陋巷にさまよう (野を拓く 第2部)

プアなわが道とこの世を嗤笑するブログ

天下り

2017-01-25 14:16:57 | Weblog
余りに惰性に慣れておったせいで、発覚してしまいましたがね。
今までばれずにやってこれましたからなぁ。
口裏をあわせて、こうやればと油断しておったのでござりましょうよ。
文部科学省の天下り問題でござります。
勿論、この省だけやのうて、どの省庁でも、いや地方の役人かて普通にやっておるやろうことは誰もが推察しておるところでござります。
表に出んようにしておるだけでござりましょう。

トランプがワシントンの役人どもを攻撃するのも、分かりますなぁ。
いずこの国でも、役人は腐りきった寄生虫集団ですからなぁ。
半島のゴキブリ国然り、その西方のキチガイ国なんぞは最たるものでござります。
まぁ、そうした国と比べると、程度は少しマシかも知れんけど、寄生虫に変わりはござりませぬ。

そやけど、受け入れる方も問題ですわなぁ。
受け入れることで甘い汁を期待しておるワケですからなぁ。
え~っと、どこでしたかな?
受け入れたところは?
トランプ大学でしたかな?
オノレさえ良ければええというところは?
まさか、都の西北にある大学ではないでしょうな?
そやったら、トランプが今の任を離れたとき、理事で来てもろうたらどないですかな?
ウマが合うかもよ。  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有識者会議 | トップ | 東芝:逆ですがな »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事