とにかく走ろうよ!

何でも良いから、とにかく走りたい!そんなランナーみなさまへのブログです!

待望のサングラス「エアフライ」

2016-04-26 23:05:36 | スポーツ
待望のサングラスを手に入れました!
いつもありがとうございます。



その名も『エアフライ』です。
ちょっと変わった形状なのが分かりますでしょうか。

ノーズパッドはありません。
コメカミの部分でホールドしています。

これが大発明。

揺れが気になりません。

眩しかったり、
埃などのゴミ除けに、
サングラスがあるととても便利。

集中したい時にも、
サングラスがあると変身した気分になれる。

山を走るトレランでも、
目を守る保護に必要。

しかし、
なかなかフィットするものがない。

この『エアフライ』をつけて分かったのは、
「今まで我慢していたんだ」な、
という感想。

揺れないように、
首が緊張していたり、
大きくて重いけど、
こんなものかな、的なかんじで。

それが、
無くなった途端に、
「あぁ自由」
って思えたのです。

それでもって、
外した時に鼻に痕が残りません。
痕が残っているの、かっこ良くないですよね。

また、
ノーズパッドがない分、
風の通りが良い、
つまり曇りにくいということ。

揺れずに軽くて曇りにくい、
おまけに鼻に痕が残らない、
もうありがたい限りです。

しかもこれで15000円程度。
一か八かなら高いけど、
この品格と使用感だと、
納得の良心価格。

ようやく出会えたサングラス『エアフライ』、
もう手放せません。

女子ウケが良いのも、
個人的に二重丸です!
コメント

ランニングって、もっと自由です!

2016-04-26 14:27:43 | スポーツ


いつもありがとうございます。
スポーツトレーナーの鈴木です。

ありとあらゆるスポーツや症状のご相談を受ける毎日なのです。
そこで、いつも思うのが「みなさま真面目すぎ!」というところです。
僕も、とても真面目の大真面目なので、人のこといえた義理ではないのですが...

しかし、真面目が一番です。
頑張り続ければ、必ず答えが見つかります。

そして、僕が見つけたのは「怪我をしない走り方」です。
ただ、これには「自分にあった走り方」というのがあります。

ところで、ランニングって、とっても自由なスポーツだと思いませんか?
制約が少ないのです。
地面の上を走る、これくらいなものです。
ですので、逆に自由すぎるのかもしれません。

しかし、それなのに「こうじゃなきゃおかしい」的な話が多すぎる気がします。

「姿勢は正しくないと」いけない....
腕を「しっかり振らないと」いけない...
つま先も膝も「まっすぐじゃないと」いけない....
「ペースは一定じゃないと」いけない....
「腰高のフォームじゃないと」いけない....
「月間走行距離は◯◯km以上走らないと」いけない....
「初心者は厚めのシューズじゃないと」いけない...

ランニングって、こんなに「いけないことばかり」のスポーツだったのかしら....

息苦しくなったら---------------------------------------

いろいろなことを考えすぎて、何のために走っているのか分からなくなったら、もう全部忘れて自由に走ってみるのが良いかと思います。
コメント

第5回夏合宿 in みずがき山でインターバルフルマラソン

2016-04-26 10:06:54 | 募集&キャンペーン情報
ぶっ倒れるまで走りましょう!~

今回のテーマは「自分の限界を越えろ!」です。
歩行者、自転車、信号、横断歩道、ペースの違う人etc、なんだかんだいって、普段はどこかで自重気味なはず。しかし、それでは「自分の限界」を越え難いのです。自分の限界、殻を打ち破るには、「環境」が一番大事です。「限界を超える環境」です。とはいっても、肉体行のように、ただ単に苦しめる、痛めつけるだけでは「パフォーマンスアップ」には、つながりません。求めるのは、修行ではなく「パフォーマンスアップ」です!ここのところを理解して、効果的かつ効率的にマラソン練習をしたい方。自分の限界を超えてみたい方。コーチにじっくり見てもらいたい方は、ぜひ奮ってご参加頂けたらと思います!




①きれいなトイレあります
②ザックなしで走れます
③1400mの高地なので、トレーニングに最高!すずしい!
④食堂もあります!美味しくてロープライス!
⑤テントあります(レストで横になれます)
⑥足元ふっかふか!
⑦歩行者皆無!
と、走るのには最高の環境です!


🔹日程:21016年7月17日~18日
🔹場所:山梨・みずがき山
🔹費用:
1泊2日参加:12800円+お宿代7500円
日帰り参加:9800円
※スタッフ便:6500円(7/16土「千駄ヶ谷」23時発~7/18月21時「新宿」着予定)
🔹宿泊:「五郎舎」さん予定
🔹募集:2016年4月27日~6月5日
※6月5日以降のお申し込みでは、お宿が確保できない場合がございます。
※お申し込み後のキャンセルは致しかねます。
🔹定員:25名様(最少催行人数:7名様)
🔹スケジュール
<スケジュール7/17(日)>
*頂上におトイレあります*
8:30~「みずがき山」にてフルマラソンインターバル~17:30下山~18:00~お宿(お風呂&お食事)

<スケジュール7/18(祝)>
起床6:30~7:00朝食~8:00カンマンボロントレラン&公園インターバル~15:00(1次現地解散)~16:00(甲府解散)~ほったらかし温泉~22:30新宿解散予定

<ご参加予定者>
1泊3日:ゆか様、ちはや様、くみこ様、まさき様、たつ様
1泊2日:かずこ様、みわ様
日帰り:7/17日しげこ様、まいこ様、りょういち様
日帰り:7/18月ちか様


