銀の月の彼方へ ~岡庭矢宵のブログ~

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コンサートのお知らせ☆ ギラッド・ハツァブ来日公演 feat.岡庭矢宵

2015-11-10 20:15:17 | 日記
みなさま、こんにちは☆
日本は紅葉が最高に美しい季節ですね!ここイスラエルは雷が鳴って雨がひとしきり降ると、冬の始まりを感じさせられます。


さて、11月に日本でコンサート致します!
今回は私の友人でイスラエル人ジャズピアニスト、Gilad Chatasv(ギラッド・ハツァブ)の来日公演ツアーで歌わせて頂きます。
音楽ライターの関口義人さんプロデュース、そしていつもお世話になっているパーカッショニストの海沼正利さんディレクションのもと、このツアーが実現しました。

イスラエルはジャズがとても盛んです。本場NYでもイスラエル人ジャズメンが音楽シーンをリードするほどの勢い!
そしてイスラエルのジャズを特徴づけているのは、彼らが普段から耳に馴染んでいるオリエンタルな感性が自然とジャズと融合しているところ。イスラエルのジャズシーンは世界からも注目されています。

そして今回来日するピアニスト、ギラッド・ハツァブは美しいタッチ、叙情的な弾き口が魅力のピアニスト。
日本では既にディスク・ユニオンから彼のアルバム2枚が発売されています("Jazz from Middle to the East Vol.1&2)
またジャズ評論家・寺島靖国氏プロデュースの"Jazz Bar 2014" にも彼のオリジナル曲「Sinai」が選曲されています。


ギラッドと私はテルアビブで出会いました。
バリバリのジャズメンの彼に「私はセファルディの歌を歌ってるんだ!」と言った瞬間、目を丸くして驚かれたものでした(笑)
その後、話を繰り返していく中で、お互いの背景、音楽性を認め合い、一緒に音楽作りを始めました。


どこか日本の古い歌にも通ずるセファルディの歌とジャズ。
日本とイスラエルがモダンに、トラディショナルに一つに溶け合います。


サポートして頂く日本のミュージシャンの方々は、第一線の音楽シーンで活躍される方々ばかり!
私も今からとても楽しみで仕方がありません!


この機会、どうぞお聴き逃しなく!!




~ギラッド・ハツァーヴ来日公演 feat. 岡庭矢宵~
☆ギラッド・ハツァーヴ・トリオ公演
☆岡庭矢宵×ギラッド・ハツァーヴ プロジェクト“Sephardi meets Jazz"

※寺島靖国氏プロデュースのアルバム「Jazz Bar 2014」にも選曲され、シンプルかつ叙情的な弾き口が魅力のジャズピアニスト、ギラッド・ハツァーヴ。初来日となる今回は、日本在住の実力派ミュージシャン達と共にピアノトリオのプログラム、そしてイスラエル政府奨学金を得てイスラエルへ渡った歌手、岡庭矢宵と共にオリエンタルでありながら、どこか日本人のDNAにも共感するセファルディ・ユダヤの歌とジャズとのコラボレーションを展開。日本とイスラエルがモダンに、そしてトラディショナルに音楽で融合する好企画、必聴です!


11/19(木) ギラッド・ハツァーヴ・トリオ
六本木KNOB:03-3404-4001/港区六本木6-1-6 ザクセンビル3F(東京メトロ六本木駅3番出口徒歩1分)www.geocities.jp/knob_2012/
開場19:00 開演19:30 charge:¥3,500
出演: ギラッド・ハツァーヴ(P.) マーク・トゥリアン(B.) 海沼正利(Ds.) Guest:岡庭矢宵(Vo.)


11/20(金) 岡庭矢宵×ギラッド・ハツァーヴ プロジェクト"Sephardi meets Jazz"
コムカフェ音倉:03-6751-1311/世田谷区北沢2-26-23 EL NIU B1F(京王井の頭線・小田急線下北沢駅北口徒歩1分)www.otokura.jp
開場19:00 開演19:30 charge:¥3,500
出演:岡庭矢宵(Vo. Oud) ギラッド・ハツァーヴ(P.) 海沼正利(Qanun, Ds) 西嶋徹(B.)


11/21(土) 岡庭矢宵×ギラッド・ハツァーヴ プロジェクト"Sephardi meets Jazz"
大磯エピナール:0463-73-0948/神奈川県中郡大磯町国府本郷1221(JR大磯駅からバス5分)www.epinard.net
開場19:00 開演19:30 charge:¥3,500
出演:岡庭矢宵(Vo. Oud) ギラッド・ハツァーヴ(P.) 海沼正利(Qanun, Ds)


11/23(祝) ジャズセッションパーティー with ギラッド・ハツァーヴ
六本木KNOB
開場19:00 開演19:30 charge:¥3,500

出演: ギラッド・ハツァーヴ(P.) 海沼正利(Ds.) 瀬尾高志(B.) 藤田明夫(Sax) 岡庭矢宵(Vo.) etc.



〈出演者プロフィール〉
Gilad Chatsav(ギラッド・ハツァーヴ)
1981年ティベリアス生まれ。6才よりピアノ・作曲を始め、9才より本格的な音楽教育を受ける。その後テルマ・イエリン芸術学校、エルサレム音楽・ダンスアカデミーにてジャズを学ぶ。在学時に映画音楽を手掛け、ゲッシェル財団より受賞。イスラエルの主なジャズ・フェスティバルに出演し、ジャズの他、ブラジリアン、ワールドミュージック等にも造詣が深い。これまでに4枚のCDをリリースし、うち2枚はディスク・ユニオンにて発売され、ジャズ評論家寺島靖国氏プロデュースによる「Jazz Bar 2014」では、彼のオリジナル曲「Sinai」が選曲されている。また2015年International Jazz Dayでは、イスラエル代表としてオーガナイザーを務めた。


岡庭矢宵(おかにわやよい)
国立音楽大学卒業後、ヨーロッパ中世・ルネサンス、バロック音楽を中心に各アンサンブルのメンバー、ソリストとして活動。その後、スペイン系ユダヤ人の歌「セファルディ」に魅了され、海沼正利とのデュオで演奏活動を開始。2012年「セファルディ・ユダヤ ~魂の紡ぐ歌~」をリリース後、日本経済新聞文化面にて紹介され、またNHK「地球テレビ エル・ムンド」にもゲスト出演し、全国から多くの反響を呼ぶ。2013年度イスラエル政府奨学金を得て、バルイラン大学に留学。またエルサレム中東音楽学校ではオリエンタル音楽理論その他を学び、地中海周辺地域の音楽スタイルも身につける。現在イスラエルに在住し、各地で演奏活動を行い、「日本人セファルディ歌手」として注目を集めている。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ユダヤ新年・5776年☆ | トップ | "Ladino(Sephardi) meets Jaz... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事