今日も全力疾走!

「今日より若き日はない」という恩師の言葉を胸に、今でも毎日全力疾走中!

6/22トレランinミストシャワー

2014-06-30 16:34:48 | ランイベント(トレラン、練習会など)


2014年6月22日(日)天気予報は雨。それでも当トレランクラブは結構もとい決行です。なぜなら、「道空いてる」「山も空いてる」「温泉も空いてる」と、全てが快適な一日の予感だからです。
しかも、山もほとんど濡れないという、当スタッフとっておきの極上快適コースなのです。もちろん、秘密です。荒らされるから。トレランマナーもしっかり身につけた、会員様だけが楽しめる、楽しい一日のはじまりです!



駐車場で、最後の点検。飲み物や食べ物、雨具など、みんなで相談しながら決めていきます。今日は、水場はないけど、涼しいから水はこのくらいかな。でも寒いから食べ物はこれくらいあった方が良いかな。
1つずつ経験していくことで、自分で考えたり、対応できる能力が身に付いていくんですね。ベテラン組は、もう本当に頼もしいです。



一番視界が開けるところ。梅雨の時期に来たのは、はじめて。でも、自然が残るこちらのコース、樹林帯の傘の下を進めるので、本当に濡れません。不思議な感じ。
昔の人の雨傘や雨具程度で十分だったのも、なんとなく分かります。


いよいよ下り。マラソンの疲れも吹き飛ぶほどの極上コース!全身から喜びが感じられます!


トレイルランニングをはじめました!という方も、マイペースで参加できるので安心です。こういう安全なコースは、脚にやさしく、気持ちも楽に楽しめるコースです。



最近の荒天による倒木も、楽しい遊び場に早変わり。普段味わえないような環境に、もう目の前に集中、そして没頭、そして笑顔がこぼれます!



「前回はすごく怖いと感じたところが、今日は楽しかった♪」と、上達を心で感じることも出来ました。



汗か雫か分からないですけど、清水で顔を洗います。とっても爽快!



トレイルへの感謝の気持ちを込めて、入る時、そして出る時には「一礼」します。ありがとうございました!


つづく
コメント

正しいランニングフォームとは

2014-06-29 08:20:31 | スポーツ
正しいランニングフォームとは?

ランニングフォームにも様々あるけど、

そもそもランニングフォームを意識するのは何のため?

「やってはいけないランニング」でも紹介したけれど、

基本的に見て目で判断することはオススメしないかな。

「腰が高い」「つま先着地」「重心がブレない」etc

という言葉は、すべて見た目や見た感じ。

そもそも、ランニングフォームを考えるのは何のためだろう?

答えはたった1つ、「速いか遅いか」だけ。

フォームを正したって、遅かったり、怪我をしたら意味が無いよね。

突っ込まれるのが怖いから、無難なフォームで走る。

意識してます、努力してますって、

何の役にも立たないし、結果もついてこない。

ランナーがアピールできるのは唯一、速く走っているとき。

左右差があるとか、

あごが上がっているとか、

踵から着地しているとか、

そんなの一切関係ないよね。

速く走れていれば、何の問題も無い。

だから、自分の感覚をもっと研ぎすませて、

どうしたらスピードが出るのか、

ゆさぶりに耐えられるのかとか、

もっと真剣にランニングに向き合ってみてほしい。

速く走れる人ほど目立つから、

いろんな人にいろいろなことを言われるだろうけど、

自分の感覚が一番大事。

それと、ストライドとかピッチとかも、

あまり気にしなくて良いかも。

調子や風向き、坂などによって変わるから。

それよりもリズムを意識する方がうまくいくことが多い。

それには、自分の回転がスムースかどうかをチェックすること。

足運びを意識すると力みやすい。

だから回転が生まれているかがポイント。

身体に痛みや違和感があるときは、

実はチャンス。

その痛みや違和感が発生しないところを探しやすいから。

痛みが強いときは、

それだけ癖が強くなっている。

だから、それだけ今までと違う動きが必要になる。

それは、とても変な動き、感覚かもだけど、

これが「正しい」と頭で決めつけて、

何も変化させないのは時間の無駄。

あっという間に数週間、数ヶ月・・・

ぼけっと過ごしては損。

毎日ちょっとずつ意識すれば、2~3日くらいでよくなるものが多い。

それもペースを落とすこと無く過ごせる。

という感じで、

いつでもやることは沢山。

ランニング、

ただ走るだけのようだけど、

沢山のことを考え、感じることが必要。

変に頭で決めつけず、

本当の目的を達成しよう。
コメント

つま先がポイント

2014-06-26 08:50:30 | スポーツ
つま先がポイント

左足を回す時、

踵を引き上げがちだけど、

つま先をあげるのがポイント。

踵であげる方が楽だけど、

それが「癖」。

右コーナーと意識して、

ふくらはぎにちょっとでも力が入ればGOOD!

はじめはすごく変な感触だけど、

2~3日すれば慣れるよ。

Let's try!
コメント

HIKISHIMEブートキャンプ!?

2014-06-23 09:51:52 | 募集&キャンペーン情報
大和書房

「スキップウォーキング」という本が出版されました!

ありがとうございます!

ということで、恒例の「著者と一緒に確かめよう!」改め、

HIKISHIMEブートキャンプ

ということで、

書籍の内容を一気に一緒にやり遂げ、

本格的な夏を前に、

少しでもみなさまのHIKISHIMEのお手伝いを出来たらと思います!

★詳細★

■日程:2014年7月12日(土)

■時間:15:00~18:00

■資格:以下の条件全てを満たす方
・「スキップウォーキング」大和書房をご持参&ご一読の方
・健康な方(医師に運動を止められていない方)
・集団行動のとれる方

■定員:20名様
※定員になり次第締め切りとなります。

■費用:1,000円
※当日お支払いで大丈夫です。
※イベント参加費、スポーツ障害保険費込み

■お申し込み
以下のメールよりお申し込み下さい。

(1)おなまえ
(2)ご返信先メールアドレス
※同じ場合は不要です。
(3)ご住所
(4)生年月日
(5)血液型
yell[at]zpost.plala.or.jp
コメント

一緒に頑張ろう

2014-06-19 20:17:51 | トップアスリートのランニングフォームで自
一緒に頑張りましょう。

輝いていたときを取り戻そう。

そして、もっと輝くように期待されているはず。

それを忘れてはいけない。

覚えているかな、燃えていたときのことを。

今、たまたま調子が悪いだけ。

でもそれは、少しがむしゃらすぎたのかもしれない。

そして、ちょっとのズレがあったのかもしれない。

「正しいランニングフォーム」なんて存在しない。

もしもあるとするならば、

「全力で走れるかどうか」だけ。

正しいフォームなんて速く走れない、

正しいフォームで痛みが引くわけでもない。

だから、そういう正しいとかにとらわれないように。

まじめだから良いというわけではないの。

もっと、自分を感じること、

その作業と手順を紹介します。

だから諦めず、全力で走れるように、なろうね。
コメント