銀の月の彼方へ ~岡庭矢宵のブログ~

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ツファット 〜カバラーの聖地 イサーク・ルリアの墓を訪ねて〜

2016-08-16 21:45:10 | 日記


ツファット。


耳慣れない響きの名を持つこの街は、ユダヤ神秘思想「カバラー」の聖地として育まれた街。



1492年のセファルディ追放の折、多くの人々、そして「カバリスト」と呼ばれるカバラー思想家たちがこの地を目指してやって来たと言われます。


エルサレムと同じく、山の上に位置するこの街は、今も敬虔な宗教家、カバラーを探求し続けるカバリスト、そしてそこからインスピレーションを得る芸術家たちが寄り添って生きる、静寂な調和が息づく街となっています。



ユダヤのシンボルカラーである青色が家々のドアや門、鉄柵などに色づけられ、真っ青な空の色と相まって清々しさとある種の統一感が生み出されている...



そしてよく目にするのは聖なる果物である「柘榴」のシンボル。

夏のこの時期からユダヤ新年 "ローシュ・ハシャナー”にかけて、柘榴は次々と実り、収穫されます。

穫れたての柘榴は角の部分がまるで王冠のような、見事な形をしています。

柘榴は古代から、繁栄や、聖なる象徴としてあがめられた果物でした。


ツファットを覆う青色と赤い柘榴のコントラストが鮮やかで本当に美しい...。




カバラーとは。


巷では「カバラーの数秘術」などがよく女性誌などでもとりあげられ、耳にされたことのある方も多いのではないでしょうか?


ヘブライ語で「受け取る」という意味を持つカバラーは、師匠から弟子へ、教えや秘儀などがその名の通り、口から耳へと「受け取る」形で伝えられていった、ユダヤの神秘思想です。


旧約聖書の「モーセ五書」(「創世記」「出エジプト記」「レヴィ記」「民数記」「申命記」、ヘブライ語ではこの一連の五書を「トーラー」と呼ぶ。)に記されていることをいかに解釈するか、瞑想の過程で何が得られうるか、「ゲマトリア」と呼ばれる「数秘術」、または「ノタリコン」と呼ばれるヘブライ文字への解釈は、トーラーをより深く理解し、深い瞑想に入るための手段だったのです。



そしてカバラーは、ユダヤ民族がエルサレムを追われ、その後向かったイベリア半島の地で発展をとげます。


旧約聖書・オバデヤ書の冒頭に記された「セファラド」という地名。これがまさしくヘブライ語でスペインのことを指し、「セファラド」の地へ向かったユダヤ人のことを後に「セファルディ」と呼ばれるようになるのです。



このスペインでのユダヤ人たちの活躍は目覚ましいものでした。多くの学者、詩人、宮廷人などが活躍し、特に名高いコルドバのモーゼス・デ・マイモン(通称「マイモニデス」)は、あのキリスト教学者トマス・アクィナスにも大きな影響を与えたと言われています。



そんな中で生まれたカバラーの聖典「ゾーハル」。モーゼス・デ・レオンという人物によって書かれたこの書はアラム語によって書かれており、数々の難解な象徴表現に満たされ、歴代のカバリスト達はこのゾーハルを拠りどころとして、日々鍛錬、瞑想に励んだのでした。



そのスペインの黄金時代も1492年のイザベル女王、フェルディナンド国王による「ユダヤ人追放令」によって、運命を揺るがされます。



モロッコ、トルコ、ギリシア、バルカン、地中海世界に散って行った人々の中に、パレスティナの地を目指す一行がありました。それが彼らセファルディのカバリスト達です。


パレスティナ北部、山間の静かな地に多くの人々が押し寄せ、当初は仕立て屋がてんてこまいになるほどの様相だったといいます。
そして彼らはこのツファットで、静寂な、祈りと瞑想の日々を送るのです。




カバラーはさらなる発展を遂げ、そこに傑出した才能の持ち主があらわれました。それがラビ・イサーク・ルリアです。

幼いころから「神童」と呼ばれたルリアは, 才能に満ちあふれる上に、誰とでも気兼ねなく話すオープンマインドな性格で、多くの人から慕われたと言います。



そして、自らの思索を本に書き記して後世に残そうとか、

ライバル達から秘儀を隠そうだとか、

そんな気持ちなどは一切なく、野道を歩いては、草花や石などに目を留め、霊感があふれるままに思いを語ったといいます。




そんなルリアを人々は「アリ・ハカドゥーシュ」(ヘブライ語で「聖なる獅子」の意味)と呼んで崇めたといいます。



「アリ」の名を掲げる二つのシナゴーグのすぐ側には古代墓地があり、

イサーク・ルリアはここに眠っています。

墓石にはユダヤの神聖な色である青色が、くまなくペンキで塗られ、

お墓というイメージを吹き飛ばすかのような鮮やかなスカイブルーの一角になっています。




ここに、ルリアを慕うカバリストや大勢の人々が訪れては、墓石にキスしたり、額をつけて熱心に祈り続けていたりします。

私が訪れたちょうど二日前がルリアの命日にあたる日だったので、いつもより多くの人がその時はいたようです。

突っ伏して祈る人、目を閉じて瞑想にふける人、側のベンチで談笑する人、それぞれの形でルリアの魂と触れ合うのです。





そして、以前から合いたかった、ツファットのとあるカバリストを訪ねました。

ヘブライ語の言葉同士のつながり、そこに意図された目から鱗が落ちるような概念、

そして、その方から伺った一言は、私の心を震わせました。





「あなたは眼鏡や鉛筆に魂があると思いますか? 彼らにも魂はあるんですよ。」





これには私もびっくりしました。


「〈向かい合うこと〉は大切なんです。何事もね。トーラーとカバラー、この二つが向かい合ってこそ、なんです。」


何か私の中で、腑に落ちていくものを感じる瞬間でした。



ちょっと前だったら、こんな風に感じることもできなかったでしょう。



「来るべき時に、時は訪れる」、事はこうして配されるのでしょう...。






















ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« ペサハ ~過ぎ越しの祭り 201... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事