キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

ウグイスの卵は何色でしょう?

2020-05-31 18:17:33 | 野鳥

もう明日から6月。

コロナの緊急事態宣言も解除されたものの、
感染不安はなくなったわけではありません。
ステイホームが限界になって来て、そろそろアウトドアを
と思う人が出てきていますが、
梅雨に入れば、野外を楽しむこともイマイチです。
今しばらく我慢ということになるのでしょうか。

今年は知らない間に春が過ぎ、夏になろうとしています。
植物たちも、鳥たちも、すっかり”夏物”です。

アオバズクが鳴いています。
サンコウチョウも渡ってきました。
ウグイス、ホウジロ、ガビチョウ、キジバト、、、。
野鳥の声が豊かです。

お隣のアジサイの木にウグイスの巣がかかっていました。
1mぐらいの高さで枝と葉の中にありました。
中に卵が5つ。

 

ウグイスの卵は何色か知っていますか?
ウグイス色? いいえ。
何と、エンジ色。



空の巣は以前庭で見つけたことがありましたが、
営巣中の巣は初めてです。

まだここではホトトギスの鳴き声を確認していません。
ウグイスが産卵するとホトトギスがやってきて托卵します。
でも、この巣にやって来るのは難しいんじゃないかしら。
声を聴いたら、チェックしてきます。
赤い小さな卵が下に放り出されていないか、
大きな卵(何色?!)が入っていないか、見てみます。

PS:   ホトトギスの卵のことが気になったので、調べてみたら
  ウグイスと同じ色だとわかりました。一回り大きいようです。
  ウグイスの卵を放り出すのは、ホトトギスの成鳥じゃなくて
  雛でした。まだ目も開いてない雛が巣の中で足に当たるものを
  次々蹴り出すんですって! 

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 蜂 と 蟻 | トップ | ウグイスの卵 その後 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

野鳥」カテゴリの最新記事