。それを救ったのが杉村主務で、彼が見つけた安価な民宿へ10人ほどが駆け込んで占拠したと言う。それを聞いて、久保田コーチが「3度目の合宿ができてYBCにはプラスですねー」と初勝利効果を喜んでいた。
 第2回戦は「かずさマジック」との対戦である。ふだん一生懸命やってきた練習の積み重ねが、こうした数段も格上の強豪チームと対戦できる、そんな「ご褒美」になるのだと一瞬感慨に耽った。
 昨日活躍した2選手が欠場(五十嵐君はケガ、元野君は広島東洋カープの新人テストに参加)したため、メンバーの編成を変えなければならなかった。第1回戦は20人がベンチ入り、今日は17人のベンチ入りである。
 高校生選手の参加が川上君一人であったのは寂しい。学校行事が集中する秋の3連休だから、様々な所用があったとは思うが、ベンチ入りできるせっかくのチャンスを生かさないのは残念である。未だに練習環境は恵まれてないが、大野君、カミ村君、五味田君、海老原君、樫田君等は本当に成長したと思う。今後、チームが強化されてもYBCの理念に準じたチームづくりは失いたくない。
 ゲームはホームページに掲載したとおり、7回コールド負けに終わった。先発のホソバヤル君が3回に乱れて、ゲームは崩壊したが、リリーフした金沢君も良い経験になっただろう。大差での登板になったが、一番投げたがっていた木藤君が、1失点を喫したものの、リズミカルなコントロールの良さを見せてくれた。上を目指し成長を遂げて行くには何が必要なのか、この大会で学んだことは多いはずだ。
 外野スタンドに掲示されていた「ゼロからの出発」の標語は、「かずさマジック」のスローガンだろうが、YBCにこそあてはまる言葉である。それを目に焼き付けて、私は球場を後にした。
 翌日、「かずさマジック」がJFEに勝利して第一代表になったと聞いて、YBCとしても大きな目標ができたことに感謝したい。
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 日本選手権予選(その3) | トップ | 福留孝介(中日)の打撃思考 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ybc 初勝利おめでとうございます。 (金谷重男)
2006-09-19 21:25:47
 谷沢先生こんばんは。公式戦初勝利おめでとうございます。今日のコラムは文章が踊っているようで、楽しく読ませていただきました。甲子園の熱狂の後、夏休みを満喫しておりましたが、今日のコラムを読んでの感動で、夏休み気分も吹っ飛んでしまったようです。 「さあ、行こう!」 しかし、クラブチームの大変さもこのコラムで感じ取る事もできました。

 最近耳にしたのですが、新潟を中心に四国リーグのような組織ができるようですが、谷沢先生ご存知でしょうか。新しいうねりを感じます。さて、時間の余裕がありましたら、「甲子園の4連投」についての指導者としてのコメントをお聞かせください。楽しみにしています。

 
誕生日9月22日 (sadakun_d)
2006-09-23 03:59:04
谷沢さん誕生日おめでとうございます。



はじめまして (wendy♪)
2006-09-26 16:44:28
突然の書き込み失礼します。

谷沢さんを検索していてこちらにたどり着きました。

本物の谷沢選手のブログなんですか???

失礼な聞き方ですみません。

なんだかドキドキして、何を書いていいのかわかりませんw

現役時代からずっと応援しています。

またお邪魔しますm(__)m

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

YBC始動」カテゴリの最新記事