キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

2017 クリスマス の 贈り物

2017-12-23 23:29:01 | 生き物

今年の冬はいつもより寒いと思うのは私の齢のせい!?
晴れた昼間は風さえなければ、ポカポカ暖かいけど、3時を過ぎると 「寒ムム~~!」
そんな日の翌朝は0℃を下回り、バンガローの屋根は霜で真っ白。
落葉もお砂糖でフロストしたようです。

今日は年賀状作成で昼が過ぎても、家の中にこもっていました。
そこに、ピンポ~ン。
常陸大宮市史編さん専門部会員 自然部会 専門調査員を名乗る人でした。

うちのエノキの巨木に目を止めて、来られたのです。

  

木の根元の落葉の中に、オオムラサキの幼虫がいないか見てもいいかとのこと。

もう久しくオオムラサキを見ていません。 以前、メスが一匹休憩所のところに飛んできたのを見ました。
エノキの下でオスの綺麗な羽をみつけたこともありました。
エノキにはゴマダラチョウもやってきます。
これも最近は少なくなってきています。

調査員の方はトレーに採った落ち葉を1枚1枚丁寧に見ておられました。
一匹見つかりました。
オオムラサキではなく、ゴマダラチョウの幼虫でした。
幼虫はまだ葉が緑の間は樹上で葉っぱを食べ、枯葉になると木を降りて来て
根元の落葉の中で越冬するのです。

  

奥のエノキの木の根元でもう2匹見つかりました。 やっぱりゴマダラチョウの幼虫でした。

  

寒いからって外に出ることもあまりしなくなっているこの頃でしたが、
今日の訪問者のおかげで、オオムラサキの越冬幼虫を探すという楽しみを得ました。
2017年のクリスマスの素敵な贈り物でした。

好奇心旺盛なジョウビタキが、「落ち葉がえし」をしている私を見て、「何だ何だ?」
とやってきて、幼虫を見つけ食べてしまわないように、神様小さい命をお守りください。






ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 12月に入ったキャンプ場 | トップ | 2017 クリスマスの贈り物... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
幼虫頑張ってるー (チェロ順子)
2018-01-07 09:48:38
寒いなか幼虫は年を越すのですね🎵凄い❗
コメント (キャンプ屋です)
2018-01-07 11:53:14
新年早々コメントいただきうれしいです。早く更新しなくっちゃ!と焦りつつ、だらだらしていたところです。

もう小寒を過ぎ、寒の入りですね。 今年はことのほか寒く、そばの水路は毎日凍っています。 でも、昼間はお日様が暖かく、もうすぐ春が来る気がします。(そんな甘いものじゃないとは思いつつ。)

春になったら、会いたいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生き物」カテゴリの最新記事