キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

春きのこ 

2017-04-02 22:25:36 | 自然

今年もキャンプ場の大銀杏の木の下に  アミガサダケ が出ました♪♪



欧米では春告げキノコとして親しまれている高級食用キノコ、モリーユ です。

きのこ図鑑には食用と記されているものの、生食は中毒とも書いています。

去年はとっても沢山出たので、県の植物園にある 「きのこ博士館」 に行って
一応鑑定してもらおうと思いました。 
以前、オニフスベとタマゴタケを採ったときに行ったことがあったのです。
あれは秋でした。

去年、アミガサダケ を持って行ったら、なんとキノコのハイシーズン以外は
“博士”は常勤でなく、
見てもらえませんでした。
で、また後日訪ねるつもりで、ゆでて冷凍保存をしておいたのですが、
すっかり食べる気をなくして、冷凍庫に眠らせたままでいました。

あれから、1年。 新鮮な  モリーユ  を前にして、ちょっと考えたものの、
生食しなけりゃいいんだ。 今年こそはクリーム煮にしよう!! 



無駄に採ったことになった去年のキノコは、後ろめたさを感じつつ、捨てました。

去年はお天気が安定していたのか、一挙にぽこぽこ出たのですが、
今年は暖かい日が2日続いたあと、急に冷え込んだので、今一、出が悪いように思えます。
きっと暖かい日にまた出るに違いありません。
とりあえず採取したのを洗って、乾燥させておくことにしました。


輸入モリーユの乾燥品があるのですもの。 
それに干し椎茸のように、キノコは干すことによって
うまみが増すはず。 
楽しみです ♪♪


春告げ 花々 その2 

   
レンギョウ

  
タチツボスミレ

  
ツクシ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 野の花、 木の花、 畑の花 | トップ | イースターエッグ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自然」カテゴリの最新記事