とにかく走ろうよ!

何でも良いから、とにかく走りたい!そんなランナーみなさまへのブログです!

ランニングフォームの話は自由でも、ランニング障害の話には敏感です。

2015-07-29 07:10:01 | トップアスリートのランニングフォームで自
こんにちは。スポーツトレーナーの鈴木清和です。

今回のテーマは「フォームとけが」についてです。

世の中に、さまざまな情報が溢れています。



ランニングフォームに関して、

「こういう方がもっとパフォーマンスが上がる」

と信じたり、

表現するのは、

もちろん「表現の自由」です。

▪️まじめな人ほど怪我をする理由

「まっすぐ正しい姿勢」でないと「怪我になります」という文を見ると、

とても違和感を感じます。

逆に「怪我になった」ら、

「まっすぐ正しい姿勢」をすれば治るのか?

ということもまた真なりなのです。

が、

そういったことはありません。

いくら「姿勢をまっすぐ正して」も、

痛みや違和感がなくなることはないのです。

むしろ、

痛みや違和感を生んでいるケースの方が少なくないでしょう。

でも、

まじめな人は信じて頑張ってしまいます。

僕もそうでしたから。

どんなに痛くても、

「自分ができていないからだ」

と自戒し、

とにかく「まっすぐ」を意識して頑張りました。

人間の身体に、

「まっすぐ」というパーツがないことを知らなかったので。。。。

▪️それならどうしたら良いの?

と聞きたくなると思います。

答えはひとつ

「自分の身体に合った動き」

をすることです。

つづく
コメント

8月ご来光トレラン

2015-07-27 15:21:25 | 募集&キャンペーン情報
2015年8月15(土)~16(日)

ご来光を拝みに、涼しいお山へナイトトレランに行きませんか!

<SMC会員様のみのイベントになります>

夜景も本当にきれいでした!
白んでくる空、幻想的です!
太陽が生まれてきた!
山頂でのうどんも、思い出の味!

<詳細>
▪️日程:2015年8月15日(土)~16日(日)
▪️集合
・武蔵五日市駅:深夜0時
・SMC:21時
▪️解散
8/16(日)朝7時ころ
▪️費用
・武蔵五日市(現地集合):5,000円
・SMCスタッフ便:8,500円
▪️定員
20名様
※最小催行人数7名様
▪️コース特徴
転落や崩落などの危険箇所はございません。
体力レベルは、小学生高学年の遠足程度。
物足りない方は、少し距離を伸ばすこともできます。
▪️準備・装備
・ウェア
・シューズ
・カッパ
・軍手
・ライト:貸出可能(先着2名様:無料)
・ザック:貸出可能(先着2名様:無料)
▪️その他
・山頂にトイレあります。
・走力:平地を5km程度(皇居1周)走れれば大丈夫です。
・雨天:小雨も中止。「ナイトトレラン」から「普通のトレラン」に変更。
※雨天時は、「上川乘」から上がり、浅間嶺を走り倒します(10~18km)。

▪️お申し込み
ブログ右下の「ブックマーク」を押すと、メールが開きます。
「お名前」と「参加」をお便り下さい。
コメント

ランニング障害って、何?

2015-07-26 18:40:25 | ランニング障害改善BOOK
こんにちは。スポーツトレーナーの鈴木清和です。

今回のテーマは、ずばり「ランニング障害とは」です。

さて、ランニング障害を語る前に、

スポーツの怪我について整理したほうが、

分かりやすいかと思います。

分けるから分かる、といった感じです。

▪️ RICE(ライス)処置とは?

