キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

スッポンの赤ちゃん  家和楽の水際で

2018-08-15 19:57:30 | 生き物


今年は猛暑のせいか、虫たちも、鳥たちも、蛙も、蛇も、
例年になく少ないです。

私たちにとっては、蚊、蜂、虻、蛇は少なくて幸いですが、
種々の生き物がたくさん見られないのはさみしいです。


  ・・・・                  ・・・・ 


川辺のキャンプ場はさぞや涼しいだろうと思われますが、
風のないときは暑く、夜になっても気温が下がる日ばかりではありません。
それでも、緑豊かな大きな木の下は気持ちいいものです。
そばを流れる川は見ているだけで涼を得られるものです。

川原の石は焼け、水際まで歩くのはアッチッチですが、
川辺は風があり、水遊びや稚魚すくいをしていると暑さを忘れます。

先日、魚すくいに興じていたお子さんが、なんと スッポンの赤ちゃん を見つけました。

  

  

  

お父さんはスッポンモドキがいたとおっしゃいました。
スッポンモドキ!?  それって何!? と思いましたが、
ちょこっと 調べてみると、スッポンモドキは外来種でした。

スッポンは陸上を歩くことも出来、水かきの付いた足には爪が3本あるとのこと。
モドキはほとんど水中で暮らし、ウミガメのように四肢はヒレのようで、前足に
2本の爪があるとか。

お子さんが見つけたのは、在来種のニホンスッポンだと判明。
彼は飼育したいといい、お母さんは絶滅危惧種になっていないかと心配されていました。

どうやらニホンスッポンは養殖が多く、データ不足のため絶滅危惧種になっていないようです。
スッポンモドキはオーストラリア北端とニューギニア南部に生息しているのを
ペット用に捕獲、輸入されていたものの、捕り過ぎで今は絶滅危惧種となっているとのこと。

スッポンもスッポンモドキもカメ目。 
カメさんは陸上に産卵。しかもかなりの数の卵を産むはず。
こんなに小さなスッポンが家和楽の水際で見つかったのだから、
きっとまだ何匹もいるに違いありません!

昨日のお客さんにスッポンの赤ちゃんがいた話をしたら、
「捕まえられなかったけど、見ました!こんな小さなの。」

やっぱり! たくさん孵ったんだ。 ワクワク。 私も見て来ようっと。









 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2018 お盆のキャンプ場 | トップ | 農友会ローバークルー部 の... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生き物」カテゴリの最新記事