キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

カヤネズミ

2021-04-13 18:00:34 | キャンプ場だより

私と主人がこの地に移住してきたのは1998年の5月。
この5月で丸23年!!
過疎化が進んでいた県北の地に来た私は早速
Iターン移住者として、里山ブログを書くように頼まれました。
その時のハンドルネームがカヤネズミ。

ここに移ってすぐの頃、草刈りをしておられたお隣の方が
まん丸の野球ボールのような草の塊を見せに来て下さいました。
中に小指よりも小さな赤ちゃんが 5,6匹入っていました。
カヤネズミの巣だったのです!
それが私のカヤネズミとの出会いです。
親ネズミとはまだ出会ったことがないのですが、本やネットで見ました。
体長5~7cm。草の実や昆虫を食べるとか、でも大きな昆虫に逆に食べられそう。

バードカービング教室に来る方で北君田(高萩市)に住んでいる方から
空になった巣とその写真をいただきました。

  

  
    (左上がカヤネズミの巣。下はウグイスの巣。)

私が作った木彫りのカヤネズミです。

  

ちなみに、私は鳥の巣も大好きです。
キャンプ場の受付の棚にウグイス、メジロ、ヒヨドリ、ホオジロの巣を
カヤネズミの巣と共に飾っています。

  

 

 

コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« キャンプ場のバードカービン... | トップ | 田んぼに水が入る。 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねこね)
2021-04-16 23:17:35
ちょっと太めのカヤちゃん、こんにちわ!!
カヤの茎につかまったあんよが、特にかわいい・・・四角い木のブロックから、ここまで切り出していくの、考えただけでむずかしそう。
周りのカヤもカービングですか?葉っぱは針金と紙かしら。
ついでにハシビロコウも見たいです!   ねこね
PS 以前に住んでいた家の庭の木に、毎年カササギが巣を作るのだけど、不器用な両親らしくいつも底に穴の開いた巣で、毎年ヒナが孵るにはいたらなかったことを思い出しました。そんな不器用なカササギはめずらしいのでしょう、今の家の周りでは毎年たくさんのカササギのヒナを見かけます

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キャンプ場だより」カテゴリの最新記事