キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

冬木立のキャンプ場 

2015-12-15 19:49:42 | キャンプ場だより

もう今日は12月の中日 !!
何と1ヶ月もの間ブログ更新を怠ってしまっていました。

キャンプ場の木々はすっかり葉を落としきって冬木立です。 
クヌギは茶色に枯れちじんだ葉をまだ頑張って付けていますが。

                

今月のはじめまで、庭は深々とした落ち葉の絨毯が敷き詰められていました。
紋太と一緒に庭に出るたびに、熊手で落ち葉を寄せ、大袋に詰めていましたが、そのうちただ掻き寄せて落ち葉の小山をあちこちに作っておくことにしました。

   
                                            

   
                                            
  

毎年、12月第2週の初めごろに常陸太田の福祉作業所の皆さんがうちの落ち葉をさらえに来てくださいます。 その作業所は園芸と木工を仕事としておられます。 落ち葉で堆肥を作り、土を作り、種をまき、苗を作られるのです。 園芸店で買うパンジーや葉ボタンよりここの皆さんが作られる苗の方が強くて長持ちするように私には思えるのですが、それはうちの落ち葉の堆肥で育った苗だと思うからかしら!? それとも苗が作業所の皆さんの元気をもらうからかもしれません。 

     
   

    作業所で作られ販売されている寄せ植えです。 

      

 紋太はちょっぴりがっかりしているかもしれませんが、落ち葉が取り除かれすっきりした
 テントサイトとバンガローの前庭。 冬木立のキャンプ場です。 
   
 
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 金色に輝くイチョウ | トップ | 渡辺先生 の バードカービン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キャンプ場だより」カテゴリの最新記事