キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

霜月 

2021-11-28 22:17:37 | キャンプ場だより

今日は11月28日。
キャンプ場の木々はもうすっかり葉を落としてしまいました。

 

  イチョウ

  エノキ

 
 
昨日、今日は、昼間は晩秋、朝晩は初冬って感じです。
27日にキャンプしていたお客さんが、朝、凍っていたとおっしゃっていました。
寝坊の私は見ていませんが、お隣の方も霜で真っ白だったと。
11月は霜月ですものね。

この地の天気予報では明日は 16℃/-4℃ とのこと。
今晩1泊のご夫婦がいらっしゃいます。大丈夫かな~。
電気毛布を持って来ているとのことだけど。
昨日のお子様3人のファミリーキャンプの方は帰りがけに来月又来るとのこと。
こちらは電気マットレスを持ってきたので、寒くなかったそうです。

私も若かりし頃、暮れの29日にキャンプしたことがあります。
やっぱり、テントの中で結露がツララになっていましたが、寝ていて寒いと思わなかったです。
今は、夜空の星を見るのも窓から。とても外に出る気になれません。

     ******************

先日、118号線沿いで大根がずらりと並んでいるのを見ました。
以前は家和楽の人も、軒先に大根を干していましたが、
今は高齢化が進んでそういう風景を見ることもなくなりました。
懐かしい風景だと思って、車をスーパーに止めて、少し歩いて写真を撮ってきました。

 

 手前に写っているには、食用菊じゃないかな?
 さっと茹でて甘酢でいただくのが大好きです!
 ”もってのほか”という名のピンクの花の食用菊もありますが、
 黄色の方が香りが強く菊らしく思えます。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 落ち葉 と 焼き芋 | トップ | もう12月なのに ヒマワリ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キャンプ場だより」カテゴリの最新記事