スポーツの怪我のお話をする前に、

「RICE(ライス)」処置について学んでおきましょう。

近年、スポーツ医科学も発達して、

また情報も入手しやすくなり、

「スポーツの怪我にはRICE処置」というのが、

ほぼほぼ合言葉のようになってきました。

・Rest:レスト=安静、休養
・Icing:アイシング=冷やす
・Compression:コンプレッション=圧迫
・Elevation:エレベーション=挙上

3つ目のコンプレッションには、止血などの意味も含めるときもあります。

▪️ スポーツの怪我

それでは、いよいよスポーツの怪我を考えてみましょう。

スポーツの怪我は、大きく以下の3分類されています。

(1)スポーツ外傷
(2)スポーツ傷害
(3)スポーツ障害

それぞれの症状や対応策が異なるため、

名称も変えているのですね。

後者ふたつは「しょうがい」と読むので紛らわしいかもしれませんが、

これから詳しくお話しいたします。

▪️ スポーツ外傷

まずは、スポーツ外傷(すぽーつがいしょう)です。

これはそのまま「外力」による怪我を指します。

打撲や切り傷、擦り傷などが分かりやすいでしょうか。

「外傷(がいしょう)」の場合は、

上記、「RICE(ライス)処置」の適応になります。

もちろん、消毒、洗浄も忘れてはなりません。

「衝突や転倒」など、発生機序が明確です。

▪️ スポーツ傷害

次に、スポーツ傷害(すぽーつしょうがい)になります。

こちらは、外力ではないものの、発生機序の分かるものでしょうか。

捻挫や肉離れなど。

こちらも、上述「RICE」の適応になります。

▪️ スポーツ障害

そしていよいよ、スポーツ障害(すぽーつしょうがい)になります。

ランニング「障害」というように、「障害」という字を用います。

これは、ランニング障害がスポーツ障害であることを意味しています。

ランニング傷害という文字は見たことがないと思います。

これは、慢性的なストレスを受け続けて受傷した痛みや違和感を指します。

よって、上述2つとは、様相も、対応も異なります。

スポーツ医科学情報の普及により、「RICE」がすぐに広まりましたが、

「温浴」などの物理療法も存在しています。

日本でも「湯治」などが有名でした。

筋肉が硬くなってしまっていたり、

強張っているのに、

冷やしたら、もっと縮こまってしまいます。

温めて緩めることも、ときによっては必要になります。

▪️ ランニング障害がやっかいな理由

それは、「習慣」に密接な関係しているからです。

誰しも、好きな動き、得意な動きをして生活しています。

スポーツでも、目一杯頑張って全力で、

今の身体になったかと思います。

しかし、原因は、「その動き=身体」だったのです。

▪️ まじめな人ほど危ない

のは、世に言う「正しい」「常識」が自分に合っていないケース。

たとえ間違っていても、「まじめ」に一生懸命頑張ってしまいます。

たとえ間違っていても「できないのは自分ができていないから」と考えてしまいます。

そうではありません。

「頑張る内容」「目指すべき方向」「頑張り方」にズレがあったのです。

▪️ ランニング障害の本当の原因

は、一体なんでしょうか?

「走りすぎ」「年齢」「筋力不足」「柔軟不足」「O脚、X脚」ほか、、、、

それらを改善したら、痛みや違和感はなくなるのでしょうか?

無くならないのであれば、「原因」ではありません。

▪️ 長年の研究の結果

として、「物理的なストレス」が、ランニング障害の本当の原因だと辿り着きました。

それが、「間違えたフォーム」だったり「シューズ選び」だったり。

他にも、様々な情報が錯綜していますが、ミクロでは「ストレス」です。

そしてマクロでは「体型別」つまり「個体差=個性」がポイントになります。

それらを無視して「みんな同じフォーム」というところが、

怪我の原因にもなってしまっていました。

▪️ 誰に聞いたら良いの?

