とにかく走ろうよ!

何でも良いから、とにかく走りたい!そんなランナーみなさまへのブログです!

=レポート=7/31シューズチョイスツアー

2016-07-31 17:52:43 | シューズの選び方
記事とは関係の無い画像です。

本日、暑い暑い中、渋谷deシューズチョイスツアーのみなさま、お疲れ様でございました。”ときめき”の一足に巡り会えましたでしょうか?2時間もの間、お疲れ様でございました。

大人数で行くと、みんなで履き比べができて、効率よく、しかも遠慮なくいろいろなシューズを履けたのでは無いでしょうか?最後の最後まで探し続けて見つけられたTOMOKOさん、CHIKAさん、よかったよかったです。

あらかじめの想定通りで見つけられたMIWAKOさん、YUKAさん、MITSURUさん、SHIGEKOさん、たつさんも、スムースで何よりでございました。もう一度、走りも見直してから、ちゃんとしたものを見つけたかったTAKUYAさんも、次に期待しましょう。

色が...という奥様、これだけは僕の力ではどうにもならず...自作に期待です。でも、ジャストなものが見つけられたのではと思います。

みなさま、以外と「このメーカーの、こういったモデル?」というところで驚かれたのかもしれ無いです。普通なら選択肢に登りにくいモデルでも、みんなと行くと履き比べができて楽しかったかと思います。ぜひ、またの機会のご利用もお待ちしております。

そして、今日のおさらい...

①ソックスは二枚準備して行く
②色にこだわらず、いろいろ履いてみる
③実際に足を入れて、歩いたりジョグをして確認する

でした。

また、みなさま驚きのメガネをお持ちで、本当に素晴らしいです。仲間の試着から試走で、何が良くて何が悪いのかが見えるようになっていらっしゃいました。ショウバイアガッタリデス(><;

さておきまして、おさらい第二弾としましては...

①用途に応じてシューズを変える
②◯◯に応じて、モデルを選ぶ
③◯◯と◯◯がシューズ選びのポイント

でした。

ぜひ、ほかのシューズを選ぶときのポイントにもしてくださいね!
コメント

=親の夏期講習2日間、二人でも20000円=

2016-07-29 16:07:21 | 募集&キャンペーン情報
我が子を伸ばす「コーチング」入門講座を開催します。

「うっとおしがられる...」
「よくけんかになる...」
「悩んでいるのに力になってあげられない...」

せっかく一生懸命考えているのに、何だか空回りしている感じがする...という方は、プロトレーナーが実践する「コーチング」を学んでみませんか?

「コーチング」は、テクニックではありません。根本にある「愛情」を適切に相手に伝えるための「表現」なのです。ですので、「愛情」の分だけ効果があります。

また、同じ言葉を使っても、子供(選手、部下)が伸びるパターンと、裏目に出てしまうパターンがあります。「コーチング」を知ってさえいれば、そんなことはないのに...

くどいようですが、「コーチング」は「愛情」を伝えるためのもので、「コントロール」しようというものではありません。ですが、「愛情」が伝われば、伸び率は計算不能なほどです。

誰だって、あなただって「愛情」を受けたら、頑張れますよね。「愛情」のキャッチボールをしたい方の「夏期講習」を開催します!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<題名>親の夏期講習
<日程>2016年8月11日、2016年8月28日
<日時>9:00-12:00
<費用>20000円
※1:ご両親でご参加も20000円
※2:両日ご参加可能
<場所>準備中(千駄ヶ谷周辺)
<講師>鈴木清和
<カリキュラム>
①コーチングとは?
②少年(青年)心理について
③ランニングについて
④よくある事例紹介
⑤ワークショップ
⑥実践チェックシート
※変更になる場合もございます。
<締切>2016年8月6日
<最少催行人数>5組様
<お申し込み手順>
①「メール」にてお申し込み
②「受付」受理のご返信を確認
③「受講料」を納入
④「お申し込み完了メール」をご確認
⑤当日、体調を整えてご参加ください
<お申し込み>「メール」のみのお申し込みとなります。
①お名前(フルネーム)
②ご参加人数
③その他
上記内容を明記の上、「yell[at]zpost.plala.or.jp」まで

