キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

久慈川の川蟹 

2014-01-20 22:36:11 | 生き物

ご近所の方に川蟹2匹をいただきました。
この方は根っからの川好き、釣り好きで1年を通じて久慈川であらゆる漁を楽しんでおられます。
この寒いのに籠を沈めて川蟹を捕って来られたようです。
寒蟹!?

                                                                      

大きな足の長い海の蟹の赤く茹だったのはおおご馳走ですが、私にはこの川のモクズ蟹というのは
どうもご馳走には見えません。 爪に生えている毛が何とも気持ちよくないのです。 
このカニ味噌が美味しいのだとか、すりつぶしてみそ汁にするといいとか言われますが、、、。

どうしたものか!? 

まだ小さいから川に戻そうと言いましたら、主人がブラシで洗って泥を吐かせて茹でることになりました。
ネットで調べて見ましたら、水から20分茹でるとありました。 
逃げ出さないようにお鍋の蓋を押さえているようにとの注意もありました。
茹であがったら、甲羅を下にしておくとカニ味噌が流れこぼれないとも。

私は食べたくないな~。
でも、爪や足や腹部の殻を切って煮てスープを取っておこうと思います。
生き物の命をいただくには十分に無駄なくいただかなくっちゃ。 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大寒 その2  袋田の滝 | トップ | 睦月末日 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生き物」カテゴリの最新記事