今日も全力疾走!

「今日より若き日はない」という恩師の言葉を胸に、今でも毎日全力疾走中!

夢を叶える人の(共通点)

2018-11-27 11:07:06 | 夢の叶え方






はじめに本記事の「まとめ」をしますと、


・夢を叶える人は(素直)な人が多い
・はじめは(よく分からない)けど、あとから分かる
・敵と味方を(間違えない)人
・目的が(はっきり)している人


こちらになります。ご興味のある方は、ぜひお読みください。




はじめに記事内容を掲示いたしましたので、あとはその説明になります。順を追ってご説明いたします。




・夢を叶える人は(素直)な人が多い


まず成功する人の共通点は(素直)である人が多い。ただここで難しいのは(盲目)ではいけないところ。基本的に世の中は、商売商売なものが先行しやすい資本主義社会ですので、広く知れ渡っていたり普及している情報を鵜呑みにするのは大変危険です。
ここでいう(素直)とは、(目的)に(素直)というものです。たとえば(走るのには腹筋が必要なんだって)(怪我をするのは体幹が弱いからだって)(体幹がぶれるからタイムが出ないんだって)というように、(速くなる=腹筋)(怪我がなおる=腹筋)となってしまうのが(盲目)な状態です。
結果を出すためには(過程)が大事なのですが、その(過程)が本質的なところとぶれていることに気がつかずにただ(努力しました)的な状態では、いかに才能があっても(結果)はついてきません。
本質的な部分を見つけるのは本当に大変ですが、本物をみつけ(素直)に行動できる人が、やはり(夢)を掴める人の共通点です。



・はじめは(よく分からない)けど、あとから分かる


そもそも、(夢)とは(自分のキャパシティ)を超えていることがほとんどです。すでに実感していて、(夢)までの道のりが見えているのであれば、ただ実行するのみです。しかし、その(夢)への進度が遅くなったり停滞したり、さらには遠ざかったりしてしまうこともあります。そのようなときに、誰かに(師事)を仰ぐことになるのですが、このとき(はじめはよく分からない)というのが当然なのです。
(はじめはよく分からない)けど(素直)に聞いて実行する人、これがやはり(夢)を叶える人の共通点になっています。(無我夢中)というのは、そういう状態なのかもですね。



・敵と味方を(間違えない)人


夢は(自分のキャパシティ)を超えていることが普通です。いいかえると(自分の経験則・アイディア)の中には存在しないのです。そこで誰かに師事を仰ぐことになるかと思うのですが、師事を仰ぐ人(コーチ)は完全に(味方)です。また、コーチはあなたと会っていないときも、あなたの(夢の実現)への道筋をずっと考えてくれています。あなたが合ったときに(今日も話が難しい)と思うのは、あなたよりも(何歩も先を考えてくれている)からにすぎません。ですので(何言ってるんだこいつ)と思うのは非常にもったいないです。はじめは(素直)に聞いて(良く分からない)けど(自分のためだ)と実行できる人、それが夢を叶える人の共通点な気がします。



・目的が(はっきり)している人


夢を叶える人の共通点は(目的)がはっきりしている人が多いです。

・みんなに自慢したい
・自己表現、自己実現をしたい
・誰かに恩返しがしたい

人それぞれだとは思うのですが、やはり(目的)がはっきりしている人が(夢)を叶えることが多いです。



冒頭の繰り返しになりますが、(素直)に(実行)できる人、それが(夢)を叶えるひとの共通点なのではないでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【祝】私(夢)が叶いました... | トップ | 【お知らせ】チャレンジャー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

夢の叶え方」カテゴリの最新記事