とにかく走ろうよ!

何でも良いから、とにかく走りたい!そんなランナーみなさまへのブログです!

ランナーのみなさん!フォームって変わりました?

2018-09-22 19:00:25 | 楽しいランニング



ランニングを行うにあたり、切っても切れないのが「ランニングフォーム」のお話。分かっているようで分かっていないかもしれない「ランニングフォーム」について、シーズンが始まる前に、もう一度考え直してみよう!





ーーーーランニングフォームって、そんなに大事なの?

→切っても切れないほど重要です。

ランニングフォーム次第で、速く走れることはもちろん、怪我の予防、解決策にもなります。



ーーーー理想のランニングフォームってあるの?

→一人一人異なります。

いわゆる一般的な共通言語として「これが正しい」的な話も耳にしますが、一人一人身体が異なるので、一人一人のフォームがあると考えるのが自然です。ちなみに、私は最低でも2430通りのフォームがあると解明しています。



ーーーーフォームが悪くて困ってます。。。

→自分に合っていないフォームで走ろうとしています。

自分の身体に合っているフォームで走れば、やはり美しくもカッコ良いものです。フォームが崩れる、カッコ悪いというのは、自分に合っていないフォームをイメージしているケースがほとんどです。「フォームを直そう」というより、自分の「フォームを見つけよう」というのが私の見解です。



ーーーー正しいフォームを意識すると、力んで走れません。。。

→フォーム(形態)とポスチャー(姿勢)を勘違いしているかもしれません。

大きな括り(くくり)では、フォームはパフォーマンスを発揮するためのものです。このとき、エネルギーは外向き(開放性)の運動になります。一方で、姿勢を意識するポスチャーでは、エネルギーは内向き(閉鎖性)の運動になります。背中が丸くなり肩が上がるのも、腰が落ちて顎が出るのも、姿勢を意識した当然の結果のようです。


ーーーー正しいフォームって、まっすぐ意識すれば良いのですよね?

→人により、異なります。

何を意識するかによりますが、人間の身体にまっすぐの部分がありません。何かに対してまっすぐを意識してしまうと、やはり力んで縮こまった動きになってしまいます。よりリラックスして走るには、まっすぐよりも、リラックスのほうが良いようです。


ーーーーいつまで経ってもフォームが良くなりません?

→残念ながら、やっていることが一つも合っていないかもしれません。

基本的に、フォームを意識し始めたら、すぐに何かしら変化が起きます。もちろん、継続は力なりです。半年、一年かかってもカッコ良く走れない時は、身体の使い方が間違っている可能性が大です。ちゃんとフォームについて知っている人に聞くのが良いです。もちろんポスチャー(姿勢)ではないですから。
コメント

ランナー必見!速くなりたい人の「新テンポ走」

2018-05-07 23:57:17 | 楽しいランニング

※本文と画像は一切関係ありません。

速くなりたい!

私のところへお越しのみなさまの85%の方の願いです(ランニング障害と被ります。15%は他のスポーツ)。自分がもともとランナーで、ランニング障害を専門としていますので、当然といえば当然かもです。

さてところで、いつもお話しているのですが、「ランニング障害は100%」で「トレーニングは自己満足」とお伝えしています。「その痛みにはコレ」というプログラムはあっても、「こうすれば速くなる」というプログラムは、誰も断言できない気がします。

ただ、「速さ」の要素は「科学的」に評価することができます。この「科学的」な視点から、自分がアプローチするべき「課題」が見えてくるのではないかと見ています。共通言語にもなります。そして、日本でも、ようやく「着地」がどうのという話になってきました。しかし、ランニングはとくに「流れ」で捉えるものと考えています。

そこで、世界的にも先駆けで「ランニングフェイズ」を提唱しています。従来は「ストライク」「スタンス」「キック」程度のレヴェルでした。しかし、これでは人間の細かい動きの情報交換をするには役不足です。そこで「IC」「Pull」「BDC」「Push」「DE」と分けてみました。

ちなみに、なぜこのような分類が必要かというと

つづく
コメント

頑張りたいランナー必見!新テンポ走

2018-05-02 09:37:54 | 楽しいランニング

※画像と本文は一切関係ありません。

間も無くアップします。







「楽しいランニング」成美堂出版
コメント

ラン中上級者必見!DNFも作戦のうち!?

2018-03-25 20:17:10 | 楽しいランニング
いつもありがとうございます。
まじめで素直なトレーナーの鈴木です。

そして、Challengers®のタッキーさんが、
練馬こぶしにて、
やっぱりPB更新されたということです!

オメデトウゴザイマス!!!

還暦にして、
さらに記録を更新されるのは、
どれだけの成長が必要なのかは、
想像するのに難しくはないはずです。

ですので、本当にオメデトウゴザイマス!

イメージ

さて、
みなさまからお寄せ頂く華々しい成果の陰で、
やはり思うような結果が残せなかった方たちがいることも、
これもまた事実です。

ただこれが、
次につながらない経験と、
次につなげるための経験であることがあります。

今回は、
大切なお二人に、
途中でリタイアするであろう作戦をご提案させて頂きました。

そして、
見事にお二人とも「DNF」です。

なんと、
これが作戦通りというのだから、
混乱してしまうかもしれません。

ただそれが、
マラソンには必要なときもあるのです。

結果が出た時は、
みなさんの頑張りが実を結んだ結果です。
結果がでなかったときは、
僕のプランニングの問題です。
とにかくみなさんは、
胸を張って歩んでください。

ということで、
みなさんの可能性を信じてやまないトレーナーは...(^-^;)
スポーツマイスターズコア
体型別のスポーツ動作に、大変ご好評頂いております!


「楽しいランニング」成美堂出版

※アフリエイトではありません。
コメント

【ランナー必見】素直が一番というお話

2018-03-24 23:06:44 | 楽しいランニング
いつもありがとうございます。
まじめで素直なトレーナーの鈴木です。

今回は「素直が一番」というお話


明日の佐倉に向けて、前日最終調整中です

まだまだシーズンが続きます。

連戦連戦で頑張られるみなさまも、
今シーズン最後の大会に向けてのみなさまも、
来シーズンに向けて仕切り直しを考えられているみなさまも、
やっぱりおすすめなのは...

素直が一番

というお話です。

マラソン、ランニングに限らないのですが、
「教わる」こともあるかと思いますが、
逆に、
何かを「教える」こともあるかと思います。

もうお分かりかと思います。

せっかく教えても、
自分なりに解釈をしたり、
調子よく過ごしている人は...

全然、覚えなかったり、
何度も聞き返したり、
聞いてもやらなかったり、
だからいつまでも変わらぬことをやってたり...

って、
結構問題児だったりしますよね。

そうなんです。

反対から見るとよくわかるのですが、
やっぱり「素直に聞く人」は、
やっぱりどんどん成長していくのです。

教える側から見ていても、
素直な人には、
どんどん教えたくなるし、
心から結果を出して欲しいって、
思いますよね。

ということを知っているので、
僕は教わるときは、
何でも素直に聞き、
取り入れることにしています。

取り入れないなんて、
失礼を通り越して、
無礼になりますので(^-^;)

そして彼女、
明日は果敢に攻めていきます。

最低と最悪の事態を想定しつつ、
その中から未来を切り開いていくと思います。
素直な彼女、
本当に応援しています。

ということで、
素直なみなさんのお手伝いを生きがいとしているトレーナーは...(^-^;)
スポーツマイスターズコア
体型別のスポーツ動作に、大変ご好評頂いております!


「楽しいランニング」成美堂出版

※アフリエイトではありません。
コメント