※キャンセル不可イベントになります。
コメント

=緊急告知=ランニングシューズの選び方

2016-07-29 00:14:29 | シューズの選び方
どんなシューズを選んだら良いのだろう?という、シューズ選び難民のみなさまに、ランニングシューズの選ぶポイントをアドバイス致します。基本となるチェック項目から、自分にしかわからないチェック方法まで、プロトレーナーならではの視点を参考ください。

シューズ選びのポイント
①自分の足型を知る
②自分の体型を知る
③自分の身長を知る
④自分の体重を知る
⑤自分の用途を考える

これだけポイントがあるのですが、「もうお腹いっぱい...」というあなた、それでは自分にぴったりのシューズに出会うのは夢のまた夢です。

自分にあったシューズに出会えると....
①パフォーマンスがすぐに上がる
②怪我が解消できる
③マラソンも完走できる
④速く走れるようになる
⑤足も細くなる

など、良いことばかりです。

逆に、合っていないシューズでは....
①頑張っているけど、結果が出ない...
②怪我がいつまでも治らない...
③マラソンがいつまでたっても完走できない...
④足が速くならない....
⑤足が太い...

など、悩みの種になっていることも...

たかがシューズ、されどシューズです。シューズは足と地球(地面)の間をとりなす、唯一の物体です。ぜひ、この機会に、ポイントだけを抑えて、自分にあったシューズを見つけて、快適な毎日を送りましょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

=緊急告知=

7/31「シューズチョイス」イベント

今週末ですが...
渋谷で僕と一緒にシューズを見つけに行きませんか?

下の「ランニングシューズの選び方」をご一読いただいていると、
非常に話が早いので、読者の方は「1000円」
読まれていらっしゃらない方は「2000円」

時間は、15:00-17:00

そして、みなさまの持ち物は「ソックスを二枚」になります。
「厚さの違うソックス」をお持ちください。
「厚め」と「薄め」、「厚め」と「普通」、「普通」と「薄め」
なんでも大丈夫です。理由は当日お話致します。
「お店で借りればいいや」はNGです。

その場で買わなくても大丈夫です。
僕はお店やメーカーから、一切お金を頂いておりません(笑)
その場では、色とかデザインとか、値段とか、一切気にしないでください。
ですので、とにかく自分に「ぴったり」を一緒に見つけましょう。
「買うかどうか」迷うのは、その後です。

ということで、
10名様以上のお申し込みで開催致します!
奮ってのお申し込みをお待ちしております!

※トレラン用のシューズも可能です。



http://www.studio-tac.jp/sports_other/28_index_detail.shtml
コメント

好きな食べ物から知る、自分の筋肉の質

2016-07-26 22:29:56 | スポーツ
チャレンジャーズ®およびサブ4チャレンジャーズ®に

新メンバー様が加入されます!
そして恒例の自己紹介では、
「おなまえ」と「好きな食べ物」を発表することに。

普通ですと、
「ベストタイム」とかだと思うのですが、
それよりも大事なことがあります。

「好きな食べ物」を聞くこと、
これも訓練および共感の一環です。

何が訓練かと言いますと、
「筋肉の質」を見分けるテストのようなものです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

筋肉の質って?

筋肉には、
生まれ持っての「質」があります。
これは、
「変わることはありません」

スポーツに携わる方でしたら、
一度は耳にしたことがあるでしょうか、
「速筋」「遅筋」というやつです。

FT(速筋線維:Fast twitch Fiber)
ST(遅筋線維:Slow twitch Fiber)

それぞれ、見た目からFTは「白筋」、
STは「赤筋」などとも呼ばれたりすることもあります。

そう、ヒラメや鯛は白、マグロは赤、です。

さらに...代謝特性で3種類に分類することができます。

FG(Fast-Grycolytic Fiber)
FOG(Fast Oxdatine Grycolytic Fiber)
SO(Slow Oxdatine Fiber)

FGは速筋線維、収縮速度が速く、発揮する張力も大きい。その一方で疲労しやすい。エネルギー源は、主に非乳酸性、乳酸性機構。

FOGは、FGとSOの両方の特性を持つ。収縮速度も適度に速く、持久力も適度にある。

SOは遅筋線維。収縮速度は遅く、発揮する張力も強くない。一方で、持久力に優れている。エネルギー源は、主に有酸素機構。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

