とにかく走ろうよ!

何でも良いから、とにかく走りたい!そんなランナーみなさまへのブログです!

「正しい」登り坂練習と、「逆効果」な登り坂練習

2018-07-11 23:51:13 | トップアスリートのランニングフォームで自






誰もが避けて通れないのが、坂道





今回は、「登り坂」についてのお話です。






当合宿では、基本的にはじめが「登り」というのが定番です。ただこれが、ちゃんと「正しい」登り方が出来れば「成長」でき、逆に「間違えた」登り方をすると「逆に遅くなる」という、恐怖の特訓場なのです。そして、何が「正しい」かといいますと...





◯◯◯◯ができているかどうか





ここが第一のポイントになります。また...




適切な◯◯◯◯の中の◯◯◯◯ができるようになる、これが登り坂の最大のメリットであり、登り坂練習をする目的となります。




逆に、登り坂で「歯を食いしばったり」「筋肉痛」になるのは、間違えてしまっています。脚が太くなり、足が遅くなります。





もちろん、みなさんが習得できるようにレクチャーみっちりたっぷり行います。




今年の夏合宿は、ご参加の選手が伸び盛りなので、効果も成果も本当に楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2430通りの走り方

2018-07-07 22:59:46 | トップアスリートのランニングフォームで自





私が知る限り、簡単に「2430」通りの走り方があります。




それは、「骨格」の違いです。




今回の女性は「1846」番目の走り方です。




みなさん、こんなに身体が違うのに、「まっすぐ」の一言で終わり?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ランナーの風」を感じて欲しい!

2018-07-05 20:22:28 | トップアスリートのランニングフォームで自





走る




日本語では、この「走る」の一言ですが、英語では「ジョギング」「ランニング」と分けられています。






駆ける




いえ、日本語にも「駆ける」という言葉がありました。ですので「走者」「駆者」と呼んでも良いのかもしれません。





さておき、この「ジョギング」「ランニング」の違い、ちまたでは「速度(スピード)」によって分けられているようです。たとえば、6分〜/kmくらいはジョギング、それ以上速いのがはランニング。




しかし、私はそうは思いません。




ちゃんと走れている人





これが「ランナー」です。速度には関係ありません。逆にいいますと、速くても「ジョガー」となってしまうことも、あります。ただ、速くてジョガーであれば、ランナーになれば、もっと速くなれるということです。これを並べてみると...



速い:ランナー=限界まで出し切れている
速い:ジョガー>もっと速くなれる
遅い:ジョガー>もっと速くなれる
遅い:ランナー=自分を出し切れている
このようなかんじでしょうか。




ちなみにですが、私は「ジョギング」と「ランニング」の違いは「正しい骨格運動」ができているかどうか、ここがポイントだと考えています。そして、その「正しい骨格運動」とは何かと言いますと...




フェイズ




この「フェイズ」と呼ばれる「動きの流れ」が正確であれば、「正しい骨格運動」つまり「正しく走れている」ことになります。そして「ランナー」と呼びます。一方で、動きが流れていなく、力任せに走ってしまっている場合は、残念なのか「ジョガー」となってしまいます。




そして、なかなか判別がつきにくいかと思います。しかしこれが、簡単に分かる方法があります。





「向かい風」に強いかどうか




ここで、「正しく走れている」かどうかが分かります。もちろん、向かい風に負けない走りが「正しい骨格運動」ができてる、つまりランナーです。逆に、向かい風に負けてしまう、押し戻されてしまう、という方は、「正しい動き」ができていないのです。




今日みたいな風の強い日、ぜひ「ランナーチェック」に走りに出てみるのも良いかもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3つの走り方

2018-07-02 18:03:24 | トップアスリートのランニングフォームで自

***画像は本文とは関係ありません。





ランニング、ただ走るとはいっても、最低でも「3つ」の走り方を覚えないと怪我をします。





最低でも「3つ」というのは、「平地」「登り」「下り」となります。





よく、「走りの引き出し」なんていうのですが、分かりやすくは、この「3つ」の走りを覚えていて、コースに応じて「使い分ける」というのが、トップ選手のやっていることです。




では、実際には、どういうことをやっているのかというと...





つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フルマラソン、はじめの1kmと最後の1kmは同じ?

2018-06-19 08:17:28 | トップアスリートのランニングフォームで自




私の練習会は、基本的に「マラソン」対策をしています。



それも「フォーム」にこだわっています。



しかし、いわゆる「正しいフォーム」ではありません。



なぜなら「正しいフォーム」は「もたない」からです。



崩れるフォーム、それはそもそも「正しくない」のです。



「持つか持たないか」「崩れるか崩れないか」ではなく、



「持つように」「より自分らしく」というのが本当です。




はじめだけ調子が良いのではなく、



最後の1kmで調子が一番出てくるように、



そういう走りを身につけてもらえるようにとサポートしています。




フルマラソンも楽しく完走するサポートは...
スポーツマイスターズコア
体型別のスポーツ動作に、大変ご好評頂いております!

+++++++++++++++++++++++++++++++++

鈴木トレーナーがランニング障害を追求する際に、見つけた情報をまとめたものはコチラ...
※出版後、即重版&翻訳され海外出版決定!ありがとうございます※

トップアスリートのランニングフォームで自己記録がぐんぐん伸びる本
STUDIO TAC CREATIVE

※アフリエイトではありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加