男性は男性に、女性は女性に聞いたり、

さらに、自分の体型とあっている人に聞くのがオススメです。

一番のベストは、それらの違いを知っている人です。

▪️ どこを目指すのか

今の症状に、すぐに効果があるのはもちろんですが、

将来的に、どこの方向を目指しているのかを知っておきましょう。

男女、さらには体型が違うのに「まっすぐ」というのが、

とっても危険です。

▪️ 残念なことに

今、身体に痛みや違和感があるときは、

少なからず何かが間違っていることを、

受け止めなければなりません。

しかし、

受け止めることができたら、

痛みとさようならをするスタートが切れます。

しかし、「O脚」「扁平足」「猫背」なども、

実は「結果」であって、「原因」ではないのです。

本来の目的を忘れて、

「O脚」「扁平足」「猫背」をなおさなきゃ、

となると、

ますますよく分からなくなってしまいます。

そういったところに引っかからないようにご注意ください。

▪️ まとめ

ランニング障害は複雑なので、

一つの症状だけではないときもあります。

しかし、優先すべき症状や、

目指すべき方向性、

照準が合っていないと、

怪我が治るどころか、

ますます痛くなってしまうというときもあります。

「間違いを正す」というよりも、

「自分の身体にやさしく」という方向で、

大切な身体を守ってあげて下さい。


ランニング障害改善BOOK


著書もございます。
立ち読みでも、ご参考頂けましたら幸いです。

また、「やわらか走アドバイザー養成講座」でもお話しております。
コメント

*やわらか走®アドバイザー養成講座のお知らせ*

2015-07-25 15:40:53 | 募集&キャンペーン情報
*やわらか走®アドバイザー養成講座のお知らせ*

~体型、性別、身体能力が違うのだから、走りも違うはず、と感じている方へ~

ランニング、とくに長距離走の走り方を学びたい、教えたいという方のための講座です。現役のランナーの方はもちろん、子供にちゃんと教えてあげたいというお父さん、お母さん、ランニングコーチ、スポーツインストラクターの方、ランニングサークルを立ち上げる方、実際に指導されていらっしゃる方など、みなさまに幅広くお伝えできればと思います。

▪️開講日:2015年8月29日(土)
▪️開講時間:14:00~19:00(途中休憩あり)
▪️募集人数:10名
▪️講習費:32,400円(税込)
※再受講の方:5,000円(税込)
※C'sの方:5,000円、再受講3,000円(税込)
▪️講習内容
<講義>
初級では、ランナーとして一番大事な基本中の基本から学ぶことができます。
・ランニングとは
・身体の構造
・体型別ランニングとは
・シューズの特徴と選ぶときのポイント
・トレーニング10原則とトレーニングメニュー
など

※講習内容は変更される場合もございます。
▪️準備
・筆記用具
・シューズ、ウェア
※実技では身体を動かします。お着替え所ありますが、混雑が予想されます。
▪️お問い合わせ・お申し込み
下記のメールアドレスからのお申し込みになります。
yell[at]zpost.plala.or.jp
(1)おなまえ(ふりがな)
(2)おすまい
(3)生年月日
(4)血液型
(5)その他
コメント

2015SMC夏合宿

2015-07-21 15:45:05 | 合宿
夏合宿に行って参りました!



2015年、SMC夏合宿は、山梨県は山梨市、塩山にある「雲峰荘」をベースにして、周辺のアウトドアをフルに遊び倒して参りました!合宿のスタートは、恒例の「さかあがり」です!「さかあがり」は「さかあがり」でも「坂上がり」です。




ちゃんと正しいランニングフォームを身につけるために、「やさしい接地」と「頑張らない走り方」を身につけるために行います。そして、甲府盆地の下から上まで「登り坂」というのが、絶好のトレーニング環境!現地のみなさまには「あんなところから上がってきたの!?」なんて言われますが、「ランナー」は、「だから良いんです!」ということなのです!




今回の合宿スポットはパワースポット「裂石」地区です。運気アップ!金運アップ!恋愛運アップ!を信じて、「裂石」参りです。そして、今回の裏テーマは「グルメ合宿」です。近所の「番屋茶屋」が定宿ならぬ定飯スポット。まずは、「ワイン豚ほうとう」からご笑味ください。。。。




そして、「桃は皮ごとまるかじり!」というのが僕のおすすめ。というよりも、現地のお母さんに教わりました。遠い過去。これがまた、一度食べたら忘れられない美味しさ。もう、みなさんにも押し売り状態でおすすめしています。もちろん、現地の新鮮な桃ならではの、贅沢な食べ方なのです。「旬のものを、現地の人の、旬の食べ方」で、これが一番のグルメなのではないでしょうか?
※ちなみに、こちらの桃やプレミアムプラムは無料サービス食べ放題!(僕たちだけかもしれませんが。。。)



昼食後、早めのチェックイン!お宿に荷物を置かせていただいて、すぐに裏山へ。古き時代の城の様相を呈する地形。旧堀跡と思われる堀を渡ったり、堀跡らしき中を進んでみたり、城壁らしき跡から飛びおりてみたり。。。初日のお昼すぎにして、すっかりバカンスモード全開です!