筋肉によって

得意な動き、代謝が異なるため、
「好きな食べ物」が異なる、
こういうわけです。

「マラソンだからこれ」
ではなく、
「自分の筋肉の色によって、食べ物を変えよう」
というのが、僕鈴木の方針。

ちなみに僕の好きな食べ物は「海鮮丼」です。

生物です。

通常はタブーとされているのですが、
逆に、生でないといけない理由があります。

一般的な食事をしていてスタミナ切れを起こしていた僕、
好きな「海鮮丼」を食べたら、最後まで粘れました。

理由は...僕の本に書いてあります(^-^;

自分の「好きな食べ物」から、
自分の体質や必勝パターンを見つけませんか!
コメント

ランニング障害の情報は沢山見つかりますが、役に立ちそうな情報が見つかりません...

2016-07-25 11:56:58 | スポーツ
フォームが悪いから...
体重があるから...
歳だから...
走り過ぎだから...
筋力不足だから...
身体が固いから...
シューズが薄いから...
タイツを履いていなかったから...
オーバープロネーションしてるから...
アイシングが足りないから...

もしかしてですが、
こういったことでランニング障害が改善されるとお思いでしょうか?

僕はプロトレーナーとして、
こういった言葉を一度も使ったことがありません。

しかし、原因不明と言われている複雑で重篤な症状も、
すっかり忘れて、
むしろ走るのが楽しくなり、
自己ベストを更新したり、
実業団や大学からのスカウトを受けたりと、
競技者としては「成功」といえる事例が続出しています。

今、
こうしている間にも、
世界中のみんなは競技力向上のための練習をしています。
悩み、立ち止まっている暇などないはずです。

一刻も早く競技へ復帰し、
むしろ故障する前よりも「強くなって復帰」する方が良いです。

それには、
「鈴木のトレーニング」を受けてみるのがオススメです。

僕も選手だったから分かります。
①練習は休めない
②今以上頑張れない
③思いっきり走りたい

こういった部分も、
ちゃんと理解しています。

かくいう僕も現役時代、
まじめにまじめに全部信じていましたが...
悪化することはあっても、
改善することはありませんでした...

アイシング程度で痛みや違和感が改善するのは「筋肉痛」レベルです。
それこそ「つばでもつけとけ」といわれるでしょう。

本当の「ランニング障害」は、
そんな簡単なものではありません。

現役引退を決める前に...

悩んでいないで相談に来た方が良いです。

今までいろいろと頑張って、
誰に聞いても、
どこにいっても問題が解決しなかったかと思います。

ですので、
半分は諦めムードな気分かもしれません。

また、
今はランニングブーム。
まだ知識や経験の浅い一般のランナー向けの情報は増えましたが...

選手のみなさまなら

「それなら俺の方が詳しいよ」

と思うことでしょう。

そうです、みなさまの方が「経験値」も「練習量」も上です。

しかし、
競技者がランニング障害に悩み続け、
自分と仲間、後輩の症状を改善するために研究し続けている人がいるとしたら、
どうでしょうか?

そう、僕です。

20年以上も陸上競技に携わり、
ずっとランニング、ランニング障害、身体のことを調べ、
改善のお手伝いを続けてきた人間がいたら、
聞いてみる価値があるかも、
そのように思いませんか?

先日も、
遠くは九州から実業団の選手が来てくれました。
まだ10代、
将来はマラソンを目指しているそうです。

足の力が抜けてしまう、
いわゆる「かっくん症」です。

僕はすでに、
「かっくん症」の原因も改善方法も体系化してあります。

もちろん「休めば治る」とか、
迷信というか、神頼み的な方法ではありません。
神様にお願いする前に、
人間でできることがあります。
いえ、やらないと改善できません。

人間の身体は、
シンプルな部分と、
複雑な部分があります。

シロウト考えであちゃこちゃとこねくり回さずに、
プロに聞いた方が確実で早いです。

ということで、
みなさまからのご連絡を心よりお待ちしておりますし、
みなさまのご活躍を心より願っております。

それにしても、
また応援したい女子選手が増えました。
選手はみんなの宝です。
本当に頑張ってください!
コメント