キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

イノシシ ・ 梅 ・ うぐいす 

2018-02-28 23:25:21 | 里山暮らし

2月最後の日。今朝、ウグイスの声を聴きました。
最近私は、かなり寝坊していますので、今まで気が付かなかっただけかも
しれませんが、私にとっては初認です。
梅が咲くとちゃんとウグイスが来るのが、うれしいです。

ウグイスの声に誘われ、庭に出てみると! エッ!何これ!?
巨大なモグラが運動会をしたかのように、
そこらじゅう土が盛り上がっていました。
どうやらイノシシがミミズを探してあちこち掘り繰り返したようです。

一番奥のサイトの胡桃の落葉はまだ集めたまま放置していましたが、
他はほとんど片付けていました。
落葉の小山は、もちろんのこと、かき回されていましたが、
平らなところもボコボコです。
足跡がたくさんついていて、どこから入って来て、どう歩いたか、
はっきりわかりました。
足跡から見ると、瓜坊よりは大きい子供のようです。

イノシシも 「ウグイスの声だ、春だ、啓蟄だ、
ミミズも動き出しているに違いない。」と、思ったのでしょうか。
啓蟄は3月6日。 ミミズも寒い間は冬籠りしているのかしら?
イノ公は十分な朝食を獲れたのかしら?


     

     写真が撮れなかったので、上の額の写真を載せました。
     ウグイスではなくメジロと梅ですが。

   大叔母の着物の白梅の刺繍の部分を額に入れ、
   額の外の取り付けた梅の枝に
   バードカービングのメジロを2羽とまらせた私の作品です。

   キャンピングガーデン家和楽で第1,3土曜日の午前中
   バードカービング(野鳥彫刻)教室を開いています。

   今年の元旦の茨城新聞に出ていた「茨城の達人」の一人、
   〝常陸大宮の渡邊敏治氏″ が当教室の講師です。

    
 
   

   
   


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 鬼胡桃の芽を守ってるのは誰? | トップ | 蛙 の はなし ・・・・ ヤマ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

里山暮らし」カテゴリの最新記事