キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

7月22日 大暑

2021-07-23 18:14:11 | キャンプ場だより

こちらの梅雨明けはいつだったか?
その次の日から連日猛暑の日々が続き、今日に至っています。
ゲリラ豪雨は嫌だけど、ちょこっとお湿りがあってもいいのに。

お隣の梅が当たり年でした。
完熟梅2kgに塩を入れてジップロックに詰めたものをいただいていました。
お隣ではもう干しているとのこと。
私もうちにある竹ざるに並べて風通しがよく、お日様がしっかり当たるところに
出しました。時々、場所を変え、梅を上下ひっくり返すこと丸2日。
2日でいい具合に干しあがりました。

食べてみると酸っぱい! ちょうど遊びに来ていた友人もキャンプに来ていた人も
美味しい!と平気で食べていました。
梅干しは身体にいいから毎朝一粒食べるの? 良薬は口に苦し、酸っぱし。

そこに、お隣が去年漬けた梅干しを下さいました。
こっちはマイルドでとっても美味しかった!!
この出来たての梅干しも時間が経てば、きっとマイルドになるはず。
楽しみにしています。

  

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« シラガタロウ って 誰?  | トップ | モクモク雲の猛暑の日々 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねこね)
2021-07-24 20:54:29
暑中お見舞い申し上げます。日本は暑くなったことでしょう、おまけにオリンピックとやらで、ますます暑苦しくなっているのかしら。それとも、そちらでは、オリンピックなど「どこ吹く風」かしら。
こちらも夏真っ盛り、熱帯夜が心配されていますが、熱帯夜と言ったって、最低気温が20度を下回らないという条件なので、こちらにとっては「熱帯夜」ではなく「温帯夜」程度にしか感じません。来週早々、気温が下がるという予報もあるし。涼しいのは気持ちいいけど、栽培中の野菜にとってはよくないだろうと気にかかっています(すっかり、生産者気分)。
梅干しって、塩漬けにして干して完成なの?赤紫蘇の葉といっしょにするんじゃなかったっけ・・・それに表面は乾いていないのは、干してから何かするのではないの?去年の春、国境封鎖になる直前に戻ってきたときに日本で買ってきた梅干し(冷蔵庫の中で忘れられていた)を見ながら、考えています。  ねこね
Unknown (キャンプ屋です)
2021-07-30 12:37:38
感染が収まりを見せません。
宣言、まん延地域のまじめな人々は夏休みの旅行などを控え、じっと我慢の夏を送らなければならないのでしょうか? 
こちらはここ数日激しい局所的豪雨と雷に見舞われています。スマホや防災無線で大雨、土砂災害などの警報が次から次に入ってきます。どこの国でもこうなの? 何でもないとご心配ありがとうと思えばいいのに、もう、、、と思ってしまいます。
梅干し。こちらの方では赤紫蘇を入れない人が多いみたい。完熟の杏色の梅干しをよく出されます。
梅干し婆さん状でなくふっくらしてますよ。
私は何かに使って残っていた紫蘇の切り刻んだのを入れました。冷蔵庫の整理を兼ねて。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キャンプ場だより」カテゴリの最新記事