やざき。くんです (・e・)ノ

ぷらら Broachから引っ越してきました

合唱なめてんじゃねーぞ! -「うた魂♪」

2008-04-18 12:41:57 | 映画


すいません、なめてましたあああ!!

いやいや。

映画を久々に観ましたよ。 『うた魂(たま)♪』 です。

何が目的かはバレバレですか?そうですか。

やー、合唱。なめては無いけどトラウマがあるんだよなー
 

 
--- チラシの裏トーク ---

おいら声が低いだす。子どもの頃はもっと低かったのね。
(オトナになって喋りすぎてちと上った感はある(笑)
人生の諸先輩方からは中村あゆみさんのようだといわれる事多々。)

小学校・中学校の音楽の授業の合唱が苦手でねぇ…
歌う事は好きなんですが。

男子と女子に分かれ、さらに背の順で並んだりして歌う形だとおいら女子のど真ん中で。

そうしたら先生から、「やざき。さんが真ん中だと音がにごるから男子の隣に行きなさい。」

ですって。

セイセイ、子どもココロにそれはキツイぜ...orz
でも変声期前後の男子より低かったから仕方ないんだろうなー
だから「花」(滝廉太郎)とかアルトパートしか歌えません(w

そんな事で合唱大会じゃ指揮やってましたぜ。

--- 少年期のココロのキズ話終了 ---

で、「うた魂♪」。

なによりゴリが高校生役やる、っていう時点で観たいゲージも上るってなもんで。

あの人ほんと、芸達者だよなー 「タレント」ってこういう人の事言うんだよね。
(日本には「タレント性」の無いタレントが多い」ってのが高校の英語の先生の口癖だったなぁ)

「30超えてて子どもも居ますけど、高校生役です。」 って楽屋で挨拶されました、って
ゴスも話してましたな。

ホールで合唱のリハーサルの時、北山さんが中ではなく扉の外で耳を欹てて聴いていたら
薬師丸ひろ子さんも聴きに来て、その世代としては緊張した、とか。

苗場/赤坂BLITZでのMCでも「うた魂♪」話はたくさん♪

何よりリーダーに台詞があるって事と、ゴスペラーズ役でゴスペラーズが出るというその愉快さ(w

1人で見に行って正解でした… さらに一番後ろの席を陣取る。これで笑ってもすぐにはバレない!

以下率直な感想。(まだ公開中だから隠して置きますよ。反転すれば現れます。)



中でずっと「青い鳥」を流してくれてたのにいきなりニヤける。
(「奈緒子」を上映してた劇場もそうだったんだろうか…。)

他のお客さんでワタシと同じ目的の人が居ないかどうか一応チェックしてしまうあたり職業病か(w
居なかったけどね。(熟年夫婦と1人で観に来ている男性が2人。)

ゴリ達の登場シーンが通学バスに(筋は通っているがむちゃくちゃな)言いがかりつけて
最終的にはバス脱輪(わぉ)にびっくり。そりゃ運転手サンも乗車拒否するわ。
でも最後にその運転手サンがゴリ達の合唱観に来た、ってのはエピソード的に好き。

んでもって(またゴリかよ)チンピラ役かと思ってたゴリが実は筋の通った奴で
一般市民には超敬語なのに好感。(昔はこういう子いたよなぁ)
でも「今から真剣10代になってしゃべりますがいいですか?」と前置きして「おらあああ!」みたいな
発言するのにワロた(w 前置きもらってもビビるって。でも面白いって。

湯の川学院(ゴリの学校)の合唱部の他の男子の中に、どーみてもブルース・リー意識している人が
いて気になって仕方ない(w

もちろん5人の登場シーンも確認し、このシーンのエキストラ募集してたのかなぁ、なんて考えながら観てたら終了。

あらすじとしては純粋に楽しかったですよ。歌いたくなっちゃう。

最後の「あなたへ」(モンゴル800)はワタシも歌いたかったなー

高校生独特のあの突っ走ってる感というか、「人生謳歌してます!」感、
っていうか毎日が文化祭の準備中、みたいな感覚、懐かしいなぁ~

意外なツボは間寛平さんね。まさか出てるとは!
そして常にやる気のない薬師丸ひろ子さんの雰囲気もいい。

湯の川学園が全国大会に特別枠で出て何歌ったのか、
どう歌ったのか見てみたい気もするけど(w

最初はヤな女(こら)に見えた夏帆ちゃんも最後にゃ良い子になってたしねぇ~

いやー、演技ってすごい。あの一瞬で硬さを見せ付けるあの5人組の演技もすごい(笑)

写るの1回だけ(リーダーが喋るシーンだけ)かと思ってたけど、ほぼ同じアングルで
数回流れるからビックリよ! なんで一番最初にいるのよ!!(笑)

で、次は私見。

「青い鳥」を幸いな事に生で、

・苗場
・赤坂BLITZ
・USJ

そして映画館で流れる分、と音響が異なる計4パターンで聴かせていただいた訳ですが。

世の中の人が音響にこだわる(やれ、5.1chだなんだ)理由がわかった気がする…

ぜんぜん違う!
特に映画館のドルビーサラウンド!(当たり前だ!) エンディングの「青い鳥」の迫力に
ちょっとビビったもん。最後の黒ポンのソロなんて鳥肌モンよ。

映画主題歌だけ、ってちょっと軽く見てた(CD聴くもん、ライブで聴くもん、的な)けど、
こりゃ考え方変わったぞ。(「奈緒子」惜しい事をした…)

あと、「青い鳥」の表現を、苗場とCDと「うた魂♪」で見せて(聴かせて)いただいた訳ですが、
どても微妙に違ってでもどれも(ワタシ的には)良くて、1粒で3度おいしい、みたいな感じでしたよ。



もう1回みたいな~

と、思い、先日見に行った劇場のスケジュールを見ると。

今日(4/18(金)で上映終了ってなってる...orz

公開から2週間ですが何か?

あともう1箇所やってるけど、こっちもお昼かー
出来たらレイトショー(平日)でまったり(つか1人がいいな(w と見れるところ無いかしら?

はっ DVDか!(笑) 発売したらとりあえずレンタルだな、うん。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 奈良の例のアイツ、いよいよ... | トップ | 4月18日(金)のテレビ事情 »

コメントを投稿