キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

迷子犬 その後

2013-10-06 21:08:22 | キャンプ場だより

前回の迷子犬の記事をアップした翌朝ご近所の方が預かりたいと申し出て来てくださいました。
その直後にも里親申し出の電話がありました。 
放って置けばよかったのか?私は要らないことをしたのか?・・・わかりません。
今、ワン子はご近所のお宅の玄関の前で姿勢よく静かに座っています。
おうちの皆さんと一緒に落ち着いて散歩している様子はもうすっかり家族の一員です。
人にも動物にも先のことはわかりません。 
今を幸せに暮らしているのが大切なことなのだと思います。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 迷い犬   里親になってく... | トップ | あおむし 家出 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キャンプ場だより」カテゴリの最新記事