とにかく走ろうよ!

何でも良いから、とにかく走りたい!そんなランナーみなさまへのブログです!

ランニングを楽しむ4つのコツ

2018-05-01 08:28:10 | スポーツ
苦しいだけ!痛くなった!ちっとも楽しくない!いえいえ、走るのは楽しいです☆

いつもありがとうございます。鈴木です。
新年度がスタートしたと思ったら、もうGWです。
時間の流れに負けていませんか?
そして、今が一番ランニングをするのに楽しい時期です!

「以前、走ってみたけど楽しくなかった」
「記録も伸びないし、もう飽きた」
「足が痛くなったから、やめた」
「みんなについていけないから、苦しいだけ」

ランニングではなく、他に問題があります!

当プロサポートは、自分の身体が一番大事なアスリートの方はもちろん、お医者様や医療従事者のみなさま、プロコーチのみなさまにも多くご利用頂いております。

その1「以前、走ってみたけど楽しくなかった」

そして、よく聞くのが「以前、走ってみたけど楽しくなかった」というもの。
この原因は、ほぼほぼ「シューズが合っていない」からです。
シューズは、自分と地球の唯一の接点です。
このシューズ選びを間違えてしまうと、本当に楽しくないです。

かくいう私も、他人のシューズでは走る気も起きません。
というか、走れません。
身体が嫌がるのです。

走るのが楽しくなかった方、一度シューズを変えてみてはいかがでしょうか。

その2「記録も伸びないし、もう飽きた」

燃え尽き症候群?なんて言葉を聞きますが、走り始めて30年の私、今の方がますます走るのが好きになっています。距離次第では、今の方が速い瞬間もあって、「もっと早く知りたかった」なんてことが沢山沢山あります。

ところで、いくら練習をしても記録が伸びないのは、
ほぼほぼ「練習がワンパターン」だからです。
同じことを繰り返しても、記録は頭打ちです。
「いや、いろんなことにチャレンジしてるよ」
と言われるかもしれません。

では、「走りの何にアプローチしました?」
という問いに答えられますでしょうか?
これは、誰かにではなくて、「自分」に答えてみると良いでしょう。
きっと、「速い人がやっていたから」「とにかく頑張った」という回答ではなく、
「自分のノビシロはここだから」「身体が喜んでいるから」となったら、
間違いなく記録も伸びてきます。もちろん、怪我もしません。

その3「足が痛くなったから、やめた」

走って足が痛くなるのは、すべて引っくるめて「ランニング障害」と呼ばれています。しかし、私は、本当のランニング障害は「走れなくなってしまうもの」と定義しています。

それまで、アイシングなどで済ませていたけれど、痛みや違和感が我慢できなくなってしまうほどの状態になってしまい、いつしか走ることから離れてしまった...というケースは、本当に多く聞きます。とくに、アスリートみなさん。

これらの原因は「間違い情報」が原因です。「補強」「ストレッチ」「インソール」「テーピング」「マッサージ」「治療」など、正しいと信じてきたものが、全部ミスマッチしているからに他なりません。

信じてきた分、残念だとは思うのですが、切り替えないと、治るものも治りません。ですので、今までと違うアプローチ、方法を探されることをお勧めします(メンタルとか、精神的な方向ではありません)。もちろん、当サポートは世界でも最新のアプローチで、一番お勧めです(というよりも、他の方法では治りません)。

その4「みんなについていけないから、苦しいだけ」

とても難しいのが、こちらの問題。

旧友や仲の良い職場の仲間と入ったランニングクラブ...なのに、息苦しい。みんなは、どんどん走れるようになっているのに。こういったものも、本当によくあるケースです。

「職場や家に近く、通いやすいから」「費用が安いから」「友達が楽しそうだから」は良いのですが、肝心の自分が楽しめていない...やはり、他のクラブを探してみるのがお勧めです。クラブは、どこも同じでもありません。とはいっても、何を基準に探したら良いのか分からないのも実際問題です。そこで、以下にいくつかのポイントをご紹介します。

①誰がやっているか
②どんなことをやっているか
③どのくらいの規模でやっているか
④どこでやっているか

いかがでしょうか。幾らで入れるかは、重要ポイントからは外れています。

まず、「誰がやっているか」です。名前や実績も大事ですが、指導員自体が「走るのが好き」かどうかがポイントです(好きと言って、今走っていない人は...どっち?)。
次に、「どんなことをやっているか」です。今までやっていた内容と同じようであれば、今のクラブの人が嫌で変えるだけになってしまいますし、変えても同じことが起きる可能性があります。そうではなく、自分が求めているような、「面白そう」「楽しそう」なプログラムを実施しているところを探すのがポイントです。
また、「どのくらいの規模でやっているか」というのも調べてみましょう。基本的に、費用が安いのは「手がかからないから」です。1000円や500円、さらには無料って....ほぼほぼ自分は見てもらえると考えないほうが良いです。

当サポートでは、練習会の4000円が最安値です。そして人数も20名様まで。クラブやチームも40名様までです。

クラブやチームの会費をみると、月会費の他に、3ヶ月や半年、一年とあります。これは「お互いに良い関係」を結ぶための、みなさまの「意思表明」なのです。指導者側も、一回限りの方よりも、ずっと通われる方、来週もお越しの方のことを考えたいのです。これは、すでにある「プログラム」に、みなさまを「落とし込んで(はめこんで)」いく方法とは違うからです。

ただ、この方法にも合う合わないがあります。ですので、他所からこちらへお越しの方も大歓迎ですが、こちらで合わない方は、他所を探されることをお勧めしたりもします。

まとめ

ランニングは「自由」なスポーツの代表です。自分の心と身体が喜ぶ、楽しいと感じるような環境を探し、いつまでもお楽しみください。

みなさまとのご縁を大切にするプロサポートは....
スポーツマイスターズコア®
「骨格ランニング®」
「3軸理論®」
「Kinetic Chain Control®」
「Challengers®」
こちらのプログラムは世界でもオリジナルです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ラン段位 | トップ | 言葉は心の写し鏡 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事