とにかく走ろうよ!

何でも良いから、とにかく走りたい!そんなランナーみなさまへのブログです!

ヤマケイJOYに出させていただきました!!!!

2006-11-30 22:48:26 | メディア情報
前回のライターK原さんの時もとっても熱心に取材にしていただいたのを鮮明に記憶しています。
そして、今回のガッツさんの体験取材も、とってもやり甲斐があって、とっても楽しかったです。
何より、前回に引き続き今回も橋渡しをして頂いた編集部のMさんにもお会いできて嬉しかったです。
みなさま本当にありがとうございます。



*お知らせ*
山と渓谷社「ヤマケイJOY」誌にご縁を頂きましたので、読者の方にもご縁を…ということで年内にこちらの「ヤマケイJOY」をお持ちの方は\990-分キャッシュバックセールをしちゃいます!
でも、マンツーマンの完全予約制なので、ご希望日時が埋まっていたらごめんなさい。
コメント (2)

祭り寿司を食す

2006-11-27 23:02:57 | インポート
祭り寿司って今どきの人たちは知ってるのかなあ?
かく言う自分も初めて食べた。

分かりやすくいうと金太郎飴のお寿司版かな?こちらが先かな?
とにかく祭り寿司は日本の文化らしい。
まあ、楽しくておいしければ良いか。
なんて適当なこというと怒られそう。

みなさんは目でお楽しみ下さい。

目で楽しみ、香りを楽しみ、舌で味わう。う~ん贅沢。
でもこれ、自分で作ったらもっと楽しいのかも。
コメント

坐骨神経痛はストレッチングと動き方で

2006-11-24 23:08:55 | 腰の痛み
坐骨神経痛に悩まされた方がいらっしゃるようなので、対処法を簡単にご説明いたします。

一口に坐骨神経痛といっても、いくつかのケースに分かれています。今回は、神経の絞扼障害によるケースについてお話いたします。

さて、坐骨神経に限らず、神経は全身の筋肉や骨の隙間をすり抜けて体中に巡っています。そして、いくつかの通り道で神経を絞扼つまり押しつぶされたりしてしまいます。このとき、神経が傷つけられてしまうので、しびれや痛み、筋力低下などが起きてしまいます。したがって、この神経を絞扼している部分を見つけ出し、緩めてあげることで、まず、症状は軽減します。

そして、ここで終わらないのが、スポーツマイスターの仕事。
 
神経絞扼の原因となっている部分が緩んでも、同じ動きをすれば再び神経を絞扼するでしょう?当然ですね。そこで、原因となる癖を見極め、本来人間が持っているストレスの無い動き方を感じ、覚えることで再受傷を防ぎます。これが出来れば安心でしょう?

まとめますと…痛いところに何か貼ったり塗ったりしても、改善には向かいません。先ずは、神経を刺激している部分を見つけ出し、緩めなければ神経症状は絶対に収まりません。そして、何故その部分に問題が起きたのかを見つけ出し、その改善に努めなければ…いつまでも「痛い」思いをしなければなりません。

スポーツマイスターズコア
アスリートリハビリ
http://www16.plala.or.jp/sportsmeister/
コメント (1)

六甲全山縦走大会?

2006-11-22 23:45:48 | インポート
明日、タイトルにある大会が開催されます。
この大会は、明け方から夜まで、50km以上もひたすら歩き続けるという大会です。
そして、この凄い大会に出場される方とトレーニングをしました。

トレーニングと聞くと歯を食いしばって重たいものを動かしたり、特殊なマシンを使って能力を高めたり…ということを想像しがちですが、残念ながらそのようなことはしません。

今回トレーニングパートナーとして完走プロジェクトのお手伝いをさせて頂いた方は、いわゆる「頑張りすぎ症候群」とでもいいましょうか…いろいろと頑張って自分の身体を壊してしまった…という状態です。以外と多いんですよ、こういう方。

とにかく頑張る方が成果が出ないばかりか自分の身体を壊してしまうなんて言語道断!
というわけで、「身体と地球に優しい歩き方をマスターする」というトレーニングを行いました。

明日、到着後にお電話をいただけるということですが…
コメント

スポーツの怪我は分けて考えましょ

2006-11-13 21:54:11 | インポート
スポーツの怪我がいつまでも治らない方へ

スポーツの怪我からスポーツ活動に復帰するには、「組織の修復」と平行して「原因の解消」が必要課題となります。

例えば、膝の関節がねじれていて怪我をしてしまった場合です。ねじれたまま筋トレをしても、筋肉は付き難いでしょうし、偏った筋肉がつきます。これでは折角のトレーニングも逆効果になってしまいます。これは、ねじれていることを見逃しているためです。しかしこのようなケースは少なくないのです。自分の膝が正常であると確信して言える方が多くないのと同様なのです。

「そんなの専門家にしか分からないよ」

「はいその通りです」

スポーツマイスターズコア
アスリートリハビリ
http://www16.plala.or.jp/sportsmeister/

コメント