キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

芽吹き・・・新緑へ

2021-04-09 16:16:23 | キャンプ場だより

桜が終わり、桃、杏、海棠、その下には山吹、雪柳が咲いていますが、それももうすぐ終わりで、辺りはひたすら緑に向かっています。
山並みの雑木の新芽は色とりどりで、日に日にもこもこ膨れ上がってきます。 
まさに山笑う。




うちの自慢のエノキの大木は細かい地味な花盛りで、その花が地面を覆い始めました。 
すぐに芽吹き時のパステル調は終わり、新緑は深緑となることでしょう。

昨今、世の中は目まぐるしく変化して、私なんかついてゆけない!と思いますが、自然もこんなに目まぐるしく日々変化して行くのは昔からだったかしら?
要は私がスローになっているってこと? 加齢?



草も大急ぎで伸びてきています。連休前に草刈りを頼みます。
来てくださる方が先日下見に来て、タラの芽を持って来て下さいました。
ワラビ、ぜんまい、etc. 春の山菜摘みは地元の人々の春の喜びです。
ここは熊はでないけど、山菜採りには気を付けて! 
年も忘れて夢中になって、事故ることないよう祈っています。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 桜・菜の花・春霞 | トップ | キャンプ場のバードカービン... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キャンプ場だより」カテゴリの最新記事