参考アクセスーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「韮崎駅~韮崎瑞牆線バス」2060円
8:50~10:05みずがき山荘~徒歩~みずがき山公園10:30
9:30~10:45みずがき山荘~徒歩~みずがき山公園11:15
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
推奨プラン1「1泊3日!夏合宿フル満喫!」
千駄ヶ谷~スタッフ便~1日目ラン~宿泊~二日目ラン
~温泉~スタッフ便~新宿周辺帰着
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
推奨プラン2「時間フリーエンジョイ!」
現地集合:お車などでアクセス、1日目も2日目も自由にご参加
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
推奨プラン3「ポイント練習だけでも!」
千駄ヶ谷~スタッフ便~1日目ラン~韮崎駅へ送迎~電車で帰宅
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
推奨プラン「どうしても参加!」
千駄ヶ谷~スタッフ便~1日目ラン~宿泊~二日目ラン
~送迎~韮崎駅などから電車で帰宅
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みなさまのご要望に応じて、可能な限りご対応、カスタマイズいたします。


<お申し込み>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1)おなまえ
2)おすまい
3)生年月日
4)血液型
5)緊急連絡先
6)当日連絡先
7)集合:「現地」もしくは「スタッフ便」
8)「宿泊」もしくは「日帰り」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


※参加費の納入をもって、受付となります。
※キャンセル不可となっております。
コメント

ランニングで腕を振るのは何のため?

2016-04-24 22:25:58 | スポーツ


いつもありがとうございます。トレーナーの鈴木です。

おかげさまで、先日テレビに出演させて頂きました。「ソレダメ」テレビ東京様です。そして、今回ご紹介させていただいたのが「ランニングで大きく腕を振る、ソレダメ!」という内容でした。もちろん、別に奇をてらってのことではありません。むしろ「どうして振ってしまうのかな?」という疑問が先にありました。ですので、今一度ここで「腕振り」について考えてみるのはいかがでしょうか?

-------------------------------------------------
ランニングの腕振りは、そもそも何のため?
-------------------------------------------------

確かに、よく走るときは「しっかり腕を振れ!」といった言葉を聞きます。もちろん、僕も「腕は振った方が良い」と思っていました。といいますか、振るのが当然だと、何も疑うことなく、それが普通の普通と思っていました。

しかし、ふと思い出してみると「清和君、腕を脇に抱えてごらん!」と言われたことがあります。それは、小学校3年生の体育の時間。石田良子先生。体育の先生でもなんでもない、普通の担任の先生でした。当時でもご高齢だったので、今はどうされていらっしゃるか心配です。

さておき、「脇に抱えてごらん」と言われて、もちろん素直に脇に抱えたら...ピャーっと走れました。風になった気分です。その後もずっと走り続けていた記憶があります。そして、授業の終わりに先生も大興奮して「いい走りだったね!」と言ってくださったのを、今でも鮮明に覚えています。

その後のマラソン大会で、大人に混じって2位だったようなのですが、順位とか、まだよく分からない年頃だったので、後日僕だったことが判明したようでした。そのときも、とにかく「腕は脇に抱えて」走っていました。

そのときは、何が起きているのかなんて全く分かりもしませんし、そんなことはどうでもよくて、楽しく気持ちよく走っていました。その後、「腕をどう使うのが良いのか」ということは、20年後になってわかることになります。

----------------------
肩甲骨って、何だ?
----------------------

確かに、速い選手は「肩甲骨」がよく動いています。だからといって、肩甲骨を動かそうとするのが正しいのでしょうか?また、肩甲骨を動かして、何が走りに良いのでしょうか?

おそらく、医療従事者のみなさまは、肩甲骨が走りに直接関与していないことくらい、わかっていると思います。そう、説明がつかないのです。肩甲骨は、鎖骨と上腕骨の中間にある骨です。上肢帯の一部のである肩甲骨が、何にそれほど寄与しているのか...

もちろん、肩甲骨という意識で楽に怪我なくパフォーマンスを発揮できる人は、それはそれでもちろん良いのです。ですので、それ以上疑問を持たずに、ご自身の好きな走りを頑張って頂けたらと思います。

しかし、肩甲骨を意識しても、腕振りがどうにも気持ちよくないと思う方は、ぜひもう少し読み進んでみてください。

-------------------------------
腕振りでレベルがわかります
-------------------------------

腕振りで、ランナーレベルが透けて見えてしまいます。僕が思う腕振りレベルは、以下の感じです。

初級者:バランス取り
中級者:リズム取り
上級者:推進力を生んでいる

なのですが、いかがでしょうか。腕振りを意識して、肩が上がってすくんでしまったり、足の指の力が抜けずに、靴の中でインソールを掴もうとしたりしていたら....バランス取り以下です。しかし、現役の頃の僕はそうでした。まじめにまじめに腕を振っていました。推進力につながっていると信じて...

昔の自分にあったら、いってやります。「腕は振っちゃだめだよ!」

--------------------------
推進力を生む腕の振り方
--------------------------

そもそも、腕振りが推進力を生むには「運動連鎖」がポイントとなります。

人間や動物の身体が滑らかで、全身のバランスが取れて運動できるのは「運動連鎖」という機能が備わっているからです。この「運動連鎖」が乱れている人は「バラバラな動き」ですし、連携が上手な人は「滑らかな動き」を行うことができます。

パントマイムやロボットダンスのように、バラバラに動いた方が良い場合もあります。しかし、ランニングは全身が一体となって、移動していくことが求められます。一体感が増すような運動連鎖を行うことが、滑らかなランニングに必要なのです。

つづく
コメント

[速報]友香様優勝!

2016-04-24 00:41:01 | スポーツ
チャレンジャーズ®友香様、本日のロゲイニングにて部門別優勝!
コメント