キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

立秋の台風

2018-08-08 11:56:34 | キャンプ場だより

先の台風12号はおかしなコースを取って、度重なる災害に悩まされている
西日本に又しても大雨をもたらしました。

今回の13号は東に向かっています。 千葉、茨城の太平洋沿岸に大きな被害が出ませんように。

ここ常陸大宮市家和楽は奥久慈の入口、福島に近い山間部です。
多分大した被害はないと思っています。

今日8日の午前中は、それでも、台風らしい風が木々を揺らし、時々小雨が降っていました。
お蔭で猛暑からは逃れられています。

家の周りの風対策をし、庭のブルーベリーを収穫しました。
風で落ちたのか、木の下にはパラパラと黒い実が落ちていました。

  

  

今は、桃の収穫期。 地元産のブドウや梨もそろそろ出回ります。
リンゴもまだ赤くはなっていなくても、すっかり大きくなっていることでしょう。
果樹栽培の農家にとって台風は脅威です。
我が家のちょっぴりのブルーベリーを採りながら、
丹精込めて育てた果実が被害を蒙らないように摘み採っておられる
農家の方々のことを思いました。

テントサイトに銀杏が一粒落ちていました。 
用水脇の栗の木には、大きくなった緑のトゲトゲの実がいっぱい。
クヌギのドングリもまだ小さいながら実っています。
立秋でも、盛夏のような日々が続くものですが、今年はもしかしたら秋が早いのかも。


8月第1週の週末のキャンプサイトです。

  

以前このブログに「竹藪の竹がキャンプ場に侵入!」と書いた記事を見た大学生が
サークルで竹を使った活動をするとのことで当施設の利用を問い合わせて来られました。
  
うちは極小のファミリーキャンプ場ですので、
10人以上のグループの受け入れはお断りしているのですが、
竹の侵入を抑えてくださる「お助けマン」35人です!! 
8月末の3泊4日、もう子供たちは2学期も近いので、例年ファミリーの来場が少ない時期です。
思い切って団体として全テントサイトと休憩所を貸切りとして受け入れさせていただきました。
  
その下見に先週末6人の学生さんが来て、本番の活動作業を一通りこなして帰られました。

  
  
  

左奥のブルーのシートに覆われているのはインディアンのテント、ティピーです。
1個のテントに9本の竹を使っています。 
流しそうめんの竹樋、マグカップ、竹馬、なども作られました。

昔は民家の後ろに竹を植え、筍は食用にし、成長した竹は様々な用途で生活に使っていました。
家の壁にも、垣根にも、物干しにも、籠・笊・箒・熊手・柄杓、箸、傘、などなど。
畑でも、いろんな使い道がありました。 
今は、プラスチックや金属などが竹にとって代わって、竹を使うことがなくなって来ています。
結果、里山は竹公害に悩まされているのです。

学生さんたちの活動が広く竹を見直すことに繋がりますように願っています。

  
  

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« オオムラサキ と メジロの巣 | トップ | 2018 お盆のキャンプ場 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねこね)
2018-08-12 04:18:05
竹を中心とする活動をする学生グループ、なんと頼もしい若い人たちでしょう。こちらには竹はありませんが、竹の素晴らしさを思い出しています。それこそ清潔感あふれる「再生可能資源」ですね。どんどん使うべし、どんどん食するべし!
竹のお菜箸、割りばし、どちらも大好きです。最後には燃料にできますね。種類は少しちがうかもしれませんが、笹の葉も優れた食品包装材ですね。
大きな団体の受け入れは大変かもしれませんが、学生さんも受け入れ側も、どちらもがんばれ!応援しています。  ちまきを食べたいねこね
ブルーベリーおいしそうですね (Yuko)
2018-08-15 16:52:16
こんにちは
ブルーベリーこんなに取れるのですね!
今年は酸味が少なくてとても甘くおいしいものを
いつもの農園の型からいただきました。

今 浜なしと浜ぶどうは旬を迎えてあちこちのぼりがたっています。
ふつーの民家なので時間のバラバラ。
連絡先もわからずなのでいつも手さぐりでおいしい旬をいただいています。

竹って増えるのが早いですね。輪が広がりますように。
竹を使って自由研究 (キャンプ屋です)
2018-08-15 18:46:32
ねこねさん&ゆう子さん、
竹を使う活動をする大学生の記事にコメントをいただき、ありがとう。
このお盆のキャンプのお客さんがやっぱりあのブログ記事を読んで、お孫さんが竹で靴ベラを作りたいとのこと。
竹活用の輪が広がるとうれしいです!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キャンプ場だより」カテゴリの最新記事