にゃんこ好きの方にはたまらない、猫の屋敷もあり、なつこい猫とグーパンチもしました!




さらに、まだまだ初日は続きます。名付けて「山賊の棲家ツアー!?」です。人知れずひっそりと佇む隠れ家的なスポット。ぶら下がるツタで、ターザンごっこをしたり。。。巨大な砂防ダムの上から、甲府盆地を見下ろしたり。。。体の中をさわやかな風が吹き抜け、みなさん、すっかり瞳孔開き気味の、大冒険ワクワクモードでした!




そして、いよいよお宿へ。ちなみに、こちらの「雲峰荘」さんは、美肌の湯で知られています。Ph9.90の高アルカリ泉なのです!しかも、源泉は26℃なので、夏、オーバーヒート気味の体にはありがたくも気持ちよい、最高の温泉なのです!
さらに、提携ワイナリーさんが試飲会を開いてくれています。まるき酒蔵さん。5種類も試飲させてくれます。僕たちだけかもしれませんが、さらに違うのも振舞って頂きました。ワイン好きの僕にはたまりません。



試飲会のワインがほどよく食前酒になり、もうお腹がグーグー鳴ってしかたがありません。運動、温泉ときたら、最後は「ごちそう」でしょう。こちら「雲峰荘」さんは、何と言っても、自家農園や、近所の農家のみなさんからのお野菜などでご飯が作られています!素材もすごいですが、また一手間が本当に「感動」ものです。周辺環境もさることながら、このごちそうによってこちらが合宿地になったといっても、過言ではないのです!



夕食後、一枚岩が特徴の野天風呂を堪能したり、ナイト散歩を楽しんで、軽く飲み会。柳生前キャプテンからの差し入れを頂きながら、普段はできないようなお話で盛り上がりました。



****************
合宿2日目:2015年7月19日
****************

二日目早朝。木漏れ陽が眩しくもうれしい森林浴へ。人工林とは違って、足元まであふれる日差しのありがたみが、なんとなく気持ちよいですね。



そして、何と言っても朝ごはん!こちらの朝ごはんを食べたら、もうアジの干物には戻れません。そして、これが日本一縁起のよい「富士盛り」です!本日は、ちょっぴり長めのトレラン日。しっかり食べて、しっかり遊ぶ!これ基本です!




朝ごはん後は、「おにぎり手作り」タイムです。お宿に用意してもらうのも良いですが、自分たちで作るのも、またいとおかし。自分の食べたい分だけ、にぎって下さい。こちら、お宿からのサービスだということ、内緒です。。。「雲峰荘」のみなさん、ご馳走様でございます!




いよいよ合宿のメインイベント「ぐるっとトレラン」です。昨日の曇り空が一気に晴れて、夏真っ盛りです!鉄塔下の開けた景色も、すごかったですね!




そして、今回のテーマは「地図読み」です。地形的には難しくはないですし、お天気も良いので、絶好のトレーニングチャンス!こういったトレーニングを行っておくことで、ぐんと「山での力」が身につくのです。「迷った分だけ、レベルアップできます」から。ロスト数回、絶叫のやぶこぎ区間もあり、抜け出したときは、やっぱりガッツポーズ!




それにしても熱い!暑い!清水があれば飛び込みたいくらいです!




予定タイムよりも早くチェックポイントへ到着。時間もちょうどお昼時、握り飯のお時間です!持ち寄った枝豆やホタルイカなどとともに、楽しいお昼ご飯でした。というのもつかの間、突然のスコールに襲われました!バケツをひっくり返したような、というのはこういうことなのですね!ガタガタブルブル震えながら、お土産やさんへ。温かいお茶やコーヒーを頂いて、暖をとりました。さきほどの水へ飛び込んだのが、嘘のようです。。。。




雨も、うそのように止みました。ちなみに、こちらは崩落や鉄砲水の心配は一切ありません。再び山へ。これからが本当のお楽しみです!足元やわらかく、走れるトレイルへようこそ!自然林の木洩れ陽がまぶしく、どんどんみなさま幸せそうなお顔へ。。。




とどめは、コケスポット!「ホントじぶりー💕」と、みんなで合言葉のようにモノマネしながら楽しみました。







登りも下りも快適!



落差の大きい難所も、コツを覚えれば、こわくない!ランニングもトレイルランニングも、「体型別の走り方」を覚えれば大丈夫!足の長い人、長くない人、同じくらいの人!みんなそれぞれの走り、体の使い方で楽しく安全に!




あっというまに分岐点。丸川峠に到着できました。空も青く、広く、近い。もう一踏ん張りのために、おやつ補給しました。そして「ポイズンリムーバーレクチャー」タイム。説明書に載っている方法も良いですが、ちょっとの工夫で、とっても効果が倍増します。こういうのは、ちゃんと普段から使い慣れている人に聞くのが、一番です!




トレランのゴールは渓流。頑張った身体には、冷たい流れが最高!魚目線からすると、人間はこんな感じなのでしょうか?遊んでいるのに疲れるはずはない、けど疲れが吹っ飛びます!





無事に帰ってこれました。お世話になった山に礼。「楽しかった!」「気持ち良かった!」連発です!みなさんの笑顔が本当に最高!



日帰り参加も大歓迎!ですが「ランナーですから!」と言葉を残し、塩山まで駆け下りるとか。。。。すごすぎです。



このあとは、恒例のご馳走会。さっぱりと汗を流して、食べましょう!そして、このあと驚愕のレッスン、「体型別カラオケ」でした。それぞれの体型に合った「歌」や「歌手」を紹介し、振り付けつきで盛り上がりました!離れの別館へ泊めて頂きましたので、このようなイベントもできました!ありがとうございます!




****************
合宿3日目:2015年7月20日
****************

おはようございます。合宿も最終日、3日目の朝でございます。若干、みなさまの動きが鈍くなっている気がします。それでも、渓流のせせらぎへ近づけば、また自然と一体化。みなさま、すっかり穏やかなお顔になっています。




が、「お腹空いてきた」ということで、目もお腹もお目覚めのようです。ご飯は、人に作ってもらったからおいしいのでしょうか?いえ、本当においしいから、おいしいのです。




朝食後、チェックアウト。も、「雲峰荘」若女将さまのご好意により、しばらく荷物を置かせて頂いて、さらには温泉も入って帰ってよいとのこと。。。。ありがとうございます!これでまた、心置きなく遊べます!



最終日も、今回の合宿のテーマのひとつ「地図読み」です。拡大地図を片手に、地形や日差し、時間、川のせせらぎなどで方向を確認しつつ、周辺を覚えました。頂上に着く頃、正午。お腹が空いてきたので、下山しましょう。正確な腹時計は、健康の証。お世話になった山へ礼して、番屋茶屋へゴー。





「外にある桃、食べて良いよ!」と、また、食べ放題選び放題!冷たいおそばを作ってもらっている間に、桃でお腹を落ち着かせました。走ったあとにフルーツ、最高です!また、僕の一番のオススメ「プラム100%シャーベット」です!もう「これを食べに来ました!」です。至福のひと時プライスレス!




最終日も午後、じゃっかん気持ちが帰り支度をはじめている方も。いやいやまだまだ。せっかくここまで時間を作ってきたのに、一分一秒を争って帰るなんて、もったいなくないですか?終わり良ければすべて良し、また逆も然り。僕は、最後まであきらめません!?スイムスポットを見つけましたので、泳ぎましょう!
みなさん、ちゃんと泳げるではないですか!はじめは遠慮がちだったのに、ひとたび水に入ったら、笑顔でいっぱいです。僕もライフガードだった泳力で、泳げない方を引いてみました。




暑い熱い夏、最後の最後まで遊びました。

***********
2015夏合宿を終えて
***********

みなさま、お疲れ様でございました。楽しく過ごされましたでしょうか。はじめてご参加の方も、毎回ご参加の方も、みなさんお楽しみ頂けていたらと祈るばかりです。初日のコース迷いも、スコールのような中凍えたことも、僕が足を捻ったことも、全部おもしろハプニングとして良い思い出になっていればと思います。
また、みなさまのチームワークがあっての合宿イベント。本当にありがとうございます。荷物もちから、トレランでもスイーパーや、先頭をリードしたり、桃の皮を剥いたり、おにぎりを握ったり。ご協力ありがとございました。
すべてがすべて、みなさまの楽しい人生のいちページになりますように